*&ruby(ちたにうむ/ちたん/たいたにうむ){【チタニウム/チタン/タイタニウム】}; [#ne1ac6bc]

元素記号Ti、原子番号22、比重4.5の金属元素。~
命名はギリシャ/ローマ神話の「タイタン(ティターン)」に由来する((神話に曰く、ギリシャの奉ずる「オリュンポスの神々」が台頭する以前に世界を支配していたとされる神々。&br;  オリュンポスの神々との戦争に敗れて地底に幽閉されていて、地震が起きるのはティターンが暴れるからだとされる。&br;  古代史の観点では、ギリシャに征伐・吸収された異民族の宗教(への侮蔑表現)に由来すると考えられている。&br;  とてつもなく巨大な体躯で表現され、しばしば「巨体(Giant)」を意味する詩的表現として用いられる。))。
命名はギリシャ/ローマ神話の「タイタン(ティターン)」に由来する。
>神話に曰く、ギリシャの奉ずる「オリュンポスの神々」が台頭する以前に世界を支配していたとされる神々。~
オリュンポスの神々との戦争に敗れて地底に幽閉されていて、地震が起きるのはティターンが暴れるからだとされる。~
古代史の観点では、ギリシャに征伐・吸収された異民族の宗教(への侮蔑表現)に由来すると考えられている。~
とてつもなく巨大な体躯で表現され、しばしば「巨体(Giant)」を意味する詩的表現として用いられる。

古くから白色の顔料として用いられ、1795年には元素として命名されている((記録が散見され、厳密な意味での発見者が誰なのかは判然としない。))。~
融点1668℃に達し、化学的に安定で腐食しにくいため、1946年まで実用的な精錬法が存在しなかった。~
埋蔵量が多く地球上にありふれた物質だが、複雑な精錬過程を必要とするために希少価値を持つ。

融点は1,668℃に達し、化学的に安定で腐食しにくいため、1946年まで実用的な精錬法が存在しなかった。~
埋蔵量が多く地球上にありふれた物質だが、複雑な精錬過程を必要とするために希少価値を持つ。~
~
軽さの割には強靱である事で知られ、軽量化が求められる分野で用いられる。~
また、耐熱性が高く腐食に強いため、別素材の表面にメッキとして施される場合もある。~
純チタン・各種合金に共通して摩耗に弱い傾向にあり、工業材料としては決して万能ではない。~
反面、「新しくて高価な」金属であるため、単に宣伝材料やデザインとして使われる場合もある。

>たとえば、フィクションでは「チタン製の隔壁」「チタニウム[[装甲]]」なるものがしばしば登場する。~
言葉の響きはいかにも頑丈そうだが、工学的にはおおむねナンセンスな発想である。~
チタニウムは比重が軽く、密度が低く、ゆえに衝撃に対する耐久性は現代の鋼鉄に遠く及ばない。~
チタニウムは比重が軽く、密度が低く、ゆえに衝撃に対する耐久性は現代の[[鋼鉄>鉄]]に遠く及ばない。~

IP:153.179.25.196 TIME:"2016-09-11 (日) 10:26:05" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/52.0.2743.116 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS