【Su-27】(すほーいにじゅうなな)

ロシアでの非公式の愛称はЖуравль(ジュラーヴリク)(和訳:鶴)、NATOコードFlanker(フランカー)

アメリカのF-15F-16に対抗しうる、ルックダウンシュートダウン能力を持ち、目視外射程から敵機を撃墜できる機体として開発された、旧ソビエトの双発ジェット戦闘機
TsAGIの構想をもとにMiG-29と同時期に開発されたため、同機に似た外観と、優れた運動性を持つ。
またIRSTを採用している点も類似している。
しかしMiG-29とは逆にペイロード航続距離が大きく、ソビエト製の戦闘機としては初めて本格的なフライバイワイヤーを採用したこともあり、本機はソ連軍の末期を代表する戦闘機となった。

機体性能は当時としては恐ろしく飛びぬけており、本機を語る上でコブラ(プガチョフコブラ)に代表される高迎角?によるポストストール機動の高さは、切っても切り離せないであろう。
性能向上型のSu-35はコブラの横向きVer.であるフック?を、更に推力偏向ノズルが採用されたSu-37に至っては、コブラの体勢から高度を変えずに1回転するという破天荒な機動・クルビットという、戦闘機離れした機動が可能になっている。
他の名物としては900°フラットスピンも上げられる。

記録挑戦用のP-42(П-42)は、F-15の改造機ストリークイーグルが保持していた20000mを除く、3000m,6000m,9000m,12000m,15000m迄の上昇力記録を更新した。

試作機のT-10は1977年に初飛行したが、空力的な問題があり、多くの改良を必要とした。
初期量産型は1981年に初飛行し、その後ロシア・ウクライナ・ベラルーシ・ウズベキスタン・カザフスタン空軍の主力戦闘機として配備され、数々の改修を受けて現在も現役である。
派生型として、戦闘爆撃機のSu-32・Su-32FNプラティパス、艦上機のSu-33、能力向上型のSu-35・Su-37・Su-30などが存在する(『現在確認されているバリエーション』参照)。

中国・ベトナム・インド・イランなどへの輸出もさかんであり、ロシア軍が財政難であるため、輸出型のほうが高性能になってしまう逆転現象もおきている。

実戦では1998年、エチオピア・エリトリア紛争で使用されエリトリア軍のMiG-29を4機(5機撃墜の説も有り)撃墜。
うち3機は機関砲で、1機はAA-11だったと言われているが、全機AA-11によるという説もあり定かではない。
航空機のパイロットは両軍とも、ロシアやウクライナの傭兵という噂もある。

尚、スホーイ社にはSu-37の型番が与えられた機がもう1機種あるが、そちらは計画のみで終わっている。

Su-30Mフランカーのスペック

  • 全幅:14.70m
  • 全長:21.94m
  • 全高:5.93m
  • 主翼面積:62.0
  • 機体重量:17,700kg
  • 最大離陸重量:33,00kg
  • エンジン:サチュルン/リューリカAL-31F(A/B122.6kn)×2
  • レーダー:Zhuk-27 N001(最大探知距離130nm)
  • 燃料容量:11,775
  • 最大速度:M2.0
  • 離陸滑走距離:550m
  • 着陸滑走距離:670m
  • 機外最大搭載量:8,000kg
  • 戦闘行動半径:810nm
  • 最大航続距離:1,620nm(機内燃料)
  • 乗員:2名

フランカーシリーズに搭載可能の主な兵装

機関砲:

空対空ミサイル:

空対艦ミサイル:

  • AS-20カヤック(Kh-35)?
  • Kh-41モスキート?

空対地ミサイル:

対レーダーミサイル:

  • AS-17クリプトン(Kh-31)?

ロケット弾:

爆弾:

  • FAB-250?
  • FAB-500?
  • FAB-1500?
  • RBK-500?
  • ODAB-500?
  • BETAB-500?
  • ZAB-500?
  • KAB-500?
  • KAB-1500?

現在の世界フランカー保有数(2006年 推測)

アフリカ地域:

アンゴラ空軍               

8機(Su-27SK/UBKフランカー)

エチオピア空軍             

13機(Su-27SK/UBKフランカー)

エリトリア空軍?             

?機(Su-27/UBフランカー)

アジア地域:

シリア空軍              

8機(Su-27SK/UBフランカー)

イラン空軍              

26機(Su-27/UBフランカー)

ベトナム空軍            

5機以上(Su-27SK/UBK Su-30MKVフランカー)

インド空軍      

50(予定140)機(Su-30K/MKIフランカー)

マレーシア空軍   

予定18機(Su-30MKMフランカー)

タイ空軍

予定12機(Su-30MKMフランカー)

インドネシア空軍  

予定40機(Su-27SK/UBK Su-30KI/MKフランカー)

中国空軍      

130機(Su-27SK/Su-30MKKフランカー/殲撃11)

中国海軍                

予定28〜40機(Su-30MKK2/MKK3フランカー)

東ヨーロッパ・ユーラシア地域:

ベラルーシ空軍           

23機(Su-30Kの追加で保有数が増える予定)(Su-27/UB/UBM1フランカー Su-30KNフランカー)

カザフスタン空軍           

20機(Su-27/UBフランカー)

ロシア空軍      

280機(Su-27/SM/UB Su-30/M Su-32 Su-35フランカー)

ロシア海軍      

46機(Su-27/UB Su-33/UBフランカー)

ウズベキスタン空軍         

25機(Su-27/UBフランカー)

ウクライナ空軍            

53機(Su-27/UBフランカー)

ウクライナ海軍            

?機(Su-27/UBフランカー)

北アメリカ地域

メキシコ海軍          

予定10機(Su-27/UBフランカー)

南アメリカ地域

ベネズエラ空軍          

予定24機(Su-30MKフランカー)

現在確認されているバリエーション。

Su-27フランカー系

T-10 Flanker A:

Su-27の原型、試作機。

P-42:

F-15ストリークイーグルの上昇記録を破った、T-10改修の記録挑戦用特別機。
現在はロシアの博物館に展示されていると言う。

T-10.jpg

P-42
Photo:Sukhoi

Su-27(T-10S) Flanker B(Su-27P Flanker B Su-27S Flanker B):

ソ連軍仕様の初期生産型。
Su-27運用初期の方では形式に変わりは無いのに(ソ連空軍型)P型と(ソ連防空軍型)S型の2つのタイプに分かれていたが、ソビエトからロシアに変わってからは空軍と防空軍も統合されロシア空軍となり、この名称は無くなった。しかし、一部の人々では未だにS型やP型を分けて言っている人もいる。本家ロシアでは今後Su-27をSu-27SMに改修する事が決定した為、今後は消えていく運命である。その他ウクライナやベラルーシ等のCIS諸国ではまだまだ現役だと思われる。近年ではウクライナ(不確定情報だがベラルーシも少数輸出した可能性有り)のSu-27がエチオピアに輸出され、エチオピア・エリトリア紛争に使用された。

Su-27P.jpg

Su-27PフランカーB
Photo:Russia Air Force

Su-27SK(T-10SK) Flanker B:

初期生産型の輸出型。
ロシアやCIS諸国以外の国が運用する輸出型の為、アビオニクスはダウングレードしたが、変わりに空対地攻撃能力が強化された。しかし、使えるのは無誘導爆弾対地ロケット弾等で精密誘導兵器は使用出来ない。輸出の方初めに中国が旧式化した殲撃5/J-5殲撃6/J-6の後継機の為に(殲撃11/J-11)として導入し、続いてベトナム・シリア・アンゴラ等がMiG-21フィッシュベットMiG-23フロッガーの後継機として導入した。今後も旧式化した東側機の後継として、発展途上国に導入される可能性は十分高い。

Su-27SK.jpg

Su-27SKフランカーB
Photo:Chinese Defence Today

Su-27SMK Flanker:

輸出用のSK型の改良型。
ハードポイントが10ヶ所から12ヶ所になり、燃料搭載量も増加され空対地ミサイル攻撃能力も追加された。しかし、海外からの発注は未だに無く今後も量産化は無いと思われる。

Su-27SMK.jpg

Su-27SMKフランカー
Photo:Sukhoi

Su-27SKM Flanker:

ロシア空軍向けに開発されたSu-27の改良型。
ロシア空軍でのSu-27改修タイプがSu-27SMフランカーに決定した為、この機体が登場する事は無いと思われる。

Su-27PD Flanker:

空中給油フローブ・衛星通信システムを装備した試作型。

Su-27SM Flanker:

初期生産型Su-27のレーダーエンジンを強化した近代化改修型。
Su-37やSu-35をのデーターを元に作られた為か全体的な性能はSu-35と同等で、空対空戦闘能力はSu-30MKより高いと言われている。レーダーは最新型のものを使用し、エンジンはSu-37から発展させた推力偏向システムを導入した。ちなみに先尾翼は付いていない。空対地戦闘能力は精密誘導爆弾や対地・対レーダーミサイルの運用が可能となった。現在はロシア空軍に少数配備され初めは極東ロシア地域に導入された。今後の予定としては2010年迄に80機のSu-27を改修する予定である。

Su-27SM.jpg

Su-27SMフランカー
Photo:Sukhoi

Su-27RV Flanker:

ロシア空軍のアクロバットチーム?の1つであるロシアンナイツ仕様。
全地球測位装置を搭載している。ロシアンナイツの機体はSu-35スーパーフランカーにに更新される事が決まっているが、それによりこの機体は今後どうなるかは分かっていない。

Su-27RVB.jpg

Su-27RVフランカー
Photo:Russian Knights

Su-27LMK Flanker:

CCVやサイドスティックなどの実験機。
この機体で収集されたデータを元にSu-35スーパーフランカーが開発された。

Su-27LL Flanker:

ロシアのグロモフ研究所で使用されている試験機。

Su-27UB(T-10U) Flanker C:

初期生産型であるSu-27の複座型。
戦闘能力は単座型と変わらない。Su-27と同様にロシア空軍では今後Su-27UBMに改修され、そのせいで保有数は減少すると思われる。

Su-27UB.jpg

Su-27UBフランカー
Photo:Sukhoi

Su-27UBK Flanker C:

UB型の輸出型。
Su-27SKと同じように性能は落とされている。

Su-27UBK.jpg

Su-27UBK
Photo:Sukhoi

Su-27UBM Flanker:

UB型の対空・対地攻撃能力を向上させた機体。
Su-30(Su-27PU)のベースとなった。現在では更にバージョンアップさせSu-27SMの複座型として改修が行われている。それと同時にロシア空軍現存のSu-27UBもこのタイプに改修させる予定である。

Su-27UBM1 Flanker:

Su-27UBのマルチロール型。
Su-27UBを改修して出来た機体で有り現在ベラルーシ空軍で運用中。性能はSu-27UBMと同じである。

Su-30/Su-30Kフランカー系

Su-30(旧:Su-27PU)Flanker F variant 1:

UB型の発展型。
最大の特徴は空中給油プローブを追加した事でこれにより空中給油が可能となった。因みに空中給油能力が付いたフランカーではこのタイプが初めてとなる。レーダーが変えられた為空対空戦闘能力が高くなったが、空対地攻撃能力は追加されていない。現在ではロシア空軍が少数配備している。

Su-30.jpg

Su-30フランカー
Photo:Sukhoi

Su-30K Flanker F variant 1 :

Su-30の輸出型。
Su-30では空対空戦闘能力しか無かったのに対し、輸出型のSu-30Kには空対地能力が追加されマルチロール化された。輸出の方はインド空軍が当時量産化が遅れていたSu-30MKIの代用機として運用しただけで、他の国からの発注はきていない。そのインドのSu-30KもSu-30MKIが定数に達してきた事から、今後はベラルーシに輸出される事になっている。

su30.jpg

Su-30Kフランカー
Photo:USAF

Su-30KN Flanker:

Su-30Kのアビオニクスを改良したアップグレード機。
新たに追加されたものとして空対艦攻撃能力が備わっている。今後ベラルーシがインドからSu-30Kを輸入し同型に改修させる予定である。

Su-30KN 2.jpg

Su-30KNフランカー
Photo:Deutsche Suchoj

Su-30KM Flanker:

既存のロシア空軍に在籍するSu-27UBやSu-30に対して、アビオニクスの改良を行った機体。
しかし、現在本当に改修されているかは不明である。

Su-30KI Flanker:

複座であるSu-30Kの性能を単座型に取り入れた型。
Su-30シリーズ唯一の単座型である。元々はインドネシア用にに開発されたものだったが、同国の経済や政治事情により納入が大きく遅れた。性能としては引き込み式空中給油プローブを装備し空中給油能力が追加された他に、全地球測位装置AA-12アッダー中射程空対空ミサイル・各種空対地ミサイルの運用能力も追加された。

Su-30KN.jpg

Su-30KIフランカー
Photo:Russia Air Force

Su-30Mフランカー系

Su-30M Flanker F variant 2:

Su-30の発展型。
Su-30に空対艦攻撃能力・空対地攻撃能力を追加、更にグラスコックピットを取り入れたマルチロールファイター型。Su-30Kとの違いは空対艦攻撃能力面が有るか無いかの違いらしいが詳しい事はよく分かっていない。なお、ロシア空軍が少数運用していると言う不特定情報もある。

Su-30M.jpg

Su-30Mフランカー
Photo:Sukhoi

Su-30MK Flanker:

Su-30Mの発展型。
先尾翼が追加されエンジンも新型に換装されている。Su-30MKの謎としてロシアでのデモ機には先尾翼が付いているのに、輸出した機体には付いていない事があげられているが、その理由は未だよく分かっていない。輸出の方は2005年にインドネシアが2機納入している(今後も増える予定)。同国では国内に潜伏する反政府ゲリラへの対地攻撃を目的として導入された。

Su-30MK.jpg

Su-30MKフランカー
Photo:Sukhoi

Su-30MKI Flanker H:

Su-30MKの発展型の1つ。
2006年度現在、量産化されているフランカーシリーズでは空対空・空対地・空対艦の全てを含めて最も戦闘能力が高いと言われている。細かな内容としてはSu-37の推力変向ノズル付きエンジンAL-31Fを改良したAL-31FPを搭載し、電子機器面・レーダー面(Zhuk-PH N011フェイズドアレイレーダー)も強化された。初期はロシアからの輸入だったか、現在はライセンス生産が可能となりインドでの量産化が開始されている。なお、最終的には約140機を生産する予定である。

Su-30MKI.jpg

Su-30MKIフランカー
Photo:Sukhoi

Su-30MKK Flanker G:

Su-30MKの発展型の1つ。
中国空軍向けに開発された機体で中国名は殲撃13/J-13と呼ぶ。性能としてはSu-30MKIよりも低く、具体的なものとしては推力偏向システムや空対艦攻撃能力の削除が挙げられる。こういった能力を落とした理由に「ロシアが将来的に中国を軍事的脅威としている」というのが有力な説である。しかし、幾ら性能が低いといっても中国空軍内においては最も高性能な機体である。なお、初期生産型と後期生産型では搭載レーダーが違う。

Su-30MKK.jpg

Su-30MKKフランカー
Photo:Sukhoi

Su-30MKK2 Flanker:

Su-30MKKの発展型。
中国海軍向けに開発された機体で、旧式化していた強撃5/Q-5の後継として導入された。ただ、未だに情報が曖昧で実戦配備されているかはよく分かっていない。Su-30MKKの基本性能に加え、新たに偵察ポットや誘導爆弾の運用が追加された事によりマルチロールファイター化が進んでいる。

Su-30MKK3 Flanker:

Su-30MKK2の発展型。
搭載レーダー(ジュークMSEマルチモードレーダー)が強化され、空対艦攻撃能力(Kh-31等)が追加された。その他の具体的な性能は不明で、更にいつ中国海軍に納入されるかもよく分かっていない。

Su-30MKM(又はSu-30MK2)Flanker:

Su-30MKの発展型の1つ。
マレーシア向けに開発された機体だが、フランカーシリーズの中では異色の西側機器を多数搭載した機体で東西の融合がなされている。ちなみにSu-30MKIでも西側機器が搭載されたが、それでもごく一部でだった。性能としてはインド仕様であるSu-30MKIと同等と言われ、武装面においても不確定情報だがフランス製MICA短・中射程空対空ミサイルを運用出来ると言われている。代金支払いの一部を椰子油の援助によってまかなわれているらしいが詳しい事はよく分かっていない。なお、元々マレーシアという西側寄りの国が採用を決定した為か、2005年12月にタイもF-16の後継機としてSu-30MKMの導入を決定した。

Su-30MKV(又はSu-30MK2V)Flanker:

Su-30MKの発展型の1つ。
ベトナム向けに開発された機体だが、詳しい事は全く分かっていない。

Su-32フランカー系

Su-32(旧名:Su-27IB Flanker Su-34 Flanker)Flanker:

Su-27の並列複座型。 名称は初めSu-27IBだったが1994年にSu-34に改名、その後2000年にSu-32を最終的な名前という事でまとまった。名前の方はフランカーの他に一部ではプラティパスとも呼ばれている。並列複座を採用した為(Su-24フェンサーと関係が有ると思われる)前部が再設計されそれによりレーダーや電子機器を強化、AA-12アッダー中射程空対空ミサイル・誘導爆弾・空対艦ミサイル・空対地ミサイル等が運用可能となりマルチロールファイター化されている。当初は試作機で終わると思われていた同機だったが、2006年にロシア空軍がSu-24フェンサーの後継機として正式採用を決定し2015年迄に58機が量産される予定である。

Su-32.jpg

Su-32フランカー
Photo:Sukhoi

Su-32FN Flanker:

Su-32の発展型。
ロシア海軍用に開発された沿岸哨戒任務用の機体である。現在の戦闘攻撃機としては異例の対潜魚雷運用能力等が付与され、対潜哨戒攻撃能力を持っている。ロシア空軍がSu-24フェンサーの後継としてSu-32を採用した事から、このSu-32FNもロシア海軍が保有するSu-24フェンサーの後継として採用される可能性は高い。

Su-32FN.jpg

Su-32FNフランカー
Photo:Sukhoi

Su-33フランカー系

Su-33(旧:Su-27K Flanker)Flanker D:

Su-27フランカーの艦載型。
名称は初めSu-27Kだったが1988年にSu-33と言う名前となった。名前の方はフランカーの他に一部ではシーフランカーとも呼ばれている。先尾翼アレスティングフック・ダブルスロッテットフラップ・強化型離着装置等を装備し、ロシア製航空機としては唯一のKh-41空対艦ミサイルを運用する事が出来る。だがこのKh-41については不明な点が多く運用は不可能と言う意見が多い。現在では約50機がロシア海軍で運用されており、今後の展開においては量産化が進む可能性が高い。ちなみに、現在空母の保有を目標としている中国もこのSu-33に興味を示している。

Su-33.jpg

Su-33フランカー
Photo:Sukhoi

Su-33UB(旧名:Su-27KUB Flanker)Flanker:

Su-33の複座型。
Su-25UTGフローグフット艦載練習機の後継機。並列複座コックピット・強化型主降着装置以外Su-33と能力は変わらない。現在は財政上の理由で開発は余り進んでないと思われるが、いずれ量産化される事は間違いない。

Su-27KUB.jpg

Su-27KUBフランカー
Photo:Sukhoi

Su-33能力向上型 Flanker:

1999年にスホーイ設計局が開発したと言われる能力向上型。
現実存在するかは不明。不確定情報によるとコックピットやアビオニクス等全て改修され、AA-12・AS-14・AS-18・KAB-500・KAB-1500等の運用が可能なマルチロールファイターになっている。

Su-33M Flanker:

Su-33のレーダー・エンジン改修型。
一説によれば設計段階で中止になっていると言う。

Su-33MK Flanker:

Su-33の能力向上型。
詳しい事は不明。

Su-35スーパーフランカー系

Su-35(旧:Su-27M)Flanker E variant 1:

Su-27の後継機として開発された型。 名前はフランカーと言うのが本当の実名で、スーパーフランカーと言うのは正式な名前では無い。ちなみにSu-32プラティパスやSu-33シーフランカー・Su-37ターミネーターも同様である。複合材の導入により機体が軽量化され先尾翼・新型エンジン・新型レーダー・サイドスティク等が装備され、より近代的なフランカーとなっている。現在の所ロシア軍からの発注は、ロシアンナイツの機種変換を目的とした6機のみ。他にはブラジルが次世代戦闘機案にSu-35を候補にいれているが、ミラージュ2000との競争で破れている。

Su-35.jpg

Su-35スーパーフランカー
Photo:Sukhoi

Su-35UB Flanker:

Su-35の複座型。
基本的な性能は単座と変わらない。

Su-35UB.jpg

Su-35UBスーパーフランカー
Photo:Deutsche Suchoj

Su-35BM Flanker:

Su-27SKMに準じた派生型。

Su-37スーパーフランカー系

Su-37 Flanker E variant 2:

Su-35にAL-31Fエンジンを搭載した型。

Su-37 1.jpg

Su-37
Photo:Deutsche Suchoj HP

Su-37K:

Su-37の輸出型。計画のみ。

Su-37KK:

Su-37のアビオニクス強化型で、計画のみ。

Su-54フランカー系

Su-54(S-54/55)

ロシア版JSFといわれるもの。
現在開発が進んでいるのかは不明。



関連:殲撃11 殲撃13


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS