【Mi-8】(えむあいはち)

旧ソビエトのミル設計局が開発した汎用ヘリコプター?
NATOコードHip(ヒップ)
1961年にMi-4?をベースにした原型機が初飛行した。

単純で頑丈な構造と汎用性の高さが特徴で、軍用、民間含めて12,000機以上が生産されている。
現在も製造、販売が行われており、旧東側諸国、アフリカ諸国だけでなくドイツの警察やアメリカの航空会社でも使用され、コミューター機としての使用や個人、企業の所有機も存在する。
日本でも朝日航洋が重量物の空輸用に1993年まで使用していた。
軍用型は特に旧共産圏やアフリカ諸国に輸出され、第一線機として使用されている。

派生型としては対潜ヘリコプター型のMi-14「ヘイズ」、輸出用モデルであるMi-17「ヒップH」?がある。

スペックデータ

乗員2名+兵員32名
全長25.24m
全高5.65m
主回転翼直径21.19m
円板面積356.0
空虚重量7,160kg(Mi-8)
7,100kg(Mi-17)
離陸重量(通常/最大)9,800kg/12,000kg(Mi-8)
11,100kg/13,000kg(Mi-17)
発動機イソトフ TV2-117A?ターボシャフト(出力1,104kW)×2基(Mi-8)
TV3-117MTターボシャフト(出力1,454kW)×2基(Mi-17)
補助動力装置イーフチェンコ=プログレース AI-9V ターボジェット×1基(Mi-17)
速度
(最大/巡航)
134kt(Mi-8)
135kt/129kt(Mi-17)
航続距離445〜500km(Mi-8)
500km(Mi-17)
上昇率549m/min(Mi-8)
540m/min(Mi-17)
実用上昇限度4,500m(Mi-8)
5,000m(Mi-17)
ホバリング上昇限度1,760m(Mi-17)
武装S-5 57mmロケット弾ポッド×4基
S-8 80mmロケット弾ポッド×2基
9M117(AT-2「スワッター」)対戦車ミサイル×4発
9M14「マリュートカ」(AT-3「サガー」)対戦車ミサイル×6発
250kg爆弾×4発
500kg爆弾×2発
12.7mmガンポッド×2基など


バリエーション

Mi-8 "ヒップA"
Mi-4改装の原型1号機。エンジン1基と4枚羽根ローターを持つ。

Mi-8 "ヒップB"
原型2号機。エンジンを2基搭載し、5枚羽根ローターを持つ。

Mi-8 "ヒップC"
軍用強襲ヘリコプター型。外部武装ラックにロケット弾ポッドを装備可能。

Mi-8PS "ヒップD"
ヒップCにアンテナ等を追加した空中通信機型。

Mi-8T
民間向け貨物・旅客輸送型。最大座席24席。

Mi-8PS
旅客・VIP輸送用。

Mi-8TPS
空中通信機型。

Mi-8MT/TV(Mi-17"ヒップH")?
エンジンをクリモフTV-3-117-MTターボシャフトエンジンに転換した型。

Mi-8MTV(Mi-17M/V)
与圧式客室を採用した型。基本的には上記の機体と同じ。

Mi-8TB/TV"ヒップE"
軍用支援型。機首に12.7mm機銃を装備し、AT-2対戦車ミサイルを搭載可能。

Mi-8TBK"ヒップF"
ヒップEの改良型。AT-3対戦車ミサイルを搭載する。主に輸出用。

Mi-8TL
航空事故調査機型。

Mi-8R/K
砲兵観測支援機型。

Mi-8MPS
救難機型。

Mi-8VzPU/VKP
空中指揮通信機型。

Mi-8TS
砂漠仕様。

Mi-8IV"ヒップG"
空中通信型。乗員室後部から突き出すアンテナが特徴。
後にMi-9に名称変更された。

Mi-8SMV"ヒップJ"
電子戦機型。胴体両側面に大型アンテナを搭載し、センサー類を追加装備している。

Mi-8PPA"ヒップK"
SMVの輸出向け。胴体両側に大型のアンテナ配列を持つ。

Mi-8PD
空中指揮管制機型。ポーランドが運用している。

Mi-8MA
極地調査機型。

Mi-8MB
救急救難ヘリコプター型。

Mi-8TG
LPGを燃料にする型。

Mi-8-8AMTSh
夜間攻撃機型。9M120「アターカV」対戦車ミサイルを装備している。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS