*&ruby(ちゃれんじゃーろっぴゃく){【チャレンジャー600】}; [#pe1ed73e]
Bombardier Challenger 600.~
~
カナダの[[ボンバルディア・エアロスペース>ボンバルディア]]社が1970年代に開発・生産した[[ビジネスジェット機>ビジネス機]]。~
[[ウイングレット]]のついた[[後退翼]]と[[T尾翼]]を備え、[[エンジン]]は胴体後部につけられている。~
~
元々、同機はアメリカのリアジェット社が構想していた「LearStar600」案をカナディア社が買い取って開発を進めたものである。~
その後の[[再編>航空業界再編]]で権利がボンバルディアに移り、現在も販売されているのである。~
>なお、ボンバルディアが製造・販売している((現在はさらなる再編により、製造・販売権は日本の[[三菱重工業]]に移っている。))[[リージョナル路線向け旅客機>リージョナルジェット]]「[[CRJ]]」シリーズは本機を基にして設計されている。

**スペックデータ[#vaaecb34]
|>|CENTER:''CL-601-3A''|
|乗員|2名([[機長]]・[[副機長]])|
|乗客|19名(最大)|
|[[ペイロード]]|1,814kg|
|全長|20.85m|
|全高|6.3m|
|全幅|19.61m|
|翼幅|19.61m|
|空虚重量|9,292kg|
|ロード重量|19,618kg|
|最大離陸重量|19,550kg|
|[[エンジン]]|[[GE>ジェネラルエレクトリック]] [[CF34-3A>TF34]][[ターボファン]]×2基([[推力]]40.7kN)|
|速度&br;(最大/巡航)|882km/h / 851km/h|
|[[航続距離]]|6,236km|
|[[上昇限度]]|12,500m|
|[[上昇率]]|1,355m/min|
|[[ペイロード]]|1,814kg|
~
|>|CENTER:''チャレンジャー650''|
|乗員|2名([[機長]]・[[副機長]])|
|乗客数|19名|
|[[ペイロード]]|2,200kg|
|全長|20.9m|
|全高|6.3m|
|翼幅|19.6m|
|翼面積|45.4|
|アスペクト比|8.46|
|空虚重量|12,315kg|
|最大離陸重量|21,863kg|
|[[燃料]]容量|9,072kg|
|[[キャビン]]&br;(高さ×幅)|1.83m×2.41m|
|[[エンジン]]|[[GE>ジェネラルエレクトリック]] [[CF34-3B>TF34]]ターボファン×2基([[推力]]41kN(9,220lbf))|
|速度&br;(最高/[[巡航>巡航速度]])|[[マッハ]]0.85/マッハ0.80|
|[[航続距離]]|7,408km|
|[[上昇限度]]|12,497m|
|[[翼面荷重]]|481.6kg/|
|[[推力重量比]]|0.38|
|[[離陸]]滑走距離|1,720m(SL、ISA、MTOW)|
|[[離陸]]滑走距離|1,720m(SL、[[ISA>国際標準大気]]、MTOW)|
|[[着陸]]滑走距離|732m(SL、ISA、一般的)|
~
**バリエーション [#dfc571bc]
-CL-600:~
初期生産型。~
うち76機はウイングレットが装備され601-1A相当に改修された。~
また、12機がカナダ軍に採用され、CC-144、CE-144、CX-144などと呼称された。~
~
--CC-144:~
カナダ軍で汎用機として採用された際の名称。~
~
--CE-144:~
CC-144の[[電子戦]][[訓練機>練習機]]型。~
~
--CX-144:~
試験機型。~
~
-CL-601A:~
[[ウイングレット]]が装備され、[[エンジン]]が強化された型。~
~
--CL-601A/ER:~
燃料容量を601-3R相当に拡大した型。~
~
--CL-601-3A:~
[[グラスコックピット]]を採用した型。~
~
---CL-601-3A/ER:~
601-3Aの燃料容量を601-3R相当に拡大した型。~
~
--CL-601-3R:~
[[テイルコーン]]に燃料タンクを増設した型。航続距離6,630km。~
~
-CL-604:~
大幅な改良型で[[エンジン]]、[[燃料]]容量、[[主翼]]・[[尾翼]]の構造、電子装置などが改良されている。~
~
--C-143:~
[[アメリカ沿岸警備隊]]で指揮統制機として採用された際の名称。~
~
-CL-605:~
2006年に登場した最新型。~
機体構造を見直しが行われ、尾部形状が丸みを帯びたほか、[[キャビン]]の窓などが拡大されている。~
[[アビオニクス]]も改良された。~
~
--CL-605 MSA(Boeing Maritime Surveillance Aircraft):~
[[ボーイング]]が605ベースに改造した[[洋上監視機>哨戒機]]型。~
監視機材としてターレット式のカメラ、[[磁気探知機>磁気捜索装置]]を搭載するほか、[[P-8]]と同じAN/APY-10[[レーダー]]を機首下部に追加している。~
エンジンなど機体構造は605とほぼ同等である。~
~
-CL-610:~
乗客24名を載せるストレッチ型。1981年に開発中止。~
この構想を元にボンバルディア[[CRJ]]が開発された。~
~

IP:153.151.167.91 TIME:"2019-12-07 (土) 16:40:06" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/78.0.3904.108 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS