• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(ぴーひゃくはちじゅう){ 【P.180】 }; [#n03be11b]
Piaggio P.180 &ruby(アヴァンテ){Avanti};~
イタリアのピアッジョ社が開発したビジネス機。~
Piaggio P.180 &ruby(アヴァンティ){Avanti};~
イタリアのピアッジョ社が開発した[[ビジネス機]]。~
ポスト・オイルショック時代の[[飛行機]]として、低い[[空気抵抗>抗力]]で[[速度]]性能、ひいては距離あたりの燃費に優れることを主眼に開発された。~

~
最大の市場であるアメリカでの販売を期待してリアジェットとの共同開発が開始されたが、途中で財政難を理由にリアジェットは撤退、ピアッジョ単独での完成となった。~
原型機は1986年に、量産初号機は1990年に初飛行。~
キャッチコピーは「ニューヨーク〜ダラス間を3時間半で」。~

機首に小さな[[カナード翼>先尾翼]]と、機尾に[[T字尾翼>T尾翼]]の両方をもつ[[三面翼]]形態であるほか、[[推進式>プッシャー式]]の[[ターボプロップ]]エンジンを2基搭載した細長い[[主翼]]を、翼断面を基にした独特な形状の胴体に[[中翼]]配置で取り付けている。~
~
[[抗力]]を抑えるため、機体は他にない独特な形態を採っている。~
機首に小さな[[カナード翼>先尾翼]]と、機尾に[[T字尾翼>T尾翼]]の両方をもつ[[三面翼]]形態であるほか、[[推進式>プッシャー式]]の[[ターボプロップ]]エンジンを2基搭載した細長い[[主翼]]を、翼断面を基にした形状の胴体に中翼配置で取り付けている。~
最高速度は732km/h、実用上昇限度は12,500mと高い性能を有する。~
~
現在は[[グラスコックピット]]を導入し[[アビオニクス]]を強化したAvanti IIが生産されている。~
また軍用派生型として、[[コックピット]]と[[キャビン]]を潰して燃料タンクと[[アビオニクス]]を増設した[[UAV>無人機]]型のP.1HH「ハマーヘッド」が開発中である。~

&ref(http://www.masdf.com/altimeter/china/IMG_0135.jpg,750x500);~

**スペックデータ [#i1bf4933]
|乗員|1〜2名+乗客6〜9名|
|全長|14.41m|
|全高|3.97m&br;3.98m(Avanti II)|
|翼幅|14.03m|
|[[主翼]]面積|16|
|[[翼面荷重]]|327kg/|
|空虚重量|3,400kg&br;3,538kg(Avanti II)|
|最大離陸重量|5,239kg&br;5,489kg(Avanti II)|
|[[ペイロード]]|907kg&br;816kg(Avanti II)|
|[[エンジン]]|[[P&W>プラット&ホイットニー]]・C PT6A-66 [[ターボプロップ]](出力634kW(850shp))×2基|
|[[出力荷重比]]|0.24kW/kg|
|[[速度]]&br;(最高/巡航)|395[[kt>ノット]](732km/h)/320[[kt>ノット]](593km/h)&br;398[[kt>ノット]](735km/h)/395[[kt>ノット]](732km/h)(Avanti II)|
|[[航続距離]]|2,592km&br;2,795km(VFR)/2,722km(IFR)(Avanti II)|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|12,500m|
|[[上昇率]]|14.98m/s|
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS