【OYQシリーズ】(おーわいきゅうーしりーず)

日本の海上自衛隊の艦艇に搭載されている戦術情報処理装置。
現時点での最新モデルは、あきづき型護衛艦に搭載OYQ-11であるが、平成24年度に配備される19500トン型護衛艦には新型のOYQ-12が搭載される予定である。

本システムの黎明期からの流れを大まかに示すとこのようになる。

  1. デジタル・コンピューターの利用(NYYA-1の導入)
  2. デジタル・コンピューターによる武器管制の一元化(OYQ-1OYQ-2)
  3. 初の国産CDSの開発とASWCSの国内開発、2CPUの採用(OYQ-3OYQ-4
  4. COTS計算機の導入と全武器システムのデジタル連接化
  5. アクティブ・フェーズド・アレイ・レーダー(AESA)方式のFCS(FCS-3)専用のCDS開発(OYQ-10OYQ-11

なお、国産CDSの例外としては、イージス艦がある。
イージス艦のドクトリン管制による脅威評価・攻撃指示等をつかさどる「C&Dシステム(Comand and Direction)」、自艦武器システムおよび航空機等の攻撃管制を行うWCS(Weapon Control System)と対空・対水上目標を捜索・探知・追尾する「AN/SPY-1レーダー」はすべてロッキード・マーティン社から輸入している。

各システムの詳細については、各項を参照されたい。

シリーズ

型番名称搭載艦艇
NYYA-1-
たかつき
(たかつき型1番艦)
OYQ-1WES(Weapon Entry System)&br:たちかぜ
たちかぜ型1番艦)
OYQ-2TDS(Target Designation System)&br:あさかぜ
(たちかぜ型2番艦)
OYQ-3TDPS(Tactical Data Processing System)
しらね型護衛艦
OYQ-4CDS(Combat Designation System)/TDS
さわかぜ
(たちかぜ型3番艦)
はたかぜ型護衛艦
OYQ-5TDS-3
はつゆき型
ゆうばり型
いしかり
OYQ-6CDS
あさぎり型護衛艦
(1〜3番艦)
はるな(FRAM改装後)
OYQ-7CDS
あさぎり型護衛艦
(4〜8番艦)
ひえい(FRAM改装後)
あぶくま型護衛艦
OYQ-8-1号型ミサイル艇
はやぶさ
(「はやぶさ」(OYQ-8B)、2〜6番艦(OYQ-8C)
OYQ-9CDSむらさめ型護衛艦
たかなみ型護衛艦
(1〜3番艦)
OYQ-9D/ECDS
さざなみ・すずなみ
(たかなみ型護衛艦4番艦・5番艦)
OYQ-10ACDS(Advanced Combat Designation System)
ひゅうが型護衛艦
OYQ-11ACDSあきづき型護衛艦
OYQ-12ACDS19500トン型護衛艦

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS