【SA-14】(えすえーじゅうよん)

旧ソ連がSA-7グレイルの後継として開発した、新型の個人携帯式地対空ミサイル
NATOコードでは「SA-14グレムリン」と言い、ロシアでは「9K36ストレラ3」と言う。

前作SA-7は誘導方式の問題などで「目標の後方からしか発射出来ない」「低空を飛行するヘリコプターやレシプロ機に対しては命中率が低下する」「晴天時、シーカー角度が20度範囲内に太陽があると太陽を追跡対象と判断してしまう」*1等の問題が多数発生し、大量生産はされたものの命中率は殆ど無く信頼出来る兵器では無かった。
そこで、直ぐにこれらの問題をクリアーした新型個人携帯式地対空ミサイルの開発が1970年から始まった。
設計はKolomna設計局で開発時間短縮のために外見のベースはSA-7と同じものを使用、赤外線シーカーは新型に取替え(これによりオールアスペクト発射能力が可能。)追加装備として9P51熱電池が取り入れられている。ミサイルの方はSA-7の約2倍の炸薬を装填し破壊力の強化を図った。その他推進装置(4.5kmと最大射程が延びた)等多くの部分を改良したためか、1978年にSA-14として完成した時にはSA-7よりかなり重いものとなってしまった。現在の所、ロシア軍ではSA-16ギムレットSA-18グロウズに機種変換されている。

量産開始後は旧ソ連の他キューバ、キルギスタン、グルジア、シリア、スロバキア、セルビア、タジキスタン、チェコ、ドイツ、トルクメニスタン、ニカラグア、ハンガリー、フィンランド、ブルガリア、ベラルーシ、ペルー、ポーランド、南アフリカ、モルドバ、ヨルダン、アルメニア、アンゴラ、インド、ウクライナ、ウズベキスタン、エルサルバドル、カザフスタン、北朝鮮等に輸出され多くの実戦で使用された。
なお国以外にもゲリラや反政府組織等にも裏ルートで供給されているらしい。

SA-14グレムリン
全長 1.5m
直径 7.2cm
羽翼 30cm
弾頭 1kgHE
最大速度 不明
最大高度 5,500m
射程 4.5
G限界 不明

関連:SA-7 SA-16 SA-18


*1 また水平発射した場合、太陽光で温度が上がっている岩肌などにも反応してしまう

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS