*&ruby(おづきこうくうきち){【小月航空基地】}; [#z1de444b]
JMSDF Oduki Air Base.~
~
山口県下関市に所在する、[[防衛省]]([[海上自衛隊]])所管の[[軍用飛行場>飛行場]]。~
小月教育航空群が所在し、[[海上自衛隊]]の全[[航空機搭乗員>エビエーター]]の基礎訓練を任務としている。~
>この他、[[海上保安庁]]及び[[陸上自衛隊]]からの委託により[[固定翼機]][[搭乗員>エビエーター]]の訓練も受け持っており、少数の[[海上保安官]]・[[陸上>陸上自衛隊]][[自衛官]]も所在している。

また、基地の近隣には「小月泊地」が設定されており、海上自衛隊の[[艦船>艦艇]]や[[US-1]]/[[US-2]][[飛行艇]]の停泊・[[離>離陸]][[着水>着陸]]が行われている。~
~
本飛行場のルーツは、[[大東亜戦争]]開戦前の1940年に逓信省(現在の総務省・日本郵政グループの前身)((当時の日本では、民間航空に関する行政事務は([[郵便物の輸送を委託>航空郵便]]していた関係上)郵政官署である逓信省の隷下にあった。))によって作られた「下関飛行場」に始まる。~
完成後まもなく[[陸軍>日本軍]]が接収して「下関陸軍飛行場」となり、[[飛行第4戦隊>戦隊]]((主な使用機種は[[九四式偵察機]]、[[九五式戦闘機]]、[[九七式戦闘機]]、[[九七式司令部偵察機]]、[[二式複座戦闘機「屠龍」>二式複座戦闘機]]。))が駐留して[[夜間戦闘機]]の乗員錬成にあたったほか、戦争末期には本土防空戦にも従事した。~
~
終戦後は日本国内の他の飛行場と同様に[[連合国軍>連合国(第二次世界大戦)]]に接収されたが、1950年に接収解除。~
同年、[[警察予備隊]]の訓練所が開設され、以後保安庁→[[防衛庁]]→[[防衛省]]((当初は[[航空自衛隊]]が駐屯していた。))の[[航空基地>飛行場]]となって現在に至っている。~
~
関連:[[防府北基地]] [[北九州空港]]

**空港情報 [#sf338f28]
|種別|軍用|
|[[滑走路]]|899m×46m(12/30)&br;1,201m×61m(17/35)|
|3レターコード|なし|
|4レターコード|RJOZ|
|[[ILS>計器着陸装置]]|n/a|
|設置・管理者|日本国[[防衛省]]([[海上自衛隊]])|
~
**主な部隊 [#r667e978]
-小月教育航空群
-[[小月教育航空群>航空団]]
--小月教育航空隊((海上自衛隊の[[航空学生]]は採用後、まず当隊に配属される。))
--第201教育飛行隊([[T-5]]を配備、[[ホワイトアローズ>ブランエール]]の機体としても使用)
--[[第201教育飛行隊>スコードロン]]([[T-5]]を配備、[[ホワイトアローズ>ブランエール]]の機体としても使用)
--第201整備補給隊
--小月航空基地隊
-[[警務隊>警務科]]
--呉地方警務隊
---小月警務分遣隊~
~

IP:118.14.32.153 TIME:"2022-06-19 (日) 11:07:45" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/102.0.0.0 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS