*&ruby(わいえふにじゅうさん){【YF-23】}; [#n18bf4b1]
Northrop YF-23A Blackwidow2~
~
アメリカ空軍の[[ATF]]計画によって試作された[[戦闘機]]のひとつ。~
1986年に[[ノースロップ]]が主契約社となり、[[マクダネル・ダグラス]]が協力するもと開発がスタートした。~
YF119[[ターボファン]]を搭載したPAV-1(機体コールサイン:Gray Ghost)と、YF120[[ターボファン]]を搭載したPAV-2(機体コールサイン:Spider)の2機が試作され、1990年に完成した。~
外観上の大きな特徴は、曲面を多用した雄大な外形と、[[V尾翼]]である。~
これにより[[機動性]]こそ[[YF-22>F-22]]に劣るものの、[[超音速巡航]]性能と[[ステルス]]性では優っていたといわれる。~
~
しかしながら1991年4月に[[YF-22>F-22]]の採用が決定され、したがって本機は不採用になった。~
(一説には「整備性や運用価格の面で[[YF-22>F-22]]に劣っていたため」といわれる。特に同社の[[B-2]]と同様に機体表面を極限まで滑らかにする設計が仇となり、高コストを招いたという見方が強い)~
この敗北がきっかけとなり、[[ノースロップ]]は[[グラマン]]との合併を余儀なくされ、[[マクダネル・ダグラス]]は[[ボーイング]]に吸収された。~
~
不採用決定後、2機の試作機は[[エンジン]]や[[アビオニクス]]を抜き取られ、エドワーズ空軍基地で野ざらしにされていた。~
数年後、PAV-2は[[ノースロップ・グラマン]]の技術者に引き取られ、現在ではカリフォルニア州ホーソーンのウエスタン航空博物館に保存されている。~
現在、この機体はメーカーにより回収され、レストア中であるという。~
エアショー向けと言われるが、[[FB-22>F/A-22]]との競争に対抗する為との見方もある。~
~
//PAV-1の保存場所は「オハイオ州ライトパターソン基地の米空軍博物館」説と、「エドワーズ空軍基地の空軍飛行試験博物館」説があるため、判明するまで書きかけ状態にしておきます。

**スペックデータ[#g5ee8da9]
乗員:1名~
全長:20.60m~
全高:4.30m~
翼幅:13.30m~
翼面積:88~
空虚重量:14,970kg~
運用時重量:23,327kg~
最大離陸重量:29,029kg~
最大速度:[[マッハ]]2.58~
航続距離:1,474km([[空中給油]]なし)~
実用上昇限度:19,800m~
動力:GE製 YF120ターボファンエンジン(推力等詳細未公表)又は P&W製 YF119ターボファンエンジン(推力156kN)×2~
武装~
固定武装:[[M61A1]]20mmバルカン砲1門~
~
兵装(空対空兵装のみ。下記ミサイルを最大6発搭載可能)~
[[AIM-7 スパロー>AIM-7]]、[[AIM-120 AMRAAM>AIM-120]]、[[AIM-9 サイドワインダー>AIM-9]]~

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS