• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(えむいちきゅうまるさん){【M1903】}; [#t0e656b5]
+スプリングフィールドM1903~
[[アメリカ軍]]が20世紀はじめに制式採用した[[ボルトアクション式小銃>ボルトアクションライフル]]。~
開発・生産はスプリングフィールド兵器廠が担当した。~
~
性能面では特筆すべきことはあまりない。~
だが、二度の世界大戦、さらに戦後も[[狙撃銃]]モデルが使用された、非常に息の長い[[小銃]]である((儀仗用としてなら今尚現役。))。~
[[第二次世界大戦]]の時点で後継の[[M1ライフル]]が採用されていたが、全軍への配備には当然時間が掛かるもので、結局は終戦までも第一線で使われ続けたうえ、[[ベトナム戦争]]や[[朝鮮戦争]]でも[[狙撃]]用途に用いられた。~
[[セミオート]]で連射が可能なM1と比べると、手動連発式の本銃は旧式めいた印象を受けるが、長距離の射撃ではM1より高い遠射性能を発揮したようだ。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|全長|1,115mm|
|銃身長|610mm|
|重量|3.9kg|
|装弾数|5発(箱型弾倉・クリップ)|
|使用弾薬|.30-03スプリングフィールド・.30-06スプリングフィールド|
|作動方式|ボルトアクション|
|発射速度|15発/秒|
|銃口初速|823m/秒|
~
【バリエーション】~
--M1903:~
S型銃床の基本型。~
---M1903(1905年):~
[[銃剣]]をナイフ型に変更し、照準装置を1905年式に変更したモデル。~
---M1903(1906年):~
使用弾薬をM1906 .30-06弾に変更したモデル。~
---M1903 Mk.1:~
特殊用途型。~
ピダーセンデバイス((.30口径拳銃弾を連射できる装置。))が取り付けられている。~
~
--M1903A1:~
C型銃床の改良型モデル。~
~
--M1903A2:~
A1またはA3をベースにした、[[砲兵]]の縮射用モデル。~
大口径火器の銃身に配置し、その小銃弾を砲弾に見立てての射撃訓練に使われた。~
~
--M1903A3:~
A1にプレス加工を取り入れたモデル。~
~
--M1903A4:~
A3にM73またはM73B1(2.2倍[[スコープ>望遠鏡式照準器]])などを取り付けた狙撃用モデル。~
~
--M1941:~
A1にユナートル製7.8〜10倍[[スコープ>望遠鏡式照準器]]を装備した狙撃用モデル。~
~
+コルトM1903~
アメリカのコルト社が設計・製造した[[自動拳銃>拳銃]]。~
「コルト.32オート」の名で知られる。~
~
ハンマーがスライドに内蔵されており、マニュアルセフティとグリップセフティの二つの安全装置を持つのが特徴。~
しかし、初期に生産された型(([[製造番号>シリアルナンバー]]468096まで。))は安全装置が設けられていなかった事や撃鉄内蔵型でローディングインジケータがなく、薬室への充填状況が確認しづらい事もあり、[[暴発>誤射]]事故が多発した。~
~
主に、[[第二次世界大戦]]時の高級将校や[[航空搭乗員>エビエーター]]の護身目的などで使用された。~
主に、[[第二次世界大戦]]時の[[高級将校>将校]]や[[航空搭乗員>エビエーター]]の護身目的などで使用された。~
また、小型で携行しやすいこと、撃鉄内蔵型であるために銃を隠し持ち、有事に抜き撃ちをする必要性から、[[諜報員>スパイ]]や工作員にもよく使用されたといわれる。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|口径|.32口径(7.65mm)(M1903)&br;.38口径(9mm)(M1908)|
|全長|205mm|
|銃身長|127mm|
|重量|930g|
|作動方式|[[ストレートブローバック]]|
|使用弾薬|.32ACP弾(M1903)&br;.380ACP弾(M1908)|
|装弾数|8+1発(M1903)&br;7+1発(M1908)|
~
【派生型】~
--コルトM1908:~
.380ACP弾を使用する型。~
~



トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS