*&ruby(ヴぁーじにあ){【ヴァージニア】}; [#x0db1450]
英語の女性名、あるいはアメリカ合衆国南部、大西洋岸に位置する州「ヴァージニア州」(原義)。~
アメリカの[[艦艇]]の名前として幾度か用いられている。

**装甲艦(アメリカ連合国海軍) [#w9cf40b7]
19世紀のアメリカ南北戦争の際、南軍(アメリカ連合国)が使用した装甲艦。~
元はノーフォークで自沈した北軍の[[フリゲート]]「メリマック」を、ノーフォークを制圧した南軍が[[鹵獲]]して改装したものである。~
~
北軍の装甲艦「モニター」と史上初の「装甲艦同士の交戦」をするなどの活躍を見せたが、ノーフォークの陥落に伴って自沈処分された。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|起工|1862.(メリマックからの改装)|
|進水|1862.3.8|
|就役|1862.|
|その後|1862.5.11 自沈|
|[[排水量]]|約3,200t(資料によって異なる)|
|全長|84m|
|全幅|11.8m|
|吃水|6.7m|
|機関|[[蒸気機関]]×2基&br;ボイラー×4基&br;1軸推進|
|最大速力|9ノット|
|乗員|士官、兵員320名|
|兵装|7インチ(178mm)ブルック砲(前装式[[ライフル砲>施条砲]])×2門&br;6インチ(152mm)ブルック砲(前装式ライフル砲)×2門&br;9インチ(229mm)ダールグレン砲([[滑腔砲]])×6門&br;12ポンド[[曲射>曲射砲]][[榴弾砲]]×2門|
~
**前ド級戦艦(BB-13) [#b8102093]
USS Virginia(BB-13).~
~
20世紀初頭に就役した[[前ド級]][[戦艦]]。同型艦に「ネブラスカ」「ジョージア」「ニュー・ジャージー」「ロード・アイランド」の4隻があった。~
アメリカ史上初の「外洋航行可能な戦艦」として計画・建造された。~
~
1907〜1909年まで「グレート・ホワイト・フリート」の一艦として世界一周航海をするなど活躍したが、[[第一次世界大戦]]後には旧式化して[[予備役]]に編入され、[[ワシントン海軍軍縮条約]]で廃棄が決定。~
1923年、[[陸軍航空隊>USAAF]]の爆撃演習の実艦標的として撃沈された。
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|主造船所|ニューポート・ニューズ(BB-13)&br;モラン・ブラザース社(BB-14)&br;バス鉄工所(BB-15)&br;フォアリバー造船所(BB-16・BB-17)|
|[[基準排水量]]|14,980t|
|全長|134.49m|
|全幅|23.24m|
|吃水|7m|
|機関|垂直型3倍膨張往復動機関×2基&br;バブコック&ウィルコックス式ボイラー×12基&br;1軸推進|
|機関出力|19,000shp(14,000kW)|
|最大速力|19ノット|
|乗員|士官、兵員812名|
|兵装|12インチ(30.5cm)砲×4門&br;8インチ(20.3cm)砲×8門&br;6インチ(15.2cm)砲×12門&br;1ポンド(37mm)砲×24門&br;30口径7.62mm機銃×4基&br;21インチ(53.3cm)[[魚雷]]発射管×4門|
|[[装甲]]|ベルト:6–11in(152–279mm)&br;バーベット:10in(254mm)&br;[[砲塔]]:12in(305mm)&br;艦橋:9in (229mm)|
~
|>|>|>|>|>|>|CENTER:''同型艦''|
|艦番号|艦名|起工|進水|就役|退役|その後|
|BB-13|ヴァージニア&br;(USS Virginia)|1902.5.21|1904.4.6|1906.5.7|1920.8.13|1923.9.5&br;爆撃目標&br;として&br;海没処分|
|BB-14|ネブラスカ&br;(USS Nebraska)|1902.7.4|1904.10.7|1907.7.1|1920.7.2|スクラップ&br;として売却|
|BB-15|ジョージア&br;(USS Georgia)|1901.8.31|1904.10.11|1906.9.24|1920.7.15|~|
|BB-16|ニュージャージー&br;(USS New Jersey)|1902.4.2|1904.11.10|1906.5.11|1920.8.6|1923.9.5&br;爆撃目標&br;として&br;海没処分|
|BB-17|ロードアイランド&br;(USS Rhode Island)|1902.5.1|1904.5.17|1906.2.19|1920.6.30|スクラップ&br;として売却|
~
**原子力ミサイル巡洋艦(DLGN/CGN-38) [#v01b1dcd]
USS Virginia(DLGN→CGN-38).
~
1970年代に就役した[[原子力ミサイル巡洋艦>巡洋艦]]。~
同型艦に「テキサス」「ミシシッピ」「アーカンソー」の3隻があった。~
建造当初は[[フリゲート]]に分類されていたが、1975年に[[巡洋艦]]に変更されて就役した。~
~
[[冷戦]]末期のアメリカ水上艦隊の主軸として活躍し、1991年の[[湾岸戦争]]にも参戦したが、1994年にビル・クリントン大統領(当時)の打ち出した予算削減により除籍。~
その後、1999年に「[[原子力艦再利用プログラム]]」により解体された。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|主造船所|ニューポート・ニューズ造船所|
|[[排水量]]&br;([[基準>基準排水量]]/[[満載>満載排水量]])|9,620t/11,670t|
|全長|178.3m|
|全幅|19.2m|
|吃水|9.2m|
|機関|[[GE>ジェネラルエレクトリック]] D2G型[[原子炉]]×2基&br;[[蒸気タービン]](出力60,000shp)×2基&br;スクリュープロペラ×2軸|
|最大速力|30[[ノット]]強|
|[[航続距離]]|無限|
|乗員|560〜620名|
|搭載機|[[SH-2]] [[LAMPSヘリコプター>対潜ヘリコプター]]×1機&br;※後にMk.143 ABLの搭載に伴い撤去|
|兵装|Mk.45 5インチ単装砲×2基&br;[[Mk.15 20mmCIWS>ファランクス]]×2基&br;Mk.26 GMLS連装ミサイル発射機×2基([[SM-2>RIM-66]][[SAM>艦対空ミサイル]]、[[アスロック>RUR-5]]SUMを発射可能)&br;Mk.141 4連装ミサイル発射筒×2基([[ハープーン]][[SSM>艦対艦ミサイル]]用)&br;Mk.143 ABL 4連装ミサイル発射筒×2基([[トマホーク>BGM-109]][[SLCM>巡航ミサイル]]用)&br;[[Mk.32]] 324mm[[短魚雷>対潜魚雷]]連装発射管×2基|
|[[C4Iシステム>C4I]]|AN/WSC-3衛星通信装置&br;海軍戦術情報システム(NTDS)&br;(戦闘指揮システム(CDS)+[[リンク11/14>データリンク]])&br;Mk.13 武器管制システム(WDS)→Mk.14 WDS(NTU改修後)|
|[[FCS>火器管制装置]]|Mk.74ミサイル[[FCS>火器管制装置]]×2基(SAM用)&br;Mk.86 砲FCS×1基(5インチ砲用)&br;Mk.116 水中FCS×1基|
|[[レーダー]]|AN/SPS-48C→E 3次元式レーダー×1基&br;AN/SPS-40→AN/SPS-49 対空捜索レーダー×1基&br;AN/SPS-55 対水上捜索レーダー×1基&br;[[AN/SPQ-9A>AN/SPQ-9]] 目標捕捉・砲射撃指揮用レーダー×1基(Mk.86 砲FCSのサブシステム)&br;AN/SPG-51D SAM誘導用レーダー×2基(Mk.74ミサイルFCSのサブシステム)&br;AN/SPG-60 砲射撃指揮レーダー×1基(Mk.86 砲FCSのサブシステム)|
|[[ソナー]]|AN/SQS-53A 船首装備式ソナー×1基|
|[[電子戦]]・&br;対抗手段|AN/SLQ-32(V)3 統合電子戦装置&br;AN/SLQ-34電波妨害装置&br;Mk.36 SRBOC[[チャフ]]・[[フレア]]展開装置&br;(Mk.137 6連装[[デコイ]]発射機×4基)&br;AN/SLQ-25「ニクシー」対魚雷デコイ装置|
~
|>|>|>|>|>|CENTER:''同型艦''|
|艦番号|艦名|起工|進水|就役|退役|
|CENTER:DLGN-38&br;↓&br;CGN-38|ヴァージニア&br;(USS Virginia)|1972.8.19|1974.12.14|1976.9.11|1994.11.10|
|CGN-39|テキサス&br;(USS Texas)|1973.8.18|1975.6.30|1977.9.10|1993.7.16|
|CGN-40|ミシシッピ&br;(USS Mississippi)|1975.2.22|1976.7.31|1978.8.5|1997.7.28|
|CGN-41|アーカンソー&br;(USS Arkansas)|1977.1.17|1978.10.21|1980.10.18|1998.7.7|

**原子力攻撃潜水艦(SSN-774) [#h2a4ae8c]
USS Virginia(SSN-774).~
~
2000年代に入ってから、[[アメリカ海軍]]が調達中の[[攻撃型原子力潜水艦>攻撃潜水艦]]。~
~
本艦は、米ソ[[冷戦]]後期の1970年代から調達されていた[[ロサンゼルス級>ロサンゼルス]]の後継として開発されたものである。~
この目的として開発された艦には、1980年代末期に建造された[[シーウルフ級>シーウルフ]]があったが、同艦型は建造コストがあまりにも高価であったため、よりコストを落として数をそろえることを目指した「センチュリオン」計画により開発・建造された。~
~
冷戦終結に伴い、対潜戦闘よりも地域[[紛争]]などに対応すべく、設計段階から陸上攻撃能力や[[SEALs]]輸送能力などが採り入れられている。~
また、沿岸など浅深度での対[[機雷]]・航行能力向上のために特殊な[[ソナー]]を装備し、海底を映像化することで[[機雷]]や障害物を精密に探知できる。~
水中静粛性も[[シーウルフ級>シーウルフ]]以上であるが、その他の性能は[[シーウルフ級>シーウルフ]]より一段落とされている。~
~
なお、本級は船体の多くの部分に[[商用オフザシェルフ]]思想を採用し、コストを削減しているのが特徴的である。~
軍用品に比べ信頼性は落ちるものの、パーツの交換が容易なモジュール構造であるため、互換性は高く、アップグレードを容易にしている。~
また、[[原子炉]]の[[燃料棒>放射性物質]]にも艦と同じ寿命(約33年とされる)のものを採用し、従来は10年に一度程度必要であった燃料棒交換((この際には[[原子炉]]を取り出すために船体の切断・再接続を伴う大規模な工事が必要なのに加え、長期間(年単位で)運用不能になることに備えた代艦を確保しなければならない。))を事実上不要としている。~
~
搭載艇として[[小型潜水艇>特殊潜航艇]]「ASDS((Advanced SEAL Delivery System:改良型SEAL輸送システム。))」が計画されていたが、技術的問題や信頼性、[[コストの問題>金の壁]]で計画中止になっている。~

|>|CENTER:''スペックデータ''|
|主造船所|エレクトリック・ボート((現ジェネラル・ダイナミクス・エレクトリック・ボート。))&br;[[ニューポート・ニューズ造船所>ニューポート・ニューズ]]|
|全長|114.8m|
|全幅|10.4m|
|吃水|9.3m|
|水中排水量|7,800t|
|推進方式|原子力ギアードタービン(出力40,000shp)|
|[[機関>エンジン]]|[[GE>ジェネラルエレクトリック]] S9G型[[加圧水型原子炉]]×1基&br;[[蒸気タービン]]×2基&br;スクリュープロペラ×1軸|
|最大速力&br;(水中)|25kt(公表値)/34kt(推定値)|
|潜行深度|約488m|
|乗員|134名|
|兵装|533mm水圧式魚雷発射管×4門(Mk.48誘導魚雷・[[UGM-84]]・[[機雷]]を搭載)&br;[[BGM-109]][[SLCM>巡航ミサイル]]用[[VLS>垂直発射システム]]×12基|
|搭載人員|[[SEALs]]×40人|
|[[ソナー]]|球型ソナー(艦首ドーム内、中周波アクティブ/パッシブ)&br;チン・ソナー(艦首下部、高周波アクティブ)&br;BQG-5A中周波パッシブソナー(船体両側面各3か所)&br;コンフォーマル音響速度ソナー(4番艦から)&br;TB-16ケーブル曳航式ソナー&br;TB29Aケーブル曳航式ソナー|
~
|>|>|>|>|>|CENTER:''同型艦''|
|>|>|>|>|>|CENTER:''Block.1''|
|CENTER:艦番号|CENTER:艦名|CENTER:起工|CENTER:進水|CENTER:就役|母港|
|SSN-774|ヴァージニア&br;(USS Virginia)|2000.9.2|2003.8.16|2004.10.23|ニューロンドン&br;海軍潜水艦基地&br;(コネチカット州)|
|SSN-775|テキサス&br;(USS Texas)|2003.7.12|2006.4.9|2006.9.9|真珠湾&br;(ハワイ州)|
|SSN-776|ハワイ&br;(USS Hawaii)|2004.8.27|2006.6.17|2007.5.5|~|
|SSN-777|ノースカロライナ&br;(USS North Carolina)|2004.5.22|2007.4.21|2008.5.3|~|
|>|>|>|>|>|CENTER:''Block.2''|
|SSN-778|ニューハンプシャー&br;(USS New Hampshire)|2007.4.30|2008.2.21|2008.10.25|ニューロンドン&br;海軍潜水艦基地|
|SSN-779|ニューメキシコ&br;(USS New Mexico)|2008.4.12|2009.1.18|2010.3.27|~|
|SSN-780|ミズーリ&br;(USS Missouri)|2008.9.27|2009.12.5|2010.7.31|~|
|SSN-781|カルフォルニア&br;(USS California)|2009.5.1|2010.11.14|2011.10.29|~|
|SSN-782|ミシシッピ&br;(USS Mississippi)|2010.6.9|2011.10.13|2012.6.2|真珠湾|
|SSN-783|ミネソタ&br;(USS Minnesota)|2011.5.20|2012.11.3|2013.9.7|ニューロンドン&br;海軍潜水艦基地|
|>|>|>|>|>|CENTER:''Block.3''|
|SSN-784|ノースダコタ&br;(USS North Dakota)|2012.5.11|2013.9.15|2014.10.25|ニューロンドン&br;海軍潜水艦基地|
|SSN-785|ジョン・ウォーナー&br;(USS John Warner)|2013.3.16|2014.9.10|2015.8.1|ノーフォーク&br;海軍基地&br;(バージニア州)|
|SSN-786|イリノイ&br;(USS Illinois)|2014.6.2|2015.10.10|2016.10.29|ニューロンドン&br;海軍潜水艦基地|
|SSN-787|ワシントン&br;(USS Washington)|2014.11.22|2016.3.26|2017.10.7|ノーフォーク&br;海軍基地|
|SSN-788|コロラド&br;(USS Colorado)|2015.3.7|2016.12.29|2018.3.17|ニューロンドン&br;海軍潜水艦基地|
|SSN-789|インディアナ&br;(USS Indiana)|2015.5.16|2017.6.9|||
|SSN-790|サウスダコタ&br;(USS South Dakota)|2016.4.4|2017.10.14|2019.2.2予定||
|SSN-791|デラウェア&br;(USS Delaware)|2016.4.30||||
|SSN-789|インディアナ&br;(USS Indiana)|2015.5.16|2017.6.9|2018.9.29|~|
|SSN-790|サウスダコタ&br;(USS South Dakota)|2016.4.4|2017.10.14|2019.2.2|~|
|SSN-791|デラウェア&br;(USS Delaware)|2016.4.30|2018.12.17|||
|>|>|>|>|>|CENTER:''Block.4(発注中)''|
|SSN-792|ヴァーモント&br;(USS Vermont)|||||
|SSN-793|オレゴン&br;(USS Oregon)|2017.7.8||||
|SSN-794|モンタナ&br;(USS Montana)|2018.5.16||||
|SSN-795|ハイマン・G・リッコーヴァー&br;(USS Hyman G.Rickover)|2018.5.11||||
|SSN-796|ニュージャージー&br;(USS New Jersey)|||||
|SSN-796|ニュージャージー&br;(USS New Jersey)|2019.3.25||||
|SSN-797|[[アイオワ]]&br;(USS Iowa)|||||
|SSN-798|マサチューセッツ&br;(USS Massachusetts)|||||
|SSN-799|アイダホ&br;(USS Idaho)|||||
|SSN-800|アーカンソー&br;(USS Arkansas)|||||
|SSN-801|ユタ&br;(USS Utah)|||||
~

IP:153.151.165.27 TIME:"2019-08-14 (水) 02:13:32" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/76.0.3809.100 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS