• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(えすえいちさんじゅうよん){【SH-34】}; [#f770b480]
Sikorsky HSS-1 &ruby(シーバット){Sea Bat};/HUS-1 &ruby(シーホース){Sea Horse};/SH-34/UH-34/CH-34 &ruby(チョクトー){Choctaw};~
Sikorsky HSS-1 "&ruby(シーバット){Sea Bat};"~
HUS-1 "&ruby(シーホース){Sea Horse};"/SH-34/UH-34/CH-34 "&ruby(チョクトー){Choctaw};((北米インディアンの部族名。))"~
~
アメリカの[[シコルスキー>シコルスキー・エアクラフト]]社が開発した汎用/[[対潜ヘリコプター]]。社内呼称S-58。~
~
[[米海軍>アメリカ海軍]]の要求により1952年から開発を開始し、1954年に試作機が[[初飛行]]。1955年に配備が開始された。~
1962年には4軍統一の[[機体命名法]]により「SH/UH/CH-34」へ改称されている。~
~
S-55(UH-19「チカソー」/ホワールウィンド)の機体を大型化し、エンジン出力も増大して実用性を高めた機体で、S-55と同様に[[エンジン]]を後ろ斜め上向きにして機首に搭載し、キャビン上部に独立した操縦席を持つスタイルとなっている。~
そのため、[[メインローター]]駆動軸が機内を斜めに貫く独特の配置となっている。~
S-55(UH-19「チカソー」/ホワールウィンド)を設計母体とした上で、大型化・[[エンジン]]出力増加を企図している。~
S-55と同様に[[エンジン]]を後ろ斜め上向きにして機首に搭載し、[[メインローター]]駆動軸が機内を斜めに貫く独特の配置となっている。~
~
ローンチカスタマーである[[アメリカ軍]]([[陸>アメリカ陸軍]]/[[海>アメリカ海軍]]/[[空軍>アメリカ空軍]]・[[海兵隊>アメリカ海兵隊]])や[[沿岸警備隊>アメリカ沿岸警備隊]]の他、多くの西側国家にも採用され、イギリスでは[[ウェストランド>アグスタウェストランド]]社によって「ウェセックス」の名称で[[ライセンス生産]]され、[[フォークランド紛争]]にも投入された。~
アメリカ合衆国の4軍([[陸軍>アメリカ陸軍]]・[[海軍>アメリカ海軍]]・[[空軍>アメリカ空軍]]・[[海兵隊>アメリカ海兵隊]])と[[沿岸警備隊>アメリカ沿岸警備隊]]の全てで採用された。~
加えて、旧西側諸国へと盛んに輸出・[[ライセンス認可>ライセンス生産]]されている。~
~
日本では[[三菱重工業]]で[[ノックダウン生産]]され、[[海上自衛隊]]に([[アメリカ海軍]]での当初の型式名でもある)「HSS-1」の名称で採用された。~
また、[[海上保安庁]]でも南極観測船「[[宗谷>宗谷(巡視船)]]」の搭載機として用いられ、昭和基地との間で資材・観測隊員の輸送にあたっていた。~
~
[[タービン>ターボシャフト]]搭載の後継機・[[HSS-2(S-61)>SH-3]]の配備でアメリカやイギリス、日本の機体(([[海上保安庁]]で使用された機体([[機体記号]]:JA7201)が国立科学博物館・筑波研究施設で保存されているが非公開である。))は退役したが、中南米や東南アジア諸国では、アメリカ軍の中古機や民間型に延命措置を施した上で導入しており、21世紀に入っても現役で使用されている。~
後継機(海軍では[[HSS-2(S-61)>SH-3]]、陸軍では[[UH-1]]など)の配備に伴い、主要先進国においては退役済み。~
しかし中南米や東南アジアには未だ現役が続いている国もあり、延命措置を施されながらも稼働が続いている。

**スペックデータ [#x5c20110]
|>|CENTER:''HSS-1''|
|乗員|2名|
|搭載能力|兵員16名または担架8基|
|全長|17.28m|
|全高|4.85m|
|主ローター直径|17.07m|
|[[主ローター>メインローター]]直径|17.07m|
|空虚重量|3,583kg|
|全備重量|5,900kg|
|最大離陸重量|6,350kg|
|エンジン|ライト R-1820「サイクロン」[[空冷>空冷エンジン]]星型9気筒×1基|
|[[エンジン]]|ライト R-1820-84「サイクロン9」[[空冷>空冷エンジン]]星型9気筒×1基|
|エンジン出力|1,525hp(1,137kW)|
|速度&br;(超過禁止/[[巡航>巡航速度]])|198km/h / 157km/h|
|[[航続距離]]|293km|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|1,495m|
|武装|[[対潜魚雷]]、[[対艦ミサイル]]、[[ロケット弾]][[ポッド]]、[[ガンポッド]]などを搭載可能|
~
|>|CENTER:''H-34「チョクトー」''|
|乗員|2名|
|搭載能力|兵員:12名(H-34A)/18名(H-34C)&br;または担架8床|
|全長|17.28m|
|全高|4.85m|
|[[主ローター>メインローター]]直径|17.07m|
|円板面積|228.85|
|空虚重量|3,583kg|
|全備重量|5,900kg|
|最大離陸重量|6,350kg|
|[[エンジン]]|ライト R-1820-84「サイクロン9」[[空冷>空冷エンジン]]星型9気筒×1基|
|エンジン出力|1,525hp(1,137kW)|
|最高速度|278km/h|
|[[巡航速度]]|157km/h|
|[[航続距離]]|293km|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|1,495m|
|武装|[[M60 7.62mm機関銃>M60(機関銃)]]、Mk.4 FEAR 2.75インチ[[ロケット弾]][[ポッド]]、&br;[[ガンポッド]]などを搭載可能|
~
|>|CENTER:''ウェセックスHC.2''|
|乗員|2名|
|搭載能力|兵員16名または担架8基|
|全長|14.74m|
|全高|4.93m|
|全幅|3.66m|
|主ローター直径|17.07m|
|円板面積|228.8|
|空虚重量|3,783kg|
|全備重量|6,123kg|
|[[エンジン]]|[[ロールス・ロイス]]・[[ブリストル]] [[グノームMk.110/111>グノーム]][[ターボシャフト]]×1基|
|エンジン出力|1,550shp(1,160kW)|
|機体内燃料搭載量|1,100kg|
|超過禁止速度|M0.17(212km/h)|
|[[巡航速度]]|M0.16(195km/h)|
|海面[[上昇率]]|8.4m/s|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|3,700m|
|[[ホバリング]]限界|1,200m(OGE)|
|[[航続距離]]|550km(標準[[燃料]])、770km([[増槽]]使用)|
|武装|誘導[[魚雷]]×2発&br;SS.11[[対戦車ミサイル]]×4発&br;[[ロケット弾]][[ポッド]]×2基&br;[[ガンポッド]]など|
~
**SH-34(S-58)のバリエーション(カッコ内は改称後の名称) [#m5ae8e52]
-XHSS-1:~
-XHSS-1「シーバット」:~
原型機。~
~
-HSS-1(SH-34G):~
--HSS-1「シーバット」(SH-34G):~
アメリカ海軍の対潜哨戒機型。日本の海上自衛隊も採用。~
~
-HSS-1N(SH-34J):~
--HSS-1F(SH-34H):~
YT-58-GEを2基搭載したエンジンテストベッド機。~
~
--YHSS-1N(YSH-34J):~
全天候型のプロトタイプ。~
~
--HSS-1N(SH-34J):~
アメリカ海軍向け全天候型。~
改良された[[アビオニクス]]と操縦装置を持つ。~
~
-HUS-1(UH-34D):~
-HUS-1「シーホース」(UH-34D):~
アメリカ海兵隊向けの機体。~
~
-S-58:~
社内名称。民間向けもこの呼称(他国のライセンス生産あり)~
--HUS-1A(UH-34E):~
フロートを装備した水陸両用型。~
~
-S-58T:~
エンジンを[[P&Wカナダ>プラット&ホイットニー]] PT6Tに転換した機体。~
--HUS-1G(HH-34F):~
[[アメリカ沿岸警備隊]]向け捜索救難型。~
~
--HUS-1L(LH-34D):~
極地運用型。アメリカ海軍第6南極開発隊(VXE-6)で運用された。~
~
--HUS-1Z(VH-34D):~
要人輸送型。~
~
-H-34A(CH-34A):~
エンジンをライトR1820に転換したアメリカ陸軍向けの機体。~
エンジンを[[ライト>カーチス・ライト]][[R-1820-34>R-1820]](出力1,525hp)に転換したアメリカ陸軍向けの機体。~
~
--JH-34A:~
A型の武装テストベッド型。~
~
--VH-34A:~
A型の要人輸送型。~
~
-H-34B(CH-34B):~
A型の改良型。~
~
-H-34C(CH-34C):~
B型の改良型。~
~
--JH-34C:~
C型の武装テストベッド型。~
~
--VH-34C:~
C型の要人輸送型。~
~
-HH-34D:~
アメリカ空軍予備隊の捜索救難ヘリコプター型。~
~
-CH-126:~
カナダ軍向けS-58B。~
~
-S-58A:~
社内名称。民間向けもこの呼称(他国のライセンス生産あり)。~
~
--S-58B:~
民間向け貨物輸送型の改良型。~
~
--S-58C:~
商業向け旅客機型。~
~
--S-58D:~
民間向け旅客/貨物機型。~
~
--S-58E:~
1971年に認証された型。~
~
--S-58F:~
S-58Bの最大離陸重量を増加させた型。~
~
--S-58G:~
S-58Cの最大離陸重量を増加させた型。~
~
--S-58H:~
S-58Dの最大離陸重量を増加させた型。~
~
--S-58J:~
S-58Eの最大離陸重量を増加させた型。~
~
--S-58T:~
エンジンを[[P&Wカナダ>プラット&ホイットニー]] PT6T-3[[ターボシャフト]]に転換した機体。~
~
---S-58BT:~
S-58Bのターボシャフト転換型。~
~
---S-58DT:~
S-58Dのターボシャフト転換型。~
~
---S-58ET:~
S-58Eのターボシャフト転換型。~
~
---S-58FT:~
S-58Fのターボシャフト転換型。~
~
---S-58HT:~
S-58Hのターボシャフト転換型。~
~
---S-58JT:~
S-58Jのターボシャフト転換型。~
~
-Orlando Heli-Camper:~
Winnebago IndustriesおよびOrlando Helicopterによるコンバージョンモデル。~
ライトR-1820-24エンジンを搭載。~
~
-Orlando Airliner:~
18人乗りの旅客輸送ヘリコプター型。~
~
-''ウェストランド製(ウェストランド・ウェセックス)''
--WESSEX:~
--Wessex:~
輸入したHSS-1原型およびウェストランド製原型機の呼称。~
~
--WESSEX HAS.Mk1:~
[[英空軍>RAF]]向け機体。エンジンはガゼルMk.161に換装。~
--Wessex HAS.1:~
英海軍向け汎用/対潜ヘリコプター型(後に捜索救難ヘリコプターとして使用)。~
エンジンはガゼルMk.161に換装。~
一部は、後にHAS.3に改修。~
~
--WESSEX HC.Mk2:~
英空軍向け機体。~
--Wessex HC.2:~
[[英空軍>RAF]]向け機体。最大16名の兵員を輸送可能。~
エンジンはロールス・ロイス・ブリストル グノームMk.110/111[[ターボシャフト]]を搭載。~
~
--WESSEX HAS.Mk3:~
--Wessex HAR.2:~
英空軍向け捜索救難型。~
~
--Wessex HAS.3:~
Mk.1の近代化改修型。エンジン出力の強化とレーダーを搭載。~
後部胴体に[[レドーム]]を備えている。~
~
--WESSEX HU.Mk5:~
--Wessex HCC.4:~
英空軍向け要人輸送型。~
~
--Wessex HU.5:~
Mk.2の改良型で英海軍向け強襲・輸送型。~
~
--WESSEX series60:~
民間向けモデルの呼称。~
--Wessex HAS.31:~
オーストラリア海軍向け対潜ヘリコプター型。~
~
--Wessex HAS.31B:~
HAS.31の改良型。~
~
--Wessex 52:~
イラク空軍向けのHC.2。~
~
--Wessex 53:~
ガーナ空軍向けのHC.2。~
~
--Wessex 54:~
ブルネイ空軍向けのHC.2。~
~
--Wessex 60:~
民間向けHC.2の呼称。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS