*&ruby(えっくすじゅうご){【X-15】}; [#y6ec2ac9]
アメリカの[[ノースアメリカン]]社が1950年代に開発したロケット[[実験機]]。~
有人飛行での世界最速記録([[マッハ]]6.7)及び最大到達高度記録(107,960m)を持つ機体である。~
(当時、[[アメリカ空軍]]では高度50マイル(=約80km)以上を「宇宙」と規定していた((ちなみに、現在の国際航空連盟の解釈では「100km(約62マイル)以上」となっている。))ため、同機に搭乗してこの高度域を突破した8人のテストパイロットに「宇宙飛行士記章」が与えられた。)~
~
飛行する際は母機である[[NB-52>B-52]]の[[主翼]]に懸架され、有る程度の高度まで牽引してから[[ロケットエンジン]]に点火し、80秒から120秒ほど飛行する((搭載するロケットエンジンの燃料消費が激しかったため、離陸〜初期加速段階を別の機体に代行させることで燃料消費を抑え、限られた燃焼時間を有効活用しようとしたものである。))。~
極超音速における空力加熱に対処するため、機体にはチタンやステンレスのほか、インコネルXと呼ばれる耐熱ニッケル合金を使用している。~
なお、初期は機首に飛行データ計測センサーを有していたが、後に取り外されている。~
~
任務終了後は滑空しながら[[ランディングスキッド]]で着陸するが、着陸速度は(プロペラ機の飛行速度に匹敵する)360km/hにも達し、非常に長い[[滑走路]]長が必要だった。~
このため、実験はカリフォルニア州[[ロジャース乾湖]]に面する、エドワーズ空軍基地に併設の[[NASA]]ドライデンフライトリサーチセンターで行われていた。~
~
**本機による飛行実験 [#q6a6bfbd]
本機が行った飛行実験は大きく二つに分かれている。~
一つは母機から離脱した後、ロケット推進で一定の高度を稼いだ後、緩降下を続けながらひたすら加速し続ける「高速飛行実験」。~
もうひとつは、母機から離脱後に[[急角度上昇>ズーム上昇]]して大気圏外にまで達し、その後、放物線軌道を描きながら降下して着陸するものだった。~
~
**スペックデータ [#pee25c32]
|乗員|1名|
|全長|15.99m|
|全高|3.55m|
|全幅|6.8m|
|翼面積|18.6|
|自重|8,320kg|
|全備重量|25,460kg|
|[[燃料]]|液体アンモニア+液体酸素|
|[[エンジン]]|初期:リアクション・モーターズ XLR11ロケットエンジン×2基&br;後期:リアクション・モーターズ XLR99-RM2ロケットエンジン×1基|
|エンジン出力|31,750kg/高度30,000m(XLR99-RM2)|
|最大到達速度|[[マッハ]]6.2(7,274km/h)|
|最大到達高度|107.970km|
~

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS