【OH-1】(おーえいちいち)

川崎重工?が開発した、陸上自衛隊観測ヘリコプター
愛称はNinja(ニンジャ)。(同社に同名のバイクが存在するが、関係は不明である)

OH-6Dの後継機として1992年から開発が始まった。初飛行は1996年。
前席パイロット/後席観測士のタンデム座席や、RMS91式携SAMをベースにした空対空ミサイルの装備など、観測ヘリコプターというよりは武装偵察ヘリコプターに近い設計を成されている。
これはAH-1Sを使い続けていた陸上自衛隊の事情を考慮したものと思われるが、全周囲索敵力を持つAH-64DJPロングボウの導入に伴い本機の存在価値が揺らぎつつある。

複合材を多用したメインローターや、オフセット配置のダクテッドファンなどにより、優れた静粛性を誇る。
また軽快な機体にターボシャフトを双発で備えており、運動性も高い。垂直上昇しながら360度ピッチ?回転してしまう「ピレネースプリット」など、独自の機動をとることもできる。
(ただし部隊配備された機体においてはピレネースプリットなどの機動が禁止されているという)

http://www.geocities.jp/kles_a/temp/oh1.jpg


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS