• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(えすえーじゅうに){【SA-12】}; [#l9993927]
現在[[ロシア軍]]で使用されている、最新式の[[長距離地対空ミサイル>地対空ミサイル]]。~
[[NATOコード]]では「SA-12A/B グラディエーター/ジャイアント」と呼ばれるが、ロシアでは「S-300V」と呼ばれている。~
[[NATOコード]]ではSA-12A/B「グラディエーター/ジャイアント」、ロシアではS-300V「アンティ300(ミサイルと発射機を含むシステム全体の形式名は『9K31』)」と呼ばれている。~
1970年代に開発が始まり、1980年代半ばから実戦配備された。~
1980年代前半にアメリカが開発・配備したMGM-31「パーシングII」準中距離[[弾道ミサイル]]を迎撃するために開発されたという。~

車両構成は[[SA-10グランブル>SA-10]]と殆ど同じで、一部[[レーダー]]搭載車や発射機に違いがある。~
レーダー搭載車の方は2種類の車両を使用しそのため索敵距離が長くなったらしいが、
詳しい事は不明。~
発射機はウラル375トラックで牽引される5P85Tトレーラタイプから、[[T-80]]戦車と同型のシャーシを利用した自走式・無限軌道型の9A83・9A82自走発射機に変わった事で、弾体が大型化されたSA-12でも自力での走行が可能となった。~
1980年代前半にアメリカが開発し、西ヨーロッパに配備していた[[MGM-31「パーシングII」>MGM-31]][[準中距離弾道ミサイル>弾道ミサイル]]を迎撃するために開発されたという。~
~
車両構成は[[S-300(SA-10「グランブル」)>SA-10]]と殆ど同じで、一部[[レーダー]]搭載車や発射機に違いがある。~
レーダー搭載車の方は2種類の車両を使用しそのため索敵距離が長くなったらしいが、詳しい事は不明。~
発射機はウラル375トラックで牽引される5P85T牽引式発射機や[[スカッドBミサイル>SS-1]]用のMAZ-543トラックを改造した5P85S自走発射機から、[[T-80]]戦車と同型のシャーシを利用した[[無限軌道]]型の9A82/9A83自走発射機に変わった事で、弾体が大型化されたSA-12でも自力での走行が可能となった。~
9A83には9M83が4連装、9A82には9M82が2連装で搭載される。~
~
9A83には[[ミサイル]](9M83グラディエーター)を4発搭載する事ができ、高度25,000mまで到達出来る点は初期バージョンの[[S-300P>SA-10]]と同じだが、最大射程は75kmと延びている。~
9A83には[[ミサイル]](9M83「グラディエーター」)を4発搭載する事ができ、高度25,000mまで到達出来る点は初期バージョンの[[S-300P>SA-10]]と同じだが、最大射程は75kmと延びている。~
輸送の際は水平姿勢で、発射時は垂直状態になり、[[コールドローンチ]]方式で発射される。~
誘導方式は[[慣性誘導]]・[[セミアクティブレーダーホーミング>セミアクティブレーダー誘導]]で、[[航空機]]・[[ヘリコプター]]・[[無人機]]・[[巡航ミサイル]]等、あらゆる飛翔物に対応可能である。~
スペック上では戦術[[弾道ミサイル]]も[[撃墜]]可能となっているが、索敵距離などが不明なためよく分かっていない。~
9A82には[[ミサイル]](9M82ジャイアント)を2発搭載することが出来、最大有効射程は100km、最大有効射高は30,000mである。~
これも詳しい事は分かっていないが、短・中距離[[弾道ミサイル]]および[[巡航ミサイル]]の迎撃用といわれている。~
誘導方式は[[慣性誘導>慣性航法装置]]・[[セミアクティブレーダーホーミング>セミアクティブレーダー誘導]]で、[[航空機]]・[[ヘリコプター]]・[[無人機]]・[[巡航ミサイル]]等、あらゆる飛翔物に対応可能である。~
また、S-300Pでは限定的だった弾道ミサイル対応能力が付与された事で、本ミサイルは弾道ミサイル迎撃を目的とした本格的なMDシステムとなっている。~
しかし、索敵距離などは不明なためよく分かっていない。~
~
9A82には[[ミサイル]](9M82「ジャイアント」)を2発搭載することが出来、最大有効射程は100km、最大有効射高は30,000mである。~
これも詳しい事は分かっていないが、9M82は中距離弾道ミサイル用、9M83は短・準中距離[[弾道ミサイル]]および[[巡航ミサイル]]の迎撃用といわれている。~
~
戦闘時は9M83搭載車両1両、9M82搭載車両1両の計2両([[ミサイル]]計6発)で常にペアを組んで行動する。~
~
一応ロシアの最新式ミサイルであるため、輸出はかなり限定されており、現在では中国とインドから輸出用ダウングレード型のS-300VM(アンテイ2500)の発注を受けている。~
現在では、新型の[[SA-21「グロウラー」(S-400「トライアンフ」)>SA-21]]が配備中であるが、まだ数年はかかりそうである。~

一応ロシアの最新式なので輸出はかなり限定され、現在では中国とインドから輸出用ダウングレード型のS-300VM(アンテイ2000)の発注を受けている。~
現在では、新型の[[SA-20トライアンフ>SA-20]]が配備中であるが、まだ数年はかかりそうである。~

S-300Vの紹介動画~
#youtube(qTit6Vh2XT4&feature=related); 


**SA-12グラディエーター/ジャイアントの主な種類。 [#k589ef3a]

-S-300V(SA-12A/B):[[ロシア軍]]使用の型。

-S-300VM(アンテイ2000):輸出用ダウングレード型で、多少のスペックは落ちていると思われる。

-S-300?(アンティ2500):S-200の最新型で現在も開発中、最大射程は200kmと言われている。

-HQ-18:中国の[[ライセンス生産]]型、詳しくは[[HQ-18]]を参照。

~
#ref(SA-12.jpg)

photo:Ukraine Department of Defense

Photo:[[SA-10]] [[SA-20]]、
Photo:[[SA-10]] [[SA-20]]

**スペックデータ [#g9251fe6]
|全長|6.1m(9M82)&br;4.7m(9M83)|
|直径|85cm(9M82)&br;50cm(9M83)|
|発射重量|1,500kg(9M82)&br;1,000kg(9M83)|
|射程|13-100km(9M82)&br;6-75km(9M83)|
|速度|2,400m/sec(9M82)&br;1,700m/sec(9M83)|
|飛行高度|1,000-30,000m(9M82)&br;20-25,000m(9M83)|
|推進方式|固体推進[[ロケットモーター>ロケットエンジン]]|
|弾頭|コントロールされた爆破弾頭(150kg)|
|誘導方式|[[慣性>慣性航法装置]]/[[セミアクティブホーミング>セミアクティブレーダー誘導]]|
**主な種類 [#k589ef3a]
-S-300V(9K38/アンティ300(SA-12A/B)):~
[[ロシア軍]]使用の型。~
~
-S-300VM(アンテイ2500):~
輸出用ダウングレードモデル。
最大射程は200kmで、多少のスペックは落ちていると思われる。~
~
-S-300VMD:~
最大射程は300km。~
~
-S-300V4(SA-X-23):~
2014年から配備が開始された最新型。~
最大射程は400kmと言われている。~
~
-紅旗18(HQ-18):~
中国でのS-300V1 type2(9M83)の[[ライセンス生産]]型。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS