• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(えむわん えいぶらむす){【M1 エイブラムス】}; [#c904a619]
*&ruby(えむわん){【M1】}; [#c904a619]
+M1 Abrams~
[[アメリカ陸軍]]・[[海兵隊>アメリカ海兵隊]]で使用されている第三世代[[主力戦車]]。~
[[愛称]]の「エイブラムス」は、1970年代に没したアメリカ陸軍の名将、クレイトン・ウィリアムズ・エイブラムス・ジュニア[[陸軍大将>大将]]にちなむ(([[第二次世界大戦]]における戦車戦において数多の功績を挙げて名声を博す。&br;  [[参謀]]を経て高級指揮官として立身しつつも、1974年に病没。享年59歳。))。~
詳しくは[[M1(戦車)]]の項を参照。~
~
[[M60「パットン」>M60(戦車)]]の後継として1980年代に登場し、現在までに8,000両近くが生産された。~
アメリカの他、エジプト・サウジアラビア・クウェートなどの中東親米国家やオーストラリアにも輸出されている。~
また、[[イラク戦争]]終結後はイラク軍治安部隊にも多数供給される予定。~
+M1戦闘車~
[[アメリカ陸軍]]で運用されていた[[軽戦車]]。詳しくは[[M1(軽戦車)]]の項を参照。~
~
[[湾岸戦争]]や[[イラク戦争]]に投入されたため、同世代の[[主力戦車]]の中で最も実戦経験が多い。~
[[湾岸戦争]]ではイラク軍の[[T-72]]・[[T-62]]・[[T-55]]等に対して圧倒的な性能優位を見せつけた((反面、長大な[[有効射程]]ゆえに長距離射撃での[[誤射]]が多発したため、以降のモデルでは[[IFF>敵味方識別装置]]が搭載されている。))。~
一方で否定的な[[戦訓>バトルプルーフ]]も多く集まり、車両自体の改善点のみならず、戦車そのものの運用教則にも多大な影響を与えている。~
+M1 Super Sherman~
[[イスラエル国防軍>イスラエル軍]]で使用された、76mm砲装備の[[M4A1「シャーマン」>M4]]の呼称。~
~
性能面での最大の特徴は、戦車としては珍しい[[ガスタービン]][[エンジン]]の採用((本車以外でガスタービンエンジンを採用しているのは、旧ソ連の[[T-80]]やスウェーデンの[[Strv.103]]だけである。))。~
これは瞬発力を高め[[機動力]]や登坂能力の向上に寄与しているが、反面で[[航続距離]]、特に低速走行・停車時の燃費を大きく悪化させている((その他、高温の排気が吹き付けるため車体後部は立ち入り禁止で、[[歩兵]]が盾にする際に注意が必要になる。))。~
そのため、停車時の電力供給のために[[補助動力装置>APU]]を内蔵している。~
+M1 Garand~
[[第二次世界大戦]]期の[[アメリカ陸軍]]で使用された[[自動小銃]]。~
[[M1ライフル]]の項を参照。~
~
関連:[[劣化ウラン弾]] [[湾岸戦争症候群]] [[バルカン症候群]]

**スペックデータ [#ge925e3a]
|乗員|4名(車長・操縦手・砲手・装填手)|
|全長|9.83m|
|車体長|7.8m|
|全幅|3.65m(スカート付)|
|全高|2.84m|
|空車重量|34.50t|
|戦闘重量|55.7t(M1)&br;57t(M1IP)&br;61.3t(M1A1)&br;62.1t(M1A2)&br;63t(M1A2 SEP)|
|懸架方式|独立懸架トーションバー方式|
|[[エンジン]]|ハネウェル AGT1500[[ガスタービン]](出力1,500hp)|
|登坂力|60%|
|超堤高|1.06m|
|超壕幅|2.74m|
|最大速度|67.6km/h(路上)&br;48km/h(不整地)|
|[[行動距離>航続距離]]|498km(M1)&br;465km(M1A1)&br;391km(M1A2)|
|[[装甲]]|[[砲塔]]及び車体前面:400mm([[複合装甲]])&br;車体:均質圧延鋼板|
|兵装|M68A1 105mmライフル砲×1門(M1・M1IP(IPM1))&br;M256 44口径120mm滑腔砲×1門(弾数40発、M1A1以降)&br;[[M2 12.7mm重機関銃>ブローニングM2]]×1挺(弾数1,000発)&br;[[M240 7.62mm機関銃>MAG]]×2挺(弾数12,400発)&br;6連装発煙弾発射器×2基|
+M1 Carbine~
第二次世界大戦期にアメリカで開発された[[騎兵銃>カービン]]。~
詳しくは[[M1カービン]]の項を参照。~
~
**主なバージョン [#j9d14183]
-M1:~
最初期型の基本タイプ。~
対[[HEAT>成形炸薬弾]]対応の空間装甲を装備し、主砲はロイヤルオードナンス社製105mm砲を搭載。~
+M1 Thompson~
第二次世界大戦期にアメリカで開発された短機関銃。~
詳しくは[[トンプソン]]の項を参照。~
~
--IPM1:~
M1の改良型。~
[[装甲]]の強化及び主砲基部・変速機・サスペンション・ショックアブソーバーの改良が施されている。~
+M1(M114)155mm榴弾砲~
[[第二次世界大戦]]時に開発された牽引式榴弾砲。戦後「M114」と改称された。~
1941年に[[アメリカ陸軍]]と[[海兵隊>アメリカ海兵隊]]に採用され、[[M2A1 105mm榴弾砲>M2]]と共に[[歩兵]][[師団]]の[[砲兵]]連隊に配備・運用された。~
~
-M1A1:~
主砲をM256 120mm滑腔砲(ラインメタル社製L44の[[ライセンス生産]]品)に転換し、装甲をさらに強化(対鉄弾芯[[APFSDS]]対応の無拘束セラミックス装甲)、搭載される電子機器類の換装や車内配置の変更が施された。~
相当数が生産され、[[湾岸戦争]]にも参戦した。~
戦歴では第二次世界大戦のほか、[[朝鮮戦争]]や[[ベトナム戦争]]に参加した。~
~
--M1A1HA:~
[[砲塔]]や車体前面部の[[複合装甲]]に対タングステン/[[劣化ウラン弾]]芯APFSDS対応の劣化ウラン装甲材を導入し、[[APFSDS]]にも対応した型。~
湾岸戦争を目前とし、改造用キットが大量に調達・支給された。~
後にアメリカ軍では[[M198 155mm榴弾砲>M198]]に更新されて退役したものの、多くが大戦中および大戦後に供与され、今なお各国で使用されている。~
また、韓国やイスラエルなどでは延長された砲身と[[マズルブレーキ]]を装着して射程を延長する近代化改修型が製造されている。~
~
--M1A1HC:~
[[米陸軍>アメリカ陸軍]]と[[米海兵隊>アメリカ海兵隊]]の部品共通化プログラムへの対応や燃費の改善、補助動力装置を装備した型。~
[[陸上自衛隊]]にも「155mm榴弾砲M1」の名称で供与されたほか、国産のデッドコピーである58式も製造され、野戦特科部隊に配備されたが、後に[[FH70]]に更新されて退役した。~
~
--M1A1D:~
M1A1用の「Digital enhancement package」を適用し、共同作戦対応能力を与えた型。~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|口径|155mm|
|全長|7.315m(牽引時)|
|砲身長|3,780mmm(24口径)|
|全高|1.803m(牽引時)|
|全幅|2.438m(牽引時)|
|重量|5,700kg(牽引時)|
|要員数|11名|
|砲弾|薬嚢式|
|砲尾|螺旋式|
|反動|液気圧式|
|砲架|開脚式|
|仰角|-2°〜+63°|
|旋回角|左24°〜右25°|
|発射速度|4発/分(最大)&br;40発/時(連続射撃時)|
|初速|563m/秒|
|有効射程|約14,600m([[榴弾]])|
|製造社|日本製鋼所、神戸製鋼所(日本)|
~
--M1A1M:~
M1A1のアップグレード型。イラク軍が導入予定である。~
【派生型】~
--155mm榴弾砲M1:~
陸上自衛隊での名称。~
~
-M1A2:~
M1シリーズの最新型で[[C4Iシステム>C4I]]など車内の電子機器をグレードアップしたもの。~
また、戦車長用の暗視装置付きペリスコープや自己位置特定システム、戦術[[データリンク]]などが追加された。~
--HM41:~
イラン製。~
砲身を6,095mm(39口径)に延伸し、最大射程を30kmに延長している。~
また、砲口に[[マズルブレーキ]]を装備し、軽量化のために砲架の防盾を取り外している。~
6輪式トラックの荷台部分に搭載した[[自走榴弾砲]]型も開発されている。~
~
--M1A2SEP:~
M1A2向けのシステム拡張パッケージ(System Enhancement Package)をA1型に適用した型。~
FBCB2((Force XXI Battlefield Command Brigade and Below:陸軍戦闘指揮システム。))に対応したほか、向上形冷却装置を搭載する。~
現在米軍が保有するM1、M1A1はこのM1A2やSEPと呼ばれるA2に近い内容に改修されている。~
--KH-179:~
韓国製。~
イラン製と同様の改良が施されている。~
~
-M1A3:~
現在開発中の型式。~
主に軽量120mm戦車砲への換装や[[自動装填システム>自動装填装置]]の組み込み、車内電気配線の[[光ファイバー]]化、新型軽量[[装甲]]の挿入、新型[[エンジン]]と駆動装置の搭載が予定されており、重量を50t台まで軽量化する予定である。~
2014年までに試作車の完成、2017年までの開発完了を目指している。~
+M1(M59)155mmカノン砲~
第二次世界大戦時に開発された牽引式[[カノン砲]]。戦後「M59」と改称された。~
「ロングトム」の愛称がある。~
~
-M1ABV((Assault Breacher Vehicle:突撃啓開車輌。)):~
[[米海兵隊>アメリカ海兵隊]]で運用されているM1A1の車体をベースにした[[工兵]]車両型。~
略称として「ブリーチャー((Breacher:切り開く者の意。))」とも呼ばれる。~
主に、[[地雷]]原を除去して兵員および車輌の進入路を啓開したり、[[路肩爆弾>IED]]や[[即席爆発装置>IED]]の処理に用いられる。~
砲塔部分には地雷原啓開用の導爆索システム(M58 MICLIC((Mine Clearing Line Charge.)))を、車体前方にはチタン製の除雷鋤を装備している。~
武装として、[[ERA>爆発反応装甲]]付きの[[砲塔]]に[[TWS]]付きのリモコン式12.7mm[[機関銃]]を装備している。~
第二次世界大戦では[[アメリカ陸軍]]と[[海兵隊>アメリカ海兵隊]]の双方が長距離砲撃に運用し、沖縄戦では24門(2個[[砲兵]]大隊分)が神山島に揚陸配備されて沖縄本島への砲撃を行った。~
また、[[朝鮮戦争]]でも使用された。~
~
陸上自衛隊では米軍供与品を「155mm加農砲M2」の名称で採用し、野戦特科部隊に配備された。~
本砲は長きに渡って陸上自衛隊の保有火砲では最長射程を誇っていた。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|口径|155mm|
|全長|10,300mm|
|重量|13,500kg|
|操作人員|19名|
|最大発射速度|14発/分|
|持続発射速度|40発/時|
|最大射程|23,500m([[榴弾]])|
~
+M1(M115)203mm榴弾砲~
第二次世界大戦時に開発された牽引式榴弾砲。戦後「M115」と改称された。~
アメリカ陸軍を始め9ヶ国で運用された。~
[[陸上自衛隊]]では、米軍供与品を「203mm榴弾砲M2」の名称で特科部隊に配備・運用されていた。~
なお、[[M110]]はこの砲を自走化したものある。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|口径|203mm(8インチ)|
|全長|10,800mm|
|砲身長|5,100mm(51口径)|
|重量|14,400kg|
|砲員数|20名|
|弾薬|分離弾薬筒|
|最大射程|16,700m([[榴弾]])|
|最大発射速度|10発/分|
|持続発射速度|20発/時|
~
+M1 8インチ砲~
第二次世界大戦時に開発されたカノン砲。~
1940年から開発が開始され、1944年に制式化された。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|口径|203mm|
|砲身長|10,160mm(50口径)|
|全幅|2.790m|
|重量|31,400kg|
|砲員数|14名|
|俯仰角&br;(最低/最高)|+10度/+50度|
|旋回角|左右30度/40度(改良後)|
|砲口初速|870m/s|
|有効射程|20.100m|
|最大射程|32.570m|
|発射速度|30発/時(持続)|
|弾薬|分離装薬式|
~
+M1 240mm榴弾砲~
第二次世界大戦時に開発された大口径長砲身榴弾砲。~
非公式愛称として「ブラック・ドラゴン」と呼ばれていた。~
~
M1918 240mm榴弾砲の後継として1941年に開発が開始され、1943年に制式化された。~
アメリカ陸軍及びイギリス陸軍で運用され、第二次世界大戦後には[[朝鮮戦争]]でも使用された。~
1944年〜1945年の1年間に315門以上が生産された。~
中華民国(台湾)にも供与され、2010年においても金門島と馬祖島の砲兵陣地に配備されている。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|口径|240mm|
|砲身長|8,380mm(35口径)|
|全幅|2.790mm|
|重量|29,300kg|
|砲員数|14名|
|仰俯角&br;(最低/最高)|+15度/+65度|
|旋回角|左右22.5度|
|砲口初速|701m/s|
|最大射程|23,100m|
|発射速度|30発/時(持続)|
|弾薬|分離装薬式|
~
+M1 81mm迫撃砲~
第二次世界大戦時に開発された迫撃砲。~
~
+M1 bazooka~
第二次世界大戦期にアメリカで開発された携行式の対戦車ロケット発射筒。~
「[[バズーカ]]」と呼ばれた最初の兵器である。~
第二次世界大戦中に大量生産され、本体約48万本、ロケット弾1,560万発が生産された。~
~
また、ドイツも鹵獲した物をベースにして、43型ロケット対戦車兵器「[[パンツァーシュレック]](別名『オーフェンロール』)」及び8.8cmロケット発射器43型(別名「プップヒェン」)が生産され、東部戦線で[[T-34>T-34(戦車)]]を撃破する威力をみせた。~
~
本機の後継としてM20「スーパーバズーカ(Super Bazooka)」が開発されている。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|種類|携帯式対戦車ロケット弾|
|口径|60mm(2.36インチ)|
|全長|1,370mm|
|重量|5.9kg|
|使用弾薬|M6ロケット|
|装弾数|1発|
|作動方式|電気発火式|
|有効射程|137.16m|
【派生型】~
--M1:~
初期型。
--M1A1:~
M1の改良型。~
設計の簡素化及び軽量化のほか、電気点火装置が改良されている。
--M9:~
M1の改良型。~
光学サイトが装備され、発射機が分割可能となった。~
---M9A1:~
点火方式をバッテリー点火式から磁気点火式に変更した型。
--M18:~
[[アルミ>アルミニウム]]合金を使用した軽量型。~
~
+M1「ナイキ・エイジャックス」~
アメリカで開発された[[地対空ミサイル]]。~
詳しくは[[MIM-3]]の項を参照。~
~
+第二次世界大戦期に開発されたM1ガーランド小銃用の[[銃剣]]。~
全長は36cm、刃渡りは25.4cm。~
~
+HMS M1~
[[第一次世界大戦]]後に建造されたイギリス海軍の「M級」[[潜水艦]]の1隻。~
ヴィッカーズ社バロー・イン・ファーネス造船所にて1916年7月に起工、1917年7月に進水、1918年4月に竣工した。~
その後、1925年11月に民間船との衝突事故により沈没した。~
~
+ベネリM1~
イタリアのベネリ社が開発した[[散弾銃]]。~
詳しくは[[ベネリM1]]の項を参照。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS