• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(えすつー){【S-2】}; [#gdf5c20c]
グラマンS-2"&ruby(トラッカー){Tracker};"。~
1950年代にアメリカで開発された双発・[[ターボプロップ]]艦上対潜[[哨戒機]]。~
~
従来、アメリカ海軍において[[艦載機]]による対潜哨戒には、旧式化したTBM「アベンジャー」[[雷撃機]]などが充てられていたが、[[第二次世界大戦]]当時の単発[[レシプロ>レシプロエンジン]]機だったこれらは[[搭載能力>ペイロード]]が小さすぎたため、1機で[[潜水艦]]の探知・攻撃を行うことは不可能(探知専門の機体と攻撃専門の機体を別々に用意する必要があった)で、[[コスト・パフォーマンス]]が悪かった。~
従来、アメリカ海軍において[[艦載機]]による対潜哨戒には、旧式化したTBM「アベンジャー」[[雷撃機]]などが充てられていたが、[[第二次世界大戦]]当時第一線にあった単発[[レシプロ>レシプロエンジン]]機のこれらは[[搭載能力>ペイロード]]が小さすぎたため、1機で[[潜水艦]]の探知・攻撃を行うことは不可能(探知専門の機体と攻撃専門の機体を別々に用意する必要があった)で、[[コスト・パフォーマンス]]が悪かった。~
>これを海軍では「[[ハンター・キラー>ハンターキラー]]・チーム」と呼んでいたが、実際に運用するには「ハンター」「キラー」の2機種の稼働率を同一にしなければならなかった。~
しかし、根本から装備が違うため、完璧に同じにすることは不可能だった。

本機はこれらの問題を解決し、1機で探知・攻撃の両方を行える機体としてデビューした。~
~
1952年に原型機が[[初飛行]]した本機は、各型合わせて1,284機が生産され、米海軍のみならず日本や台湾、トルコなど各国海軍で使用された。~
また、本機をベースとして艦上[[輸送機]]・C-1「トレーダー」および[[早期警戒機]]・E-1「トレーサー」が作られた。~
~
[[海上自衛隊]]では「あおたか」の愛称がつけられ、1957年から1984年まで60機が運用された。~
退役後は一部の機体が鹿屋航空基地史料館などに展示されている。~
>海自が本機を採用した背景には、この当時、アメリカが日本に[[軽空母]]を無償貸与する
ことを提示しており、その搭載機と考えられていたためである。~
>海自が本機を採用したのは、この当時、アメリカが日本に[[軽空母]]を無償貸与する
ことを提示しており、その搭載機とするためであった。~
ちなみにこの計画は、当時の大蔵省(現:財務省)が運用コストを試算した結果、運用が困難と判断されたため沙汰止みになっている。

現在でも米海軍から退役した機体が民間に払い下げられ、消防機として活躍しており、台湾などでは主力対潜哨戒機として現役である。
~

関連:[[潜水艦]]

**スペックデータ [#lf8cb4ee]
全幅 22.12m~
全長 13.26m~
全高 13.26m~
自重 8,505Kg~
全備重量 13,222kg 

[[エンジン]]~
ライト R-1820-WA星型レシプロエンジン~
出力 1525hpX2基 ~
最大速度 426Km/h(哨戒速度 241Km/h) ~
上昇率 594m/分~
実用上昇限度 6706m ~
[[航続距離]] 1850km、航続時間9時間~
~
兵装~
胴体内にMk47[[爆雷]]またはMk101核爆雷×1、翼下6箇所に爆雷、[[魚雷]]、[[対艦ミサイル]]等を搭載可能~
乗員 4名~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS