• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(つぽれふ にひゃくよん){【Tu-204】}; [#z70d046a]
*&ruby(つぽれふにひゃくよん){【Tu-204】}; [#z70d046a]
Tupolev Tu-204.~
[[Tu-154]]・[[Il-62]]の後継としてロシアのツポレフ社で開発された中距離用双発ジェット[[旅客機]]。~
~
[[Tu-154]]・[[Il-62]]の後継としてロシアの[[ツポレフ]]社で開発された中距離用[[双発>双発機]]ジェット[[旅客機]]。~
~
機体は、[[フライバイワイヤー]]と[[グラスコックピット]]、主翼端に付けられた[[ウイングレット]]に加えて西側同様の[[航空電子機器>アビオニクス]]を装備し、さらにロシア製の航空機では初めてイギリス製のロールスロイスRB211-535[[ターボファン]][[エンジン]]を装備している。~
また、機体には[[カーボン>炭素繊維強化樹脂]]などの複合素材が多用されているという。~
~
就役当初はツポレフの営業力及びユーザーサポートに問題があるとされ、長年ロシア以外での導入はされていなかったが、[[ボーイング]]や[[エアバス>エアバスインダストリー]]の同クラスの機体と比べて割安(約3,500万USドル)であり、オプションとして信頼性の高いロールスロイス社製エンジンを搭載できる事もあり、特に(政治的・経済的理由で)西側製機の導入が難しいキューバや北朝鮮などの国々への導入が相次いでいる。~
就役当初はツポレフの営業力及びユーザーサポートに問題があるとされ、長年ロシア以外での導入はされていなかったが、[[ボーイング]]や[[エアバス>エアバス(企業)]]の同クラスの機体と比べて割安(約3,500万USドル)であり、オプションとして信頼性の高いロールスロイス社製エンジンを搭載できる事もあり、特に(政治的・経済的理由で)西側製機の導入が難しいキューバや北朝鮮などの国々への導入が相次いでいる。~
>ただし、冷戦後の旧共産圏の航空会社では[[ボーイング]]や[[エアバス>エアバス(企業)]]といった旧西側製の航空機を調達するのがステータスとみなされており((ロシアの[[フラッグキャリア]]であるアエロフロートでさえ、長距離国際線用機材として[[B777]]や[[A330]]を導入しているほどである。))、本機は商業的に苦戦を強いられているという。

**スペックデータ [#l2b3b2c0]
|乗員|2名|
|座席数|210名(Tu-204-100/-120/Tu-214)&br;157名(Tu-204-300)|
|全長|46m(Tu-204-100/-120/Tu-214)&br;40m(Tu-204-300)|
|全高|13.88m|
|全幅|42m|
|自重|59,000kg(Tu-204-100/-120/Tu-214)&br;54,000kg(Tu-204-300)|
|最大離陸重量|103,000kg(Tu-204-100/-120)&br;110,750kg(Tu-214)&br;107,500kg(Tu-204-300)|
|[[エンジン]]|ソロヴィヨフPS-90A[[ターボファン]]([[推力]]157kN(16,000kgf))×2基&br;ロールスロイスRB211-535ターボファン(推力43,100lbf)×2基|
|速度&br;(最大/巡航)|850km/h / 810km/h|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|12,600m|
|[[航続距離]]|6,500km(Tu-204-100/-120)&br;6,670km(Tu-214)&br;7500km(Tu-204-300)|
|形式|CENTER:Tu-204-100|CENTER:Tu-204-120|CENTER:Tu-204SM|CENTER:Tu-214|CENTER:Tu-204-300|
|乗員|>|CENTER:3名|CENTER:2名|>|CENTER:3名|
|標準座席数|>|>|>|CENTER:210名(1クラス)&br;175席(2クラス)|CENTER:164名(1クラス)&br;142席(2クラス)|
|座席間隔|>|>|>|CENTER:32インチ(1クラス)&br;39&32インチ(2クラス)|CENTER:32インチ(1クラス)&br;41&32インチ(2クラス)|
|全長|>|>|>|CENTER:46.14m|CENTER:40.19m|
|全高|>|>|>|>|CENTER:13.9m|
|全幅|>|>|>|>|CENTER:41.8m|
|翼面積|>|>|>|>|CENTER:184.2|
|最大離陸重量|>|CENTER:103,000kg|CENTER:105,000kg|CENTER:110,750kg|CENTER:107,500kg|
|最大着陸重量|>|CENTER:88,000kg|CENTER:89,500kg|CENTER:93,000kg|CENTER:88,000kg|
|最大積載量|>|CENTER:21,000kg|CENTER:23,000kg|CENTER:25,200kg|CENTER:18,000kg|
|[[離陸]]滑走距離&br;(最大離陸重量時)|>|CENTER:2,250m|CENTER:1,800m|CENTER:2,250m|CENTER:2,500m|
|最大速度|>|>|>|>|CENTER:900km/h|
|巡航速度|>|>|>|>|CENTER:810km/h to 850km/h|
|[[エンジン]]|>|>|>|>|CENTER:[[ターボファン]]×2基|
|~|CENTER:[[アヴィアド&br;ヴィガーテリ>ソロヴィヨフ]]&br;[[PS-90A>PS-90]]|CENTER:[[ロールス・ロイス]]&br;[[RB211-535E4>RB211]]|CENTER:アヴィアド&br;ヴィガーテリ&br;PS-90A2|>|CENTER:アヴィアドヴィガーテリ&br;PS-90A|
|最大[[推力]]|157kN&br;(16,000kgf)|186.3kN&br;(19,000kgf)|157kN&br;(16,000kgf)|>|CENTER:158.2kN&br;(16,140kgf)|
|巡航高度|>|CENTER:12,600m|>|>|CENTER:12,100m|
|[[航続距離]]&br;(最大積載時)|CENTER:4,300km|CENTER:4,100km|CENTER:4,000km|CENTER:4,340km|CENTER:5,800km|

**派生型 [#m847d22d]
-Tu-204;旅客型の基本モデル。~
-Tu-204C:貨物型の基本モデル。~
-Tu-204-100:最初に開発されたモデル。ソロヴィヨーフPS-90Aエンジンを搭載している。~
-Tu-204-200:-100の重量増加モデル。~
-Tu-204-120/220:西側技術を盛り込んだ世界市場向けモデル。ロールスロイス製のRB211-535エンジンを搭載している。~
-Tu-204-300:航続距離延長モデル。~
-Tu-204-500:短距離路線用モデル。翼を小さくし、巡航速度をマッハ0.84に増加させている。~
-Tu-206:液体水素を燃料に使用する試験機。
-Tu-216:天然ガスを燃料に使用する試験機。
-Tu-214:-100の最大離陸重量を引き上げた発展型で、胴体延長型。~
-Tu-204:~
旅客型の基本モデル。~
~
-Tu-204C:~
貨物型の基本モデル。~
~
-Tu-204-100:~
最初に開発されたモデル。ソロヴィヨーフPS-90Aエンジンを搭載している。~
~
-Tu-204-200:~
204-100の重量増加モデル。~
~
-Tu-204-120/220:~
西側技術を盛り込んだ世界市場向けモデル。~
ロールス・ロイス製のRB211-535エンジンなどを搭載している。~
~
-Tu-204-300:~
ウラジオストク航空が発注した航続距離延長モデル。~
基本型より胴体が6m短い。~
~
-Tu-204-500:~
短距離路線用モデル。~
翼を小さくし、巡航速度をマッハ0.84に増加させている。~
~
-Tu-204SM:~
発展改良型。~
[[エンジン]]を大規模な騒音低減システムを備えたPS-90A2に換装し、新開発のロシア製の飛行制御装置と航法装置を搭載、操縦席のパネルを液晶ディスプレイとし、[[ヘッドアップディスプレイ>HUD]]を追加した。~
パイロットは2名に削減されている。~
~
-Tu-206:~
石油系燃料に変わる代替燃料を使用する試験機。~
液体水素を燃料に使用する。~
~
-Tu-216:~
石油系燃料に変わる代替燃料を使用する試験機。~
天然ガスを燃料に使用する。計画中。~
~
-Tu-214:~
Tu-204-100の最大離陸重量を引き上げた発展型で胴体延長型。~
204-200とまったく同様の機体であるが、組み立てメーカーが異なる((本機はカザンのカザン航空機製造合同で生産されている(Tu-204-200はウリヤノフスクのアビアスターSPで生産)。))ほか、L2ドアが乗降用ドアとなっている。~
~
--Tu-214F:~
貨物機型。計画中。~
~
--Tu-214C3:~
貨客混載型。計画中。~
~
--Tu-214PU:~
空中コマンドポスト型。~
~
--Tu-214ON:~
[[オープンスカイ条約]]にのっとり開発された機体。~
条約により許可された範囲内でのデジタル空中機器、テレビや[[赤外線]]カメラ、側方[[レーダー]]、デジタルコンピュータシステムと航法サポートシステムが組み込まれている。~
~
--Tu-214K:~
空中コマンドポスト型。~
航空カメラ(AFA)を装備しており、撮影した対象地域の情報をSPDD遠距離データ伝送システムにより伝送可能。~
~
--Tu-214SR:~
特殊通信機型。~
大統領専用機との通信中継を行う機体で、機体上面にアンテナを納めたシュラウドが付いている。~
~
--Tu-214R:~
[[Il-20M>Il-18]]の後継として開発された[[電子偵察機>偵察機]]型。~
胴体上部および下部のアンテナドームと胴体側面の主翼前後に[[ELINT]]/[[SIGINT]]/[[COMINT]]/[[SAR>合成開口レーダー]]機材を含むMRC-411電子情報収集パッケージを搭載。~
マルチスペクトルの電気光学偵察機材も装備される。~
~
--Tu-214([[対潜哨戒機]]型):~
[[Il-38]]と[[Tu-142>Tu-95]]の後継として提案されていた。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS