*&ruby(よんしきじどうしょうじゅう){【四式自動小銃】}; [#x321e72a]
[[旧日本海軍>日本軍]]が1944年に開発した[[自動小銃]]。~
「五式自動小銃」とも呼ばれることがある。~
~
[[アメリカ軍]]が使用していた[[M1小銃(ガランド)>M1ライフル]]をベースに、同銃の欠点であった[[エンブロッククリップ>クリップ]]式装弾を改めて[[ストリッパークリップ>クリップ]]式装弾(([[リー・エンフィールド]]のように5発クリップを2つ用いて10発を装弾できた。))とした上で、連発機構を模倣する形で設計された。~
しかし、[[日本軍]]の標準[[小銃弾]]であった7.7mm×58弾を使用することとしたため、ガス圧不足による動作不良が多発。~
その改修を進めているうちに終戦を迎えたため、実戦使用されることはなかった。~

**スペックデータ [#p581ea09]
|口径|7.7mm|
|全長|1,073mm/1,456mm(着剣時)|
|銃身長|590mm|
|重量|4,097g|
|使用弾薬|7.7mm 九九式実包、.303ブリティッシュ弾、四式実包|
|装弾数|10発(固定式弾倉)|
|装弾数|10発(固定式[[弾倉]])|
|発射速度|10発/分|
|銃口初速|689m/秒|
|[[有効射程]]|1,200m(最大照尺)|
~

IP:61.113.201.119 TIME:"2022-02-11 (金) 07:25:56" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/98.0.4758.82 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS