【SS-N-12】(えすえすえぬじゅうに)

ロシア名:П-500«Базальт»(P-500 Bazalt:ロシア語で玄武岩の意)
NATOコード:SS-N-12 Sandbox(サンドボックス)
1960年代中頃に開発され、旧式したP-5「ピャチョールカ」(SS-N-3「シャドック」)?の後継として開発されたソ連製の大型艦対艦巡航ミサイル
開発は1963年にスタートし、1969年に試作型が完成し、翌年に試射を実施。1974年に制式採用された。

射程は550km、速度はマッハ2.2、発射重量は4,800kg、弾頭は1,000kgのHEもしくは350ktの核弾頭が装備可能である。
誘導方式は指令更新付きの慣性誘導*1終端誘導にはアクティブレーダー誘導が採用されている。
基本的に対艦用だがロシア国防省によると地上攻撃も可能との事。

搭載艦艇は改キエフ級空母(12基)・スラヴァ級ミサイル巡洋艦(16基)・エコー教?原子力潜水艦?(675MK/675MU改装型。ランチャー8基)・ジュエリット級(プロジェクト651型)巡航ミサイル潜水艦?(発射管4基)である。

スペックデータ

種類長距離艦対艦巡航ミサイル
設計チェメロイ設計局
開発年1963年
配備年1975年
全長11.7m
直径88cm
翼幅2.6m
発射重量4,800kg
射程550km(OTH目標)
速度マッハ2.2
推進方式ターボジェット+固体推進ロケットモーター
エンジンKR-17-300ターボジェット
ペイロード1,000kg(単弾頭)
弾頭HE(1,000kg)または核弾頭(350kT)
誘導方式指令更新付慣性誘導/アクティブレーダー誘導
配備数約400基

派生型

  • P-1000「ヴルカン」:P-500の射程を延伸した改良型。
    装甲板を廃止し、内部にチタン合金を採用、制御ノズルを改良するなどの改良が施されている。

*1 中間軌道修正にはTu-95DKa-25BKa-27Bを用いる。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS