• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(サード){【THAAD】}; [#d3419903]
Terminal High Altitude Area Defence (終端高高度地域防空)~
ロッキード・マーチン社が開発し、[[アメリカ陸軍]]への配備を目指している[[地対空ミサイル]]。~
Terminal High Altitude Area Defence.(終端高高度地域防空)~
~
[[ロッキード・マーチン]]社が開発し、[[アメリカ陸軍]]への配備を目指している[[弾道弾>弾道ミサイル]]迎撃ミサイル。~
以前は"Theatre High Altitude Area Defence(戦域高高度地域防空)"ミサイルと呼ばれていた。~
~
本ミサイルは、[[ミサイル防衛]]において、落下段階での短・中距離[[弾道ミサイル]]を大気圏外にて迎撃するものである。~
ここで撃ち漏らした[[弾道ミサイル]]の迎撃は[[MIM-104パトリオットPAC-3(ERINT)>MIM-104]]に託されるが、例え成功しても大気圏内(高度20km程度)での核爆発が起これば被害は避けられないと思われる。~

具体的には、極超音速で落下してくる[[弾道ミサイル]]に対して、大気圏外(最大150km程度?)での空中衝突を演出する。その相対速度は場合によってはマッハ20にも及ぶ。~
[[近接信管]]による爆発では壊しきれず、誘爆の可能性のある[[弾道ミサイル]]でも、命中すれば運動エネルギーによって確実に破壊することが可能とされている。~
なお、低高度での運用は考慮されておらず、純粋な対[[弾道ミサイル]]迎撃ミサイルである。~
ここで撃ち漏らした[[弾道ミサイル]]の迎撃は[[MIM-104「パトリオットPAC-3(ERINT)」>MIM-104]]に託されるが、例え成功しても大気圏内(高度20km程度)での核爆発が起これば被害は避けられないと思われる。~
このことから、パトリオットPAC-3よりも高高度、[[成層圏]]よりも上の高度で目標を迎撃するために本ミサイルが開発された。~
~
ミサイル本体は、"Kill Vehicle"と呼ばれる弾頭部とロケットブースター部からなる。~
具体的には、極超音速で落下してくる[[弾道ミサイル]]に対して、大気圏外(最大150km程度?)での空中衝突を演出する。~
その相対速度は場合によってはマッハ20にも及び、命中すれば運動エネルギーによって確実に破壊することが可能とされている((目標があまりにも超高速なため、通常の[[地対空ミサイル]]のように[[近接信管]]による爆発では壊しきれず、誘爆の可能性もある。))。~
なお、純粋な対弾道弾迎撃ミサイルであるため、低高度や対航空機での運用は考慮されていない。~
~
ミサイル本体は、"KKV(Kinetic Kill Vehicle)"と呼ばれる弾頭部とロケットブースター部からなる。~
発射後は地上から管制を行うが、大気圏外でロケットブースター部を切り離し、後はミサイルに搭載された赤外線センサーとスラスターによって誘導・衝突を行う。~
~
システムは、ミサイルを10発搭載した[[M1075PLSトラック]]ランチャー・TMD-GBR[[フェイズドアレイレーダー]]・それらの指揮情報管制システムBM/C3Iからなる。~
あくまで一定地域の防衛が限界であるため、[[弾道ミサイル]]の探知迎撃は高い総合力が必要とされる。現在これを使いこなせるのは米軍のみであろう。~
システムは、ミサイルを10発搭載したM1075 PLSトラックランチャー・AN/TPY-2 TMD-GBR(Theater Missile Defense Ground Based Radar)Xバンド[[フェイズドアレイレーダー]]((このユニットのみをミサイル防衛の地上レーダーとしてアメリカ国外へ展開することも考えられており、2006年には青森県の[[航空自衛隊]]車力分屯基地に、2014年には京都府の[[アメリカ軍]]経ヶ岬通信所に配備されている。))・それらの指揮情報管制システムBM/C3Iからなる。~
~
技術的難度は高く長年失敗続きであったが、1999年以降次々と成功し始めたようだ。~
本格的な運用は2009年に予定されている。~
2008年、本システムを装備した最初の実戦部隊がテキサス州フォート・ブリスで編成された。~
~
関連:[[ミサイル防衛]] [[MIM-104(パトリオット)>MIM-104]] [[RIM-161(SM-3)>RIM-161]] [[GBI]]~
~
**スペックデータ [#i46ab371]
|全長|6.17m|
|直径|0.37m|
|発射重量|900kg|
|推進方式|1段式[[固体ロケットモーター>固体燃料ロケット]]|
|有効射程|200km|
|射高|40〜150km|
|弾頭|運動エネルギー弾(KKV:Kinetic Kill Vehicle)|
|信管|直撃|
|誘導方式|[[慣性誘導>慣性航法装置]]+アップデート(中間誘導)/[[赤外線誘導]]([[終端誘導]])|
|[[シーカー]]|高性能赤外線識別シーカー|
|操舵方式|スラスト・ベクター・コントロール(TVC)+サイドスラスタ|
~

関連:[[ミサイル防衛]] [[MIM-104(パトリオット)>MIM-104]] [[RIM-161(SM-3)>RIM-161]]~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS