• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(えむわん){【M1】};
アメリカ陸軍と海兵隊の現行[[主力戦車]]。愛称は&ruby(エイブラムズ){Abrams};~
現行MBTの中では最強の名を冠する戦車の一つである。~
*&ruby(えむわん){【M1】}; [#c904a619]
+M1 Abrams~
[[アメリカ陸軍]]・[[海兵隊>アメリカ海兵隊]]で使用されている第三世代[[主力戦車]]。~
詳しくは[[M1(戦車)]]の項を参照。~
~
開発は1972年から始まったのだが、開発に到るまでには紆余曲折の長い道のりがあった。~
M1が登場するまで米国のMBTはM48パットンの発展系であるM60スーパーパットンを使用していたが、当時は冷戦の真っ只中でソ連は55口径115佶い鯏觝椶靴T-62、51口径125佶い鯏觝椶靴T-65を主力とした機甲兵力の整備を大規模かつ急速に推し進めていた。M60は優秀な戦車ではあるが第2世代戦車であり、小手先だけの改良でソ連の新型MBTを主力とした機甲兵力に対抗するのはもはや限界であった。そのためドイツと共同で新型MBT開発計画MBT70を立ち上げたが、過大な性能要求(例を挙げるならば152丱ンランチャー)によるコスト超過と要求仕様の相違からキャンセルされてしまう。~
これによりヨーロッパでソ連の機甲兵力に対抗することは将来的に困難になることが予想された。しかしながらソ連とは海を隔てている為機甲兵力への危機感の薄いアメリカ議会は莫大なコストのかかる新型MBT開発計画を嫌い、その後立ち上げられたXM803計画をキャンセルした。~
一方1965年頃CIAはソ連の新型MBT開発計画(後のT-72)を入手し、国防省情報部がそのデータを分析した結果M60では撃破不可能というレポートを製作し、資料と共に議会に提出したことで議会はやっと危機感を感じ、新型MBT開発計画XM815を承認した。~
+M1戦闘車~
[[アメリカ陸軍]]で運用されていた[[軽戦車]]。詳しくは[[M1(軽戦車)]]の項を参照。~
~
1973年に陸軍はゼネラル・モータース社(GM)とクライスラーディフェンス社に対して試作車を競作させた。試作車に求められた性能はM60を全ての面で上回ること、T-72を撃破凌駕すること、複合装甲を採用し防御力を強化することの3点であった。1974年末に両社の試作車両の製作が完了し、2年間にわたる試験の結果クライスラーディフェンス社の試作車両を採用することを決定し、XM1として採用した。1978年から部隊試験が開始され、1980年2月に1号車が完成し、『M1エイブラムズ』として正式採用した。~
なお、愛称のエイブラムズは陸軍参謀総長でWW競疋ぅ跳該埜紊梁腟模攻勢『バルジの戦い』で勝利をもたらし、このプロジェクトの最大の推進者であった『クレイトン・エイブラムズ』から採られている。~
+M1 Super Sherman~
[[イスラエル国防軍>イスラエル軍]]で使用された、76mm砲装備の[[M4A1「シャーマン」>M4]]の呼称。~
~
こうして誕生したM1は世界でも屈指の性能を持った優秀な戦車であった。~
+M1 Garand~
[[第二次世界大戦]]期の[[アメリカ陸軍]]で使用された[[自動小銃]]。~
[[M1ライフル]]の項を参照。~
~
主砲は初期型のM1のみM68A1 105丱薀ぅ侫詼い鯀備した。この背景には当時陸軍には105丱薀ぅ侫詼っ討虜澹砲大量にあり、コストを削減して議会に対する材料にするコスト面と一刻も早くM1を配備したいヨーロッパ諸国への政治的面があったと思われる。しかしながら105丱薀ぅ侫詼い魯熟△T-72が装備する125亞蟠砲に見劣りし、実際威力不足であったことから120亞蟠砲へ換装を考慮した設計が行われていた。そして攻撃力向上型のM1A1以降はドイツ ラインメンタル社製の44口径120亞蟠砲をライセンス生産で部品点数を減らした改良型のM256を装備している。使用砲弾は劣化ウランを使用したAPFSDS弾のM829A2と初速度向上型のM829E3、HEAT-MP弾としてM830がそれぞれ40発ずつ携行する。80発の砲弾のうち34発をバスル内の弾庫に収めており、手動装填で平均毎分6発の発射速度を得るが熟練搭乗員ならば毎分12発を発揮できる。~
+M1 Carbine~
第二次世界大戦期にアメリカで開発された[[騎兵銃>カービン]]。~
詳しくは[[M1カービン]]の項を参照。~
~
装甲は複合装甲を採用しており、HEAT弾に対して高い防御力を保有する。これは第4時中東戦争においてイスラエル軍の通常装甲戦車がソ連製のAT-3やRPG-7に多数撃破されたことを教訓としている。しかしながら、初期のM1ではT-72の125亞蟠砲から発射されるAPFSDS弾に耐えることは難しかった為、チタン合金と特殊セラミックを使用したIP-M1が登場しており、正面装甲の厚さはなんと760个砲眞していた(それでもM1A1HAの方が重い)。~
本格的な装甲防御の向上が図られたのはM1A1HAからでこのM1A1HAには劣化ウラン装甲が用いられている。劣化ウランは非常に密度が高く、理論的に鋼鈑製防弾版の150〜170%の防御力を発揮する。M1A1HAの劣化ウラン装甲はチタンを混ぜた劣化ウラン合金のワイヤーをメッシュ状にし、それを積層して鉛でコーティングした物を使用している。この劣化ウラン装甲は驚異的な防御力を誇っており均質圧延防弾鋼鈑(RHA)でAPFSDS弾に対して600弌HEAT弾に対して1300个冒蠹する。T-72が装備する125亞蟠砲のAPFSDS弾が距離2000mで水平着弾した場合RHA300〜350仭蠹と言われており、圧倒的な防弾性を持っている。実際に湾岸戦争ではT-72の125亞蟠砲でM1の劣化ウラン装甲が貫かれたことは無く、M1を世界で一番破壊しにくい戦車にしている。~
+M1 Thompson~
第二次世界大戦期にアメリカで開発された短機関銃。~
詳しくは[[トンプソン]]の項を参照。~
~
M1の車体は比較的余裕を持った設計になっている。これは120亞蟠砲への換装を想定していた為であり、将来的な改良の余地は十二分に残されているが、戦車は投影・被弾面積を縮小して生存性を高めるべきという理論もあり、その点でM1は見つかりやすく当たりやすい戦車であると言える(実際はそれを補って余りある防御力があるが)。砲塔前面および正面装甲は傾斜しており避弾経始の概念が取り入れられている。これは120个茲蠑さなAPDS弾を対象とした物であり、APFSDS弾に対しては効果が無いが、非対称戦を行うアメリカ軍にとって120舒焚爾寮鐚嵋いAPDS弾を使用する軍はまだまだ多いのでそれなりに有効である。~
エンジンは車体後部にあり、1500馬力のライカミング社製AGT-1500ガスタービンエンジンを搭載している。ガスタービンエンジンは圧縮用タービンと燃焼用タービンが同軸上で回転しており、圧縮と出力が同時に行える為効率が良い。ただし、性質上アイドリング時でも常にタービンを高速回転させなければならない為燃料消費量は大きく、1リッターで約243mしか走れない。その反面、加速性能は良好で32km/hに達するまで6.2秒しかかからない。~
戦略運用される場合C-5で2両、簡易滑走路のおいてC-17で1両の緊急展開能力を持つ。~
+M1(M114)155mm榴弾砲~
[[第二次世界大戦]]時に開発された牽引式榴弾砲。戦後「M114」と改称された。~
1941年に[[アメリカ陸軍]]と[[海兵隊>アメリカ海兵隊]]に採用され、[[M2A1 105mm榴弾砲>M2]]と共に[[歩兵]][[師団]]の[[砲兵]]連隊に配備・運用された。~
~
M1のヴェトロニクスは初期型のM1から最新型のM1A2SEPまでに大幅な改修・近代化がなされた為にここではM1A2SEPに搭載されている物だけを紹介する。~
戦歴では第二次世界大戦のほか、[[朝鮮戦争]]や[[ベトナム戦争]]に参加した。~
~
IVIS(車両間情報システム):M1A2SEPの大隊がリアルタイムで情報を共有するシステムで、自位置と僚車位置をリアルタイムで相互送信する。また、通信システムであるSINCGARSで僚車や攻撃ヘリ、航空機などに直接支援養成が行える。~
CITV(車長用独立熱線映像装置):M1A2以前は車長は砲手が熱線映像装置によって照準を行っている間は熱線映像装置を使用できなかったがM1A2以降は車長用として砲塔前部上面左側に独立した熱線映像装置が装備され、照準中でも周囲の警戒を行えるようになった。また、危険な目標が発見された場合に備えて砲手の照準をオーバーライドするハンターキラー能力も付属している。~
POS/NAV(自己位置測定・航法装置):INSとGPSを使用した航法装置で、目標地点の座標を入力すれば瞬時に最も効率の良いコースを算出する。~
FBCB2(フォース21 旅団部隊用戦闘指揮システム):戦術インターネットで攻撃目標の詳細なデータを入手して攻撃方法を選定するシステムで、攻撃が不可能な場合はその情報を他のハードウェアに配信して支援を要請することが出来る。~
後にアメリカ軍では[[M198 155mm榴弾砲>M198]]に更新されて退役したものの、多くが大戦中および大戦後に供与され、今なお各国で使用されている。~
また、韓国やイスラエルなどでは延長された砲身と[[マズルブレーキ]]を装着して射程を延長する近代化改修型が製造されている。~
~
最強の戦車といわれるM1だが、高価な為採用している国は少ない。
[[陸上自衛隊]]にも「155mm榴弾砲M1」の名称で供与されたほか、国産のデッドコピーである58式も製造され、野戦特科部隊に配備されたが、後に[[FH70]]に更新されて退役した。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|口径|155mm|
|全長|7.315m(牽引時)|
|砲身長|3,780mmm(24口径)|
|全高|1.803m(牽引時)|
|全幅|2.438m(牽引時)|
|重量|5,700kg(牽引時)|
|要員数|11名|
|砲弾|薬嚢式|
|砲尾|螺旋式|
|反動|液気圧式|
|砲架|開脚式|
|仰角|-2°〜+63°|
|旋回角|左24°〜右25°|
|発射速度|4発/分(最大)&br;40発/時(連続射撃時)|
|初速|563m/秒|
|有効射程|約14,600m([[榴弾]])|
|製造社|日本製鋼所、神戸製鋼所(日本)|
~
【派生型】~
--155mm榴弾砲M1:~
陸上自衛隊での名称。~
~
--HM41:~
イラン製。~
砲身を6,095mm(39口径)に延伸し、最大射程を30kmに延長している。~
また、砲口に[[マズルブレーキ]]を装備し、軽量化のために砲架の防盾を取り外している。~
6輪式トラックの荷台部分に搭載した[[自走榴弾砲]]型も開発されている。~
~
--KH-179:~
韓国製。~
イラン製と同様の改良が施されている。~
~
+M1(M59)155mmカノン砲~
第二次世界大戦時に開発された牽引式[[カノン砲]]。戦後「M59」と改称された。~
「ロングトム」の愛称がある。~
~
第二次世界大戦では[[アメリカ陸軍]]と[[海兵隊>アメリカ海兵隊]]の双方が長距離砲撃に運用し、沖縄戦では24門(2個[[砲兵]]大隊分)が神山島に揚陸配備されて沖縄本島への砲撃を行った。~
また、[[朝鮮戦争]]でも使用された。~
~
陸上自衛隊では米軍供与品を「155mm加農砲M2」の名称で採用し、野戦特科部隊に配備された。~
本砲は長きに渡って陸上自衛隊の保有火砲では最長射程を誇っていた。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|口径|155mm|
|全長|10,300mm|
|重量|13,500kg|
|操作人員|19名|
|最大発射速度|14発/分|
|持続発射速度|40発/時|
|最大射程|23,500m([[榴弾]])|
~
+M1(M115)203mm榴弾砲~
第二次世界大戦時に開発された牽引式榴弾砲。戦後「M115」と改称された。~
アメリカ陸軍を始め9ヶ国で運用された。~
[[陸上自衛隊]]では、米軍供与品を「203mm榴弾砲M2」の名称で特科部隊に配備・運用されていた。~
なお、[[M110]]はこの砲を自走化したものある。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|口径|203mm(8インチ)|
|全長|10,800mm|
|砲身長|5,100mm(51口径)|
|重量|14,400kg|
|砲員数|20名|
|弾薬|分離弾薬筒|
|最大射程|16,700m([[榴弾]])|
|最大発射速度|10発/分|
|持続発射速度|20発/時|
~
+M1 8インチ砲~
第二次世界大戦時に開発されたカノン砲。~
1940年から開発が開始され、1944年に制式化された。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|口径|203mm|
|砲身長|10,160mm(50口径)|
|全幅|2.790m|
|重量|31,400kg|
|砲員数|14名|
|俯仰角&br;(最低/最高)|+10度/+50度|
|旋回角|左右30度/40度(改良後)|
|砲口初速|870m/s|
|有効射程|20.100m|
|最大射程|32.570m|
|発射速度|30発/時(持続)|
|弾薬|分離装薬式|
~
+M1 240mm榴弾砲~
第二次世界大戦時に開発された大口径長砲身榴弾砲。~
非公式愛称として「ブラック・ドラゴン」と呼ばれていた。~
~
M1918 240mm榴弾砲の後継として1941年に開発が開始され、1943年に制式化された。~
アメリカ陸軍及びイギリス陸軍で運用され、第二次世界大戦後には[[朝鮮戦争]]でも使用された。~
1944年〜1945年の1年間に315門以上が生産された。~
中華民国(台湾)にも供与され、2010年においても金門島と馬祖島の砲兵陣地に配備されている。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|口径|240mm|
|砲身長|8,380mm(35口径)|
|全幅|2.790mm|
|重量|29,300kg|
|砲員数|14名|
|仰俯角&br;(最低/最高)|+15度/+65度|
|旋回角|左右22.5度|
|砲口初速|701m/s|
|最大射程|23,100m|
|発射速度|30発/時(持続)|
|弾薬|分離装薬式|
~
+M1 81mm迫撃砲~
第二次世界大戦時に開発された迫撃砲。~
~
+M1 bazooka~
第二次世界大戦期にアメリカで開発された携行式の対戦車ロケット発射筒。~
「[[バズーカ]]」と呼ばれた最初の兵器である。~
第二次世界大戦中に大量生産され、本体約48万本、ロケット弾1,560万発が生産された。~
~
また、ドイツも鹵獲した物をベースにして、43型ロケット対戦車兵器「[[パンツァーシュレック]](別名『オーフェンロール』)」及び8.8cmロケット発射器43型(別名「プップヒェン」)が生産され、東部戦線で[[T-34>T-34(戦車)]]を撃破する威力をみせた。~
~
本機の後継としてM20「スーパーバズーカ(Super Bazooka)」が開発されている。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|種類|携帯式対戦車ロケット弾|
|口径|60mm(2.36インチ)|
|全長|1,370mm|
|重量|5.9kg|
|使用弾薬|M6ロケット|
|装弾数|1発|
|作動方式|電気発火式|
|有効射程|137.16m|
【派生型】~
--M1:~
初期型。
--M1A1:~
M1の改良型。~
設計の簡素化及び軽量化のほか、電気点火装置が改良されている。
--M9:~
M1の改良型。~
光学サイトが装備され、発射機が分割可能となった。~
---M9A1:~
点火方式をバッテリー点火式から磁気点火式に変更した型。
--M18:~
[[アルミ>アルミニウム]]合金を使用した軽量型。~
~
+M1「ナイキ・エイジャックス」~
アメリカで開発された[[地対空ミサイル]]。~
詳しくは[[MIM-3]]の項を参照。~
~
+第二次世界大戦期に開発されたM1ガーランド小銃用の[[銃剣]]。~
全長は36cm、刃渡りは25.4cm。~
~
+HMS M1~
[[第一次世界大戦]]後に建造されたイギリス海軍の「M級」[[潜水艦]]の1隻。~
ヴィッカーズ社バロー・イン・ファーネス造船所にて1916年7月に起工、1917年7月に進水、1918年4月に竣工した。~
その後、1925年11月に民間船との衝突事故により沈没した。~
~
+ベネリM1~
イタリアのベネリ社が開発した[[散弾銃]]。~
詳しくは[[ベネリM1]]の項を参照。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS