【YJ-8】(わいじぇいはち)

NATOコード:CSS-N-4 Sardine(YJ-8)/CSS-N-8 Saccade(YJ-82)
輸出名称:C-801/-802/-803/-805

中国海鷹電気技術学院(CHETA)で開発された対艦ミサイル
鷹撃8のほか、輸出名称としてC-801とも呼ばれ、タイに輸出された物は「Eagle Strike」と呼ばれている。
中国海軍の艦艇は一部を除き、改良型・派生型含めてこの対艦ミサイルを装備している。

ミサイルの形状と大きさはフランスのエグゾセ対艦ミサイルとほぼ同じで、3軸慣性制御装置はアメリカのハープーン対艦ミサイルのそれと類似している。
誘導方式は慣性誘導で、終末段階はJバンドレーダーによるアクティブレーダー誘導を使用する。
弾頭は165kgの高性能爆薬(HE)を使用する。

バリエーションには地上・艦艇発射型の他、空中発射型や潜水艦発射型がある。

主な搭載艦艇

近年では、中国海軍のほとんどの艦艇が従来型のYJ-8を最新型のYJ-83に更新している。

スペックデータ

全長5.814m(地上・艦発射型)/4.65m(空中発射型)
6.392m(地上・艦発射型)/5.30m(空中発射型)(YJ-82)
直径36cm
翼幅1.18m
発射重量815kg(地上・艦発射型)/655kg(空中発射型)
715kg(地上・艦発射型)/555kg(空中発射型)(YJ-82)
射程42km(地上・艦発射型)/50km(空中発射型)
120km(地上・艦発射型)/130km(空中発射型)(YJ-82)
最大速度マッハ0.9
飛行高度
(巡航時)
20m(YJ-8)
命中精度75%
推進装置タンデム式固体燃料ロケットモーター(重量160kg)
ターボジェット・固体燃料ロケットモーター(YJ-82)
弾頭HE弾頭(165kg)
誘導方式慣性誘導/Jバンド・モノパルスアクティブレーダー誘導終末段階
配備国中国,北朝鮮,イラン,イエメン,タイ

YJ-8のバリエーション

  • YJ-8(鷹撃8/C-801):
    基本型。最大射程は40km。

  • YJ-8K(C-801K):
    空中発射型。殲轟7(JH-7)攻撃機轟作6(H-6)爆撃機に搭載可能。

  • YJ-8Q(C-801Q):
    潜水艦発射型。
    水中発射用のコンテナに収められており、533mm魚雷発射管からコンテナごと射出されたあとに海面からミサイルが発射される。

  • YJ-8I:
    射程延伸型。最大射程は80km。

  • CY-1(長纓1):
    YJ-8をベースに弾頭部に短魚雷を搭載した対潜ミサイル。アスロックに相当。
    中国海軍での運用状況に関しては不明。

  • YJ-81(鷹撃81/C-801A):
    ロケットの推進部を拡大して射程距離を延伸した改良型。

  • YJ-82(鷹撃82/C-802):
    YJ-81をベースに胴体を延長し、推進部をターボジェット・エンジンに変更した陸上発射型。
    射程は120km。NATOコードはCSS-N-8 Saccade.

  • YJ-82A(C-802A):
    YJ-82の改良型。射程が180kmに延伸されている。

  • YJ-83(鷹撃83/C-803):
    YJ-82の発展型。データリンクによるアップデート機能を持ち、射程は150〜200km。
    今後、中国海軍の主力艦載対艦ミサイルとしてYJ-8を置き換える形で配備が進んでいる。

  • YJ-83K(C-803):
    YJ-83の空中発射型。

  • YJ-85(鷹撃85/C-805):
    YJ-81をベースに開発された対地巡航ミサイル型。
    GPSを搭載しており、多彩な飛行コースの設定が可能。
    また海上ではINS、陸上ではTERCOM(地形等高線照合装置)により精密攻撃が可能になっている。


*1 109「開封」110「大連」165「湛江」166「珠海」の4隻のみ。
*2 祁2隻(535「黄石」536「黄石」)に搭載
*3 535「黄石」(IV型改装後)に搭載
*4 祁1隻(537「滄州」)に搭載
*5 563「仏山」などに搭載
*6 イエメンへの輸出型に搭載。
*7 イラン版YJ-82

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS