• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(えすえーじゅうはち){【SA-18】}; [#sdeb4b31]
旧ソ連が開発した、東側では最新の[[個人携帯式地対空ミサイル>地対空ミサイル]]。~
[[NATOコード]]では「SA-18グロウズ」と言い、ロシアでは「9M38 イグラー」と言う。開発時期は不明だが、1983年には量産化が開始された。~
旧ソ連がストレラシリーズ([[SA-7]]/[[SA-9]]/[[SA-14]])の後継として開発した、東側では最新の[[個人携帯式地対空ミサイル>地対空ミサイル]]。~
[[NATOコード]]ではSA-18「グローズ」、ロシアでは9M38「イグラー」と呼ばれる。~
1972年からコロムナ設計局で開発が始まり、1981年には量産化が開始された。~
誘導方式は[[オールアスペクト発射能力]]を持つ[[赤外線誘導]]。ジャマー対策に目視照準機も付属されている。

SA-18は前作の[[SA-16ギムレット>SA-16]][[個人携帯式地対空ミサイル>地対空ミサイル]]と殆ど同じで、現在分かってる唯一の相違点は、外面の[[シーカー]]ドームの前に1本のエアロダイナミックスパイクという細い棒がついていることだけあり、内面的な性能の違いはよく分かっていない。しかし、一部では射程が5.2劼某びたと言う不特定情報がある。~
[[SA-14]]と比べると、~
-シーカーの感度向上:従来使用されてきた硫化鉛(PbS)に加えてアンチモン化インジウム(InSb)素子を導入~
-[[IFF>敵味方識別装置]]システムの改良による同士討ちの防止~
-照準行程の自動化による応答時間短縮~
-[[ロケットモーター>ロケットエンジン]]の大型化と誘導装置の改良による射程の延伸~
が図られている。~

さらに[[ヘリコプター]]用の[[短射程空対空ミサイル>空対空ミサイル]]として[[Mi-24ハインド>Mi-24]]・[[Mi-28ハボック>Mi-28]]への搭載(形式は不明)が確認され、海軍型(SA-N-10)も開発された。
輸出の方もCIS諸国に輸出された事以外良く分かってなく、今だ謎の多いミサイルの1つでもある。~

輸出の方もCIS諸国などに輸出された。~
**SA-18グロウズの主な種類。 [#g3b24169]

-9M38(SA-18):量産型。

-SA-N-10:[[艦対空ミサイル]]型。

**スペックデータ [#t3c5b7d8]
SA-18グロウズ~
全長 1.7m~
直径 7.2cm~
羽翼 不明~
弾頭 1kgHE~
最大速度 不明~
最大高度 3,500m~
射程 5.2~
G限界 不明~
全長:1.574m~
直径:7.2cm~
羽翼:不明~
重量:10.8kg~
弾頭:高性能炸薬弾頭(1.17kg)~
信管:近接または直撃~
推進方式:固体燃料ロケットモーター~
最大速度:マッハ2.3~
最大高度:3,500m~
有効射程:5.2km~
最大射高:3.5km~
誘導方式:2波長光波誘導~
G限界:不明~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS