• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(てぃーおーえすいち){【TOS-1】}; [#uf52c08d]
ソ連/ロシアが1980年代に開発した自走ロケット砲。愛称は「ブラチーノ」。~
ソ連/ロシアでは「重火焔放射システム」と呼ばれる。~
西側に存在が確認されたのは1999年になってからである。~
ソ連/ロシアが1980年代に開発した[[多連装ロケットシステム]]。[[愛称]]「ブラチーノ」。~
[[燃料気化爆弾]]の運用に特化しているため「重火焔放射システム」と分類する資料もある。~
~
車体には中古の[[T-72]][[戦車]]から[[砲塔]]を撤去したものを利用し、上部に220mm[[ロケット弾]]発射機(初期型(TOS-1)の30連装と後期型(TOS-1A)の24連装の2つがある)と2名用の小型[[砲塔]]を装備している。~
中古の[[T-72]][[戦車]]((イラクに輸出されたタイプでは[[T-90]]ベースの車体が使用されている。))から[[砲塔]]を撤去してロケットランチャーに改装したもの。~
車体上部に220mm[[ロケット弾]]発射機と、2名用の小型[[砲塔]]を装備している。~
T-72をベースにしているため[[NBC>NBC兵器]]防護装置も搭載されている。~
使用するロケット弾は[[燃料気化弾頭>燃料気化爆弾]]のみで、射程距離は500m〜3,500m、正面幅数十メートル、縦深数百メートルの範囲を完全に面制圧することが可能である。~
2004年までに24両が改修され、チェチェン紛争でも投入されている。

装填する[[ロケット弾]]の[[有効射程]]は500m〜3,500m。~
[[砲兵]]任務には利用できない短射程であり、主砲を換装された[[主力戦車]]と見る方が運用実態に近い。~
弾種は[[燃料気化弾頭>燃料気化爆弾]]のみ。正面幅数十メートル、縦深数百メートルの面制圧が可能。~
~
旧ソ連軍のアフガニスタン侵攻において試験投入されたのが記録上最初の[[バトルプルーフ]]。~
ソ連崩壊後も、1999年の第二次チェチェン紛争において実戦投入されている。~
また、2014年にもイラク[[内戦]]においてイラク政府側勢力がイスラム過激派組織「[[ISIS]]」に対して投入している。~
~
**スペックデータ [#p9912ac9]
乗員:3名~
全長:9.53m~
全高:2.226m~
全幅:3.6m~
戦闘重量:46t~
エンジン:V-84MS 12気筒[[ディーゼルエンジン]](出力840hp)~
最大速度:60km/h(路上)~
懸架・駆動:トーションバー方式~
航続距離:550km~
発射速度:30発/15秒~
射程:500〜3,500m~
兵装:24連装または30連装220mmロケット弾発射機×1基(弾数24発/30発)~
|乗員|3名|
|全長|9.53m|
|全高|2.226m|
|全幅|3.6m|
|戦闘重量|46t|
|エンジン|V-84MS 12気筒[[ディーゼルエンジン]](出力840hp)|
|最大速度|60km/h(路上)|
|懸架・駆動|トーションバー方式|
|航続距離|550km|
|発射速度|30発/15秒|
|射程|500〜3,500m|
|兵装|24連装または30連装220mmロケット弾発射機×1基(弾数24発/30発)&br;902G 4砲身発煙弾発射器|
|電子装備|[[火器管制装置]](弾道コンピューター、追尾照準器、1D14[[レーザー]]側距儀からなる)&br;車長用にTKN-3A照準器、GPK-59ナビゲーション装置、R-163-50U無線通信装置、R-174インターコム|



**派生型 [#e59d0714]
-TOS-1(Ob.634):30連装の発射機を持つ初期型。~
-TOS-1A(Ob.634B):24連装の発射機を持つ後期型。~
-TOS-1(Ob.634):~
30連装の発射機を持つ初期型。~
~
-TOS-1A(Ob.634B):~
24連装の発射機を持つ後期型。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS