【SS-N-19】(えすえすえぬじゅうきゅう)

P-700 Granit
NATOコード:SS-N-19 Shipwreck

SS-N-12の後継として1970年代前半に開発され、1980年ごろに配備されたソ連製の世界最大級の巨大艦対艦ミサイル
射程は550km、推進装置はターボジェットで速度は時速1600km、発射重量は6980kg、弾頭は750kgHEもしくは500kt核弾頭が装備可能、と西側の代表艦対艦ミサイルであるハープーンエグゾゼ?と比較すればまさにモンスター級だ。
誘導方式は、中間誘導慣性誘導?終端誘導アクティブレーダー誘導
だが、特徴的なのは相互データリンク装置が装備されていることである。複数のミサイルが同時発射された場合データリンクによって1基が探査役として高高度を飛行し、残りは探知を避けるため低空を飛行する。探査役のミサイルが撃墜された場合低空飛行している1基が新たな探査役となる。
搭載艦艇はアドミラル・クズネツォフ?級空母(VLS12基)、キーロフ級原子力ミサイル重巡洋艦(傾斜VLS20基)、オスカー?/教蘋水艦(水中発射舷側傾斜発射管24基)。

攻撃目標は米空母で同時多方向飽和攻撃することを意図していた。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS