• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(たっくねーむ){【TACネーム】}; [#e1fa0af1]
[[航空自衛隊]]の[[パイロット]]が持つ英語風のコールサイン。愛称。~
新人[[パイロット]]歓迎会での宴会などで、本人の希望や、特徴などにしたがって付けられることが多い。~
Tactical Name.~
~
 やたらキャンキャンうるさいので、「お前のタックネームはポチで決まり」
 
 (略)
 
 「まず、お前の希望を言ってみろ」
 「私はマーベリックが良いです」
 「だめ、却下」
 戦闘機パイロットなら誰でもあこがれる映画「トップガン」の主人公、
 トム・クルーズが演じた凄腕のパイロットが「マーベリック」なのだ。
 そんな名前を新人に名乗らせるわけにはいかない。
 
 (最強の戦闘機パイロット 著 岩崎貴弘から引用)
と、言うようなこともあるらしい。
[[戦術]]上の理由で[[航空機]][[パイロット]]([[エビエーター]])に付けられる非公式の[[愛称]]。~
~
主として通信中の聞き間違いや個人情報漏洩を防ぐため、および個人的名声が[[士気]]に与える影響を目的として命名される。~
正式な[[コールサイン]]ではないので、[[AWACS>AWACS(航空機)]]や[[管制塔]]との交信では使用されない。~
逆に、個人ごとに[[コールサイン]]を割り当て、別途のTACネームは用いない軍隊もある。~
~
とっさに思い出せないと問題が生じるため、常日頃から名乗らせ続ける必要があり、軍人としてのアイデンティティに深く関わる。~
機体にTACネームを書き込む、個人用の意匠でヘルメットを塗装する、ワッペンを作って上着に縫い付けるなどの文化的習慣も存在する。~
性質上それほど頻繁には改名されないが、転属などに際して混同を避けるため、または特筆すべき功績や失態に際して改名される事がある。~
~
実際の命名は新人歓迎会などで適当に行われる事が多く、特に複雑な命名法則があるわけでもなく、ふざけた命名もしばしば為される。~
ただし、通信や会話上の便宜があるため短くまとめられる必要がある((概ね、アルファベット6文字以下が望ましいとされる。))。~
上官や先任による「添削」も行われるため、呼ばれる本人の希望((映画・漫画・アニメ・ゲームなどの登場人物に自分をなぞらえようとする心得違いの新人がたまにいるという。&br;  例えば「[[トップガン]](1986)」の「マーベリック」を名乗りたがるような。))が通る事はほとんどない。~

>俗に「格好良いTACネームはベテランパイロットの特権」とも言われる。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS