• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(つぽれふいちよんよん){【Tu-144】}; [#hc5f6d62]
ソ連のツポレフ設計局が開発した世界初の[[超音速旅客機]](SST)。~
1963年に開発が始まり、1968年12月に[[初飛行]]した。~
[[NATOコード]]では「チャージャー((「将校用[[軍馬]]」の意味。))」。~
>外観が[[コンコルド]]に非常に酷似している為に「[[コンコルドスキー]]」とも呼ばれていた。

機体は主に[[アルミ>アルミニウム]]合金を使用し、主翼には[[TsAGI]]の研究成果を取り入れた「オージー翼」が採用され、前縁[[後退角]]が外翼部に移るにしたがって緩やかに変化し、翼端部では丸みを帯びた形状になっている。~
機体は主に[[アルミ>アルミニウム]]合金を使用し、[[主翼]]には[[TsAGI]]の研究成果を取り入れた「オージー翼」が採用され、前縁[[後退角]]が外翼部に移るにしたがって緩やかに変化し、翼端部では丸みを帯びた形状になっている。~
エンジンは、[[クズネツォフ設計局]]製の[[NK-144]][[ターボファン]]4基を機体中央に備えていた。~
~
改良量産型のTu-144Sでは、主翼をオージー翼から[[ダブルデルタ翼>ダブルデルタ]]に変更し、胴体を延長、機首に引き込み式の[[先尾翼]]が装備され、離着陸時の安定性を改善している。~
エンジンもより推力が大きいNK-144Aターボファンに換装され、エンジン排気による機体後部の過熱や振動などの問題を改善するため、それぞれ2基1組に分けて配置された。~
また、機体には高い圧力や熱、金属腐食の問題に対処するため[[チタニウム]]合金が広範囲に渡って用いられた。~
~
更にその後作られた、性能向上型のTu-144DはエンジンをNK-144からコレゾフ設計局製の[[RD-36-51>RD-36]][[ターボジェット]]に換装して性能を向上している。~
更にその後作られた、性能向上型のTu-144DはエンジンをNK-144からコレゾフ設計局製の[[RD-36-51]][[ターボジェット]]に換装して性能を向上している。~
~
しかし、[[コンコルド]]と違い、超音速飛行時にも[[アフターバーナー]]を焚き続けなければなかったため、燃費は劣悪であった。~
アエロフロートでは[[貨物機]]としても運行されたが程なくして中止され、最終時に16機が製造されるにとどまった((一方の「本家」コンコルドも運用コストが劣悪だったため、20機の生産にとどまっている。))。

アエロフロートでは[[貨物機]]としても運行されたが程なくして中止され、最終時に16機が製造されるにとどまった((一方の「本家」コンコルドも本機同様、運用コストが劣悪だったため、わずか20機の生産にとどまっている。))。~
~
#ref(http://mmsdf.sakura.ne.jp/masdf/maks/gnd/IMG_8097.jpg,600x400);
(Tu-144LL)
~
**スペックデータ [#x1504d47]
|乗員|3名([[機長]]・[[副操縦士>副機長]]・[[航空機関士]])|
|乗客|140名|
|全長|65.7m|
|全高|12.85m|
|全幅|28.8m|
|翼幅|25.6m|
|主翼面積|438.0|
|空虚重量|91,800kg|
|最大離陸重量|19,500kg|
|[[エンジン]]|クズネツォフ [[NK-144]]低[[バイパス比]][[ターボファン]]×4基&br;クズネツォフ NK-144Aターボファン×4基(Tu-144S)&br;コレゾフ [[RD-36-51>RD-36]][[ターボジェット]]×4基(Tu-144D)&br;クズネツォフ [[NK-321]]ターボファン×4基(Tu-144LL)|
|[[エンジン]]|クズネツォフ [[NK-144]]低[[バイパス比]][[ターボファン]]×4基&br;クズネツォフ NK-144Aターボファン×4基(Tu-144S)&br;コレゾフ [[RD-36-51]][[ターボジェット]]×4基(Tu-144D)&br;クズネツォフ [[NK-321]]ターボファン×4基(Tu-144LL)|
|[[推力]]|18,150kgf([[A/B>アフターバーナー]]使用時)|
|[[推力重量比]]|0.37|
|滑走距離&br;([[離陸]]/[[着陸]])|1,900m/1,500m|
|最大巡航速度|[[M>マッハ]]2.35(高度18,000m)|
|[[航続距離]]|約6,500km(最大[[ペイロード]]時)|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|20,000m|
~
**派生型 [#s4ae4b26]
-Tu-144:原型機。量産型より翼幅はやや小さく、胴体もやや短かった。~
-Tu-144S:量産型。エンジンの換装など各種改良が施されている。~
-Tu-144D:性能向上型。エンジンはコレゾフ RD-36-51ターボジェットを搭載。~
-Tu-144LL:D型改造の実験機。[[NASA]]によって1996年から数年間に渡ってアメリカで試験運用された。~
-Tu-144:~
原型機。~
量産型より翼幅はやや小さく、胴体もやや短かった。~
~
-Tu-144S:~
量産型。~
エンジンの換装など各種改良が施されている。~
~
-Tu-144D:~
性能向上型。~
エンジンはコレゾフ RD-36-51ターボジェットを搭載。~
~
-Tu-144LL:~
D型改造の実験機。~
エンジンを[[Tu-160]]が装備するクズネツォフ[[NK-321]][[ターボファン]]に換装し、操縦系統等にデジタル技術を取り入れるなど、大幅な改造を行っている。~
[[NASA]]によって1996年から数年間に渡ってアメリカで試験運用された。~

#ref(http://mmsdf.sakura.ne.jp/masdf/maks/gnd/IMG_8097.jpg,600x400);
(Tu-144LL)


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS