*&ruby(こうげきへりこぷたー){【攻撃ヘリコプター】}; [#k96d8327]
地上目標への攻撃を主任務とする[[ヘリコプター]]。~
主な攻撃手段は[[ロケット弾]]・[[対戦車ミサイル]]・[[機関砲]]など。~
俗に「空中戦車」「空飛ぶ[[砲兵]]」とも呼ばれる兵器である。~
俗に「空中[[戦車]]」「空飛ぶ[[砲兵]]」とも呼ばれる[[兵器]]である。~

>中でも、対戦車戦闘を想定した機種を特に「対戦車ヘリコプター」と呼ぶ事もある。~
ただし、米ソ[[冷戦]]終結後に機種統合が進んだため、現在そうした機種はほとんど見られない。

黎明期には汎用輸送ヘリコプターの機体をそのまま流用していたため(詳細は後述)、任務の性質上、非常に生存性が低かった。~
近年では[[バイタルパート]]に[[装甲]]が施され、[[チャフ]]・[[フレア]]などの防御装置も搭載されている。~
また、機体構造も工夫され、低空からの[[墜落]]程度では乗員に被害が及ばないようになっている。~
しかし、やはり直接交戦で反撃を受ければ[[戦車]]ほどの生存性は期待できない。~
~
[[地形追随飛行]]で身を潜めて移動し、交戦時は[[ヒットアンドアウェイ]]に徹するのが基本的な運用法である。~
対空装備を持った[[歩兵]]の[[アンブッシュ]]に対して極めて脆弱であり、地上部隊との連携を常に必要とする。~
また、ヘリコプターの特性上、悪天候にも弱い。~
[[アビオニクス]]の向上による改善は見られるが、現在でも全天候対応には程遠い。~
~
しかし、[[航空優勢]]を確保した状況下での[[近接航空支援]]には最も適した兵器である。~
射手が目視確認した上で地上を[[狙撃]]する事すら可能であり、乱戦状況でも[[誤射]]を避けやすい。

>[[ベトナム戦争]]での[[戦訓>バトルプルーフ]]によれば、攻撃ヘリコプターは[[固定翼機]]の1/3〜1/4の近距離から地上を攻撃できるという。~

関連:[[戦闘ヘリコプター]] [[ガンシップ]] [[観測ヘリコプター]]

**開発の経緯 [#hc302bad]
「攻撃ヘリコプター」という兵器の端緒は、1950年代のアメリカに始まる。~
~
当時、[[軍隊]]における[[ヘリコプター]]は[[軍馬]]や[[軽戦車]]・[[豆戦車]]の後継として用いられていた。~
高い[[機動力]]の反面、構造は脆弱で、正面戦闘能力には全く期待が持てなかった。~
そのため、「[[砲兵]]の弾着観測」「指揮伝令」「[[後送]]」「[[捜索救難]]」などに投入されていた。~
~
そんな折、[[朝鮮戦争]]で[[アメリカ海兵隊]]が戦線後方への[[ヘリボーン]]を強行し、成果を挙げた。~
これに刺激された[[陸軍>アメリカ陸軍]]は、[[ヘリコプター]]に武装を搭載し、「空飛ぶ[[砲兵]]」として運用する計画を立案した。~
しかし、当時の技術力では困難な性能要求と、[[空軍>アメリカ空軍]]との[[軍政]]上の軋轢((同様の軋轢は自前の[[固定翼>固定翼機]][[攻撃機]]を持っている[[海兵隊>アメリカ海兵隊]]にもあったという。))もあり、計画は既存の輸送ヘリコプターに武装を積んだだけの「[[ガンシップ]]」として実現された。~

>1950年代当時、高出力な[[ターボシャフト]]エンジンを搭載したヘリコプターはまだ実用化されていなかった。~
加えて、[[アメリカ空軍]]は[[陸軍>アメリカ陸軍]]が独自の[[攻撃機]]を保有する事を政治的理由で忌避していた。

その後、1960年代の[[ベトナム戦争]]において、[[ヘリボーン]][[戦術]]が大々的に採用された。~
戦場となったインドシナ半島の道路状況では[[機械化]][[部隊]]の[[展開]]が困難であったため、[[兵站]]・[[浸透]]に空輸が必要となったためである。~
これに伴って輸送ヘリコプターを護衛する必要も生じ、汎用ヘリコプター・[[UH-1]]を急遽[[ガンシップ]]に改修して実戦投入された。~
~
汎用ヘリを転用して造られた[[ガンシップ]]はそれなりの戦果を挙げたが、否定的な[[戦訓>バトルプルーフ]]も数多く集積。~
当時、まだまだ非力な[[エンジン]]に対する過積載に伴う[[運動性]]不足、[[ゲリラ]]の[[小銃]]でも窓越しに[[乗員>エビエーター]]を射殺できる脆弱性など、甚大な[[戦術]]的欠陥が露呈した。~
~
そこで1960年代半ば、[[アメリカ陸軍]]は攻撃ヘリコプターの新規設計に着手。~
紆余曲折を経た((当初はロッキード社の[[AH-56]]が採用されたが、技術的困難から実戦化が断念され、代替機として[[AH-1]]が採用された。))末、ベル社の造った[[AH-1]]が優秀な成果を上げ、各国も軒並み攻撃ヘリコプターの開発に着手していった。

**主な種類[#r725fce8]
***攻撃ヘリコプター [#cf70069c]
-アメリカ
--[[ベル>ベル・エアクラフト]] [[AH-1「コブラ」>AH-1]]
--ベル 309「キングコブラ」(開発中止)
--ベル YAH-63(モデル409)(開発中止)
--ベル [[AH-1W「スーパーコブラ」>AH-1]]
--ベル [[AH-1Z「ヴァイパー」>AH-1]]
--[[ロッキード]] [[AH-56「シャイアン」>AH-56]](開発中止)
--ヒューズ→[[マクダネル・ダグラス]](現[[ボーイング]])[[AH-64「アパッチ」>AH-64]]
--マクダネル・ダグラス(現ボーイング) [[AH-64D「アパッチ・ロングボウ」>AH-64]]
--ボーイング [[RAH-66「コマンチ」>RAH-66]](開発中止)
--[[シコルスキー>シコルスキー・エアクラフト]][[S-67]][[「ブラックホーク」>ブラックホーク]](開発中止)~
~
-イギリス
--[[アグスタウェストランド]] [[WAH-64「アパッチ」>AH-64]]~
~
-イタリア
--[[アグスタ>アグスタウェストランド]][[A129「マングスタ」>A129]]~
~
-イラン
--IAIO((Iran Aviation Industries Organization.)) [[Toufan/>AH-1]]~
~
-インド
--HAL 軽戦闘ヘリコプター(Light Combat Helicopter,LCH)~
~
-韓国
--KAI 軽攻撃ヘリコプター(Light Attack Helicopter,LAH)~
~
-ソ連/ロシア
--[[ミル>ミル(ヘリコプター設計局)]] [[Mi-24/M-25/Mi-35>Mi-24]]([[NATOコード]]:ハインド)
--ミル [[Mi-28]](NATOコード:ハボック)
--[[カモフ]] [[Ka-50「チョールナヤ・アクーラ」>Ka-50]](NATOコード:ホーカム)
--カモフ [[Ka-50-2「エルドガン」>Ka-50]]
--カモフ [[Ka-52「アリガートル」>Ka-50]]
--カモフ Ka-54~
~
-中国
--昌河飛機工業公司(CHAIC)武直10(WZ-10)「霹靂火」
--哈爾浜飛機製造公司(HAIG)武直19(WZ-19)「黒旋風」~
~
-ドイツ/フランス
--[[ユーロコプター]](現[[エアバス・ヘリコプターズ]])・[[タイガー>ティーガー(攻撃ヘリコプター)]]
~
-トルコ
--TAI T129 ATAK~
~
-南アフリカ
--アトラス XH-1「アルファ」(研究機)
--[[デネル>デネル・エアロスペース・システムズ]] [[AH-2「ローイファルク」>AH-2]]~
~
-ルーマニア
--IAR 317「エアーフォックス」(開発中止)

***[[武装ヘリコプター>ガンシップ]] [#w294ed21]
-アメリカ
--ベル [[UH-1N「ツインヒューイ」>UH-1]]
--ベル [[UH-1Y「ヴェノム」>UH-1]]
--[[ベル206]](スリランカ空軍で使用)
--[[ベル206]](スリランカ[[空軍]]で使用)
--[[ベル212>UH-1]](ウガンダ軍がロケットランチャーを装備して使用)
--[[ベル407>ベル206]](再編後のイラク陸軍で使用)
--[[ベル407>ベル206]](再編後のイラク[[陸軍]]で使用)
--シコルスキー [[MH-60L DAP>UH-60]]
--シコルスキー [[S-76]](フィリピン空軍で使用)
--シコルスキー [[S-76]](フィリピン[[空軍]]で使用)
--ヒューズ [[MH-6「リトルバード」>OH-6]]~
~
-ロシア
--ウラン・ウデ [[Mi-8AMTSh「テルミナートル」>Mi-8]]
--カモフ [[Ka-29TB>Ka-27]](海軍航空隊が[[海軍歩兵>海兵隊]]および[[スペツナズ]]用[[強襲ヘリコプター]]として使用)~
--カモフ [[Ka-29TB>Ka-27]]([[海軍航空隊>海軍]]が[[海軍歩兵>海兵隊]]および[[スペツナズ]]用[[強襲ヘリコプター]]として使用)~
~
-ポーランド
--ミル Mi-2「ホプライト」(設計はロシア)
--PZL-シフィドニク W-3W/WA「ソクウ」/W-3WB「フザル」~
~
-西ドイツ
--MBB [[PAH-1>Bo105]]~
~
-西ドイツ/日本
--MBB/[[川崎>川崎重工業]] [[BK117]](旧西ドイツ側での計画のみ((ただし現在も改良型のEC145をベースにした武装型の開発自体は続けられている。)))~
~
-フランス
--アエロスパシアル [[SA341/342「ガゼル」>ガゼル]]
--アエロスパシアル [[AS550「フェニック」>フェニック]](デンマーク陸軍で使用)
--アエロスパシアル [[AS550「フェニック」>フェニック]](デンマーク[[陸軍]]で使用)
--アエロスパシアル [[SA330>ピューマ]](レバノンなどで小翼を追加装備した武装型が運用されている)~
~
-フランス/ドイツ
--ユーロコプター [[EC635>EC135]](再編後のイラク陸軍で使用)
--ユーロコプター [[EC635>EC135]](再編後のイラク[[陸軍]]で使用)
~
-イギリス
--ウエストランド [[リンクス]]~
~
-中国
--哈爾浜 [[武直9(Z-9)>直昇9]]~
~
-ルーマニア
--[[IAR330L SOCAT>ピューマ]]~
~
-インド
--HAL ルドラ~
~

IP:118.8.23.67 TIME:"2023-03-05 (日) 09:39:13" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/110.0.0.0 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS