【SA-21】(えすえーにじゅういち)

現在ロシアが開発中の最新鋭長距離地対空ミサイル
NATOコードは「SA-21グロウラー」、ロシアでは「S-400 トライアンフ」と呼ばれている。
このSA-21は最新鋭の地対空ミサイルにあるため情報は少なく、性能などは殆ど分かっていない。
しかし、2003年のMAKSで初めて公開され、一部のスペック情報が一般に発表された。

その公開されたものはミサイルと発射機で、発射機は5P85TE2と呼ばれ、1両に3種類のミサイル(合計6発)が搭載されており、既存のS-300システム用各種ミサイルと新規開発ミサイルを組み合わせて運用可能である。

使用するミサイルは短〜中距離用にFakelDesignBureau?社が開発した重量333圈⊆幼40km、単段式固体燃料ロケット方式の9M96Eと重量420圈⊆幼120kmの9M96Eの能力向上型である9M96E2で、9M96・9M96E2とも、弾頭はHE 爆風破砕弾頭(24圈砲鮖藩僂垢襦

中〜長距離用は48N6系列の最新型である48N6DMを使用するが、スペックや外見などは公開されていないため不明である。

長距離〜超長距離用は、現在開発中の40N6を使用し、射程400km、セミアクティヴ&アクティヴ・ホーミング・デュアル・モード・シーカやデータリンクシステムを採用し、射程3,500km、秒速4.8kmまでの中距離弾道ミサイルの迎撃が可能とのこと。

この40N6については最大高度30,000mまで到達でき、ステルス機、航空機ヘリコプター巡航ミサイル弾道ミサイル等あらゆるものに対処でき、相手が回避機動をしても99.1% の確率で撃墜出来ると言うが、現実的に見てこのようなスペックが実現できるかどうかは疑わしい。

レーダー車にはそれぞれMZKT-7930重トラックが使用され、92N2E「グレイヴストーン」・96L6「チーズボード」と呼ばれるフェイズドアレイレーダーが搭載されている。
肝心のスペック等はわかっていないが、外見の見た感じでは、かなり大型のフェイズドアレイレーダーである事が分かる。
現在SA-21については2005年から数基がモスクワに配備されている。

なお、ロシアはSA-21の他にも長・中射程地対空ミサイルを2種類開発中と言われている。名前はVityaz(SA-11ガドフライSA-17グリズリーの後継)とS-300VM「Antey-2500(SA-12グラディエーター/ジャイアントの改良型)(SA-X-23)」だが、詳しい性能については不明である。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS