• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(えむに){【M2】};
1933年に[[アメリカ軍]]に採用されてから現在に至るもなお現役の傑作重[[機関銃]]。~
*&ruby(えむつー){【M2】}; [#d6e92b9b]
+12.7mm重機関銃M2~
[[ブローニングM2]]を参照。~
~
[[第一次世界大戦]]の末期から John.M.Browning によって開発されていた機関銃が原型だが、この銃は完成が大戦終結後となってしまっため1921年にアメリカ陸軍にM1921として制式採用されたものの生産数は少数にとどまった。~
+M2[[カービン]]~
[[M1カービン>M1ライフル]]に30発の箱型弾倉を採用し、[[フルオート]]能力を付与した改良型。~
[[突撃銃]]に近い性格のものだったが、性能が中途半端だったため、少数が生産されただけで製造は打ち切られた。~
~
その後も改良が続けられた結果、陸軍では左右どちらからでも給弾できるようにされ、水冷式から空冷式に変更した軽量モデルを発表するなどしたことで用途が広がり一気に注目を集めるようになった。 M1921は対地攻撃に使用する以外には対空火器として連装にして車両に搭載される程度だったのに対して、1933年にM2として制式採用された改良型は多くの改修が施され、艦艇、航空機、陣地とあらゆる状況で用いられることとなった。~
+FFV M2 Karl Gustav~
スウェーデン製の携帯型[[無反動砲]]。~
[[カールグスタフ]]を参照。~
~
[[第二次世界大戦]]にアメリカが参戦したことでM2は大量に生産され、大戦中だけでも200万挺以上が生産された。 アメリカのほとんどの[[戦闘機]]に搭載され、日本でも開戦前に購入したM2を参考にして開発された機関銃が初期の[[隼]]に採用されるなどした。~
+M2A1(M101)105mm榴弾砲~
[[アメリカ陸軍]]が[[第二次世界大戦]]から[[ベトナム戦争]]にかけて使用された[[榴弾砲]]。~
[[第一次世界大戦]]中に採用されたフランス製M1897 75mm野砲の後継として、1941年に採用された。~
主に陸軍と[[海兵隊>アメリカ海兵隊]]の[[師団]][[砲兵]]に配備されたが、ベトナム戦争の最中に、より軽量な[[M102 105mm榴弾砲>M102]]に更新されて退役している。~
~
現在では日本を含めて西側の多くの国で採用されており、現在ではたびたびその必要性について議論がおこるが、皮肉にも実戦の度に重要性が再認識されるということを繰り返している。 後継の開発も進まないことから当分の間は現役であり続けるであろう。~
本砲は大戦中から大戦後にかけて連合国や西側陣営の国に多数が売却ないし供与された。~
[[陸上自衛隊]]においては米軍供与品を「105mm榴弾砲M2A1」の名称で[[155mm榴弾砲M1>M1]]と共に[[野戦特科>特科]]部隊に配備されていた。~
また、国産の[[デッドコピー]]である58式も並行配備されていた。~
現在では120mm迫撃砲 RTや[[75式自走155mmりゅう弾砲>75式自走榴弾砲]]、[[FH70]]の配備により一線から退いているが、関東補給処において少数を[[礼砲]]、及び[[音楽隊>音楽隊(自衛隊)]]の「序曲1812年」演奏((楽譜上に楽器として「大砲」の使用が指定されており、クライマックスでは[[空包]]が発射される。&br;  なお、通常のコンサートホールでの演奏ではバズドラムなどで代用されることもある。))用として保有している。~
~
参考リンク(http://www.yuri.sakura.ne.jp/~right/equipment/jgsdf/infantry/12.7mg-m2/12.7mg-m2.html)
|>|CENTER:''性能諸元''|
|口径|105mm|
|全長|5.9m|
|砲身長|2.36m(22.5口径)|
|全高|1.73m|
|全幅|2.21m|
|重量|2,300kg|
|要員数|10名|
|砲尾|水平鎖栓式|
|反動|液気圧式|
|砲架|開脚式|
|仰角|-5°〜+65°|
|旋回角|左右に23°ずつ|
|砲弾|105×372mmR&br;(半完全弾薬筒(分離薬莢)式、[[NATO>北大西洋条約機構]]標準規格。)|
|発射速度|16発/分(最大)&br;100発/時(連続射撃時)|
|初速|472m/秒|
|有効射程|約11,160m([[榴弾]])|
|製造社|ロック・アイランド造兵廠(アメリカ)&br;日本製鋼所、神戸製鋼所(日本)|
~
【派生型】~
--58式105mm榴弾砲:~
[[陸上自衛隊]]向け[[デッドコピー]]モデル。~
~
--C1:~
カナダ陸軍向け。~
~
---C3:~
C1の改良型。~
[[マズルブレーキ]]を追加し、砲身を延長して射程を延伸させている。~
~
--M56:~
ユーゴスラビア製。~
砲口にマズルブレーキが装着されており、防盾の形状も異なる。~
~
+M2 60mm[[迫撃砲]]~
アメリカ軍が[[第二次世界大戦]]から[[ベトナム戦争]]にかけて使用した軽迫撃砲。~
M1 81mm迫撃砲と[[手榴弾]]のギャップを埋めるために、フランスのストークブラン社製Mle 1935 60mm迫撃砲を[[ライセンス生産]]したものである。~
第二次世界大戦以降も、1942年に制式採用された60mm迫撃砲M19と共に[[朝鮮戦争]]やベトナム戦争で使用された。~
現在はM224 60mm迫撃砲に更新されて退役している。~
~
|>|CENTER:''性能諸元''|
|口径|60mm|
|砲身長|726mm|
|重量|19.05kg|
|仰角|+40度から+85度|
|射界|左右7度|
|初速|158m/s|
|弾薬重量|1.33kg|
|最大射程|1,815m|
|最大発射速度|18発/分|
|使用砲弾|M69/M50A3訓練弾&br;M49A2/A3[[高性能爆薬(HE)>榴弾]]&br;M302白燐[[発煙弾>スモーク弾]](WP)&br;M83[[照明弾]](ILL)|
|砲弾重量|1.33kg|
~
+M2 107mm迫撃砲~
アメリカ軍が[[第二次世界大戦]]頃より使用していた重迫撃砲。~
M1 107mm迫撃砲の改良型で射程距離が大幅に延伸されている。~
また、迫撃砲としては珍しく砲身内に[[ライフリング]]があり、使用する砲弾も後部に安定翼が無く榴弾砲用の砲弾と変わらない形状をしている。~
~
[[陸上自衛隊]]でも、107mm迫撃砲(初期には4.2インチ迫撃砲とも)として採用しており、[[普通科]]連隊の重迫撃砲中隊が運用していた。~
~
アメリカ陸軍では[[朝鮮戦争]]終結まで、陸上自衛隊では120mm迫撃砲 RTに更新されて退役した。~
~
|>|CENTER:''性能諸元''|
|口径|107mm|
|砲身長|1,285mm|
|重量|砲身:47.6kg&br;底板:77kg&br;計161kg|
|俯仰角|45〜60度|
|旋回角|左右7度|
|最大射程|500〜4,000m|
|速度|20発/分(最大)&br;5発/分(持続)|
|砲員数|6名|
|製作|[[豊和工業]]([[ライセンス生産]]、米軍供与分も有り)|
~
|>|>|>|>|>|CENTER:''使用弾薬''|
|種類|型番|重量|内容物|初速|射程|
|[[榴弾]]|HE M3 Shell|11.1kg|TNT&br;(3.64kg)|256m/s|4,023m|
|発煙弾|WP M2 Shell|11.57kg|白燐弾|250m/s|3,932m|
|化学兵器|H M2 Shell|-|[[マスタードガス]](HD)(2.7kg)&br;または&br;マスタードガス(HT)(2.6kg)|-|-|
~
+[[MGM-5「コーポラル」>MGM-5]]短距離弾道ミサイルの[[アメリカ陸軍]]での名称。~
~
+[[M2ハーフトラック]]~
第二次世界大戦中に開発されたアメリカ軍の半装軌装甲車。~
詳しくは項を参照。~
~
+M2軽戦車~
1935年に開発された[[アメリカ陸軍]]の[[戦車]]。~
詳しくは[[M2(軽戦車)]]の項を参照。~
~
+M2中戦車~
1938年に開発された[[アメリカ陸軍]]の戦車。~
詳しくは[[M2(中戦車)]]の項を参照。~
~
+M2 &ruby(ブラッドレー){Bradley};~
[[アメリカ陸軍]]の現用主力[[歩兵戦闘車]]。~
詳しくは[[M2(歩兵戦闘車)]]の項を参照。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS