*&ruby(きかんじゅう){【機関銃】}; [#yb7e9cd0]

Machine Gun.

Machine Gun.~
~
銃弾を持続して連射することを前提に作られた銃。「[[機銃]]」とも。~
[[北大西洋条約機構]]の規格では[[口径]]20mm未満のものを機関銃、それ以上巨大なものは[[機関砲]](Auto Cannon)と分類する((詳細な分類基準は国ごとに異なる。))。

[[北大西洋条約機構]]の規格では[[口径]]20mm未満のものを機関銃、それ以上巨大なものは[[機関砲]](Auto Cannon)と分類する((詳細な分類基準は国ごとに異なる。))。~
~
性能要件として、数百発単位での断続的な射撃に耐える給弾機構と[[砲身命数]]が要求される。~
このため、それらの条件を満たせない[[自動小銃]]・[[短機関銃]]などは定義上の機関銃には含まれない。

>[[砲身命数]]については「[[砲身命数]]の尽きた銃身を戦闘中に交換修理して射撃を再開できる事」をもって達成とみなす事も多い。

実戦デビューは1904年の[[日露戦争]]。~
その後、[[第一次世界大戦]]で大規模に使用され、それまでの軍事[[ドクトリン]]を根底から覆す戦果を挙げた。

>当時の戦争では、[[歩兵]]が大人数で密集した[[横隊>隊形]]を組んで一斉射撃を行う「戦列歩兵」戦術が行われていた。~
この戦列歩兵は[[ライフル]]や[[野戦砲]]の進歩によって危険になっていたが、[[投射弾量]]に優れていたため完全に廃れてはいなかった。~
しかし、単独で歩兵の戦列をなぎ倒せるだけの[[投射弾量]]を誇る機関銃の登場により、戦列歩兵の利点は完全に喪われた。

その後様々に多様化されていったが、おおむね軽・中・重の三段階に分類して考えるのが一般的である。~
[[軽機関銃]]([[分隊支援火器]])は兵士が一人で持ち運んで使用する事を念頭に置いて作られる。~
[[重機関銃]]は[[歩兵]]が戦闘中に持ち運ぶ事が不可能で、陣地に据え付けたり車輌・[[航空機]]に搭載して用いる。~
中機関銃(汎用機関銃)は両者の中間で、軽機関銃では威力が足りず、重機関銃より頻繁に持ち運ぶ必要がある局面で用いられる。

中機関銃([[汎用機関銃]])は両者の中間で、軽機関銃では威力が足りず、重機関銃より頻繁に持ち運ぶ必要がある局面で用いられる。~
~
関連:[[ガン]] [[同調装置]] [[バースト]]

#ref(so20b.jpg)~
Photo: JGSDF
Photo: [[JGSDF>陸上自衛隊]]

IP:114.161.18.168 TIME:"2017-11-28 (火) 12:28:45" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/62.0.3202.94 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS