【L-29】(えるにじゅうきゅう)

Aero L-29 Delfin

チェコスロバキア(現チェコ共和国)製のジェット練習機
NATOコードはマヤ。
1961年に採用され、チェコのほかソ連をはじめとするワルシャワ条約機構加盟国やアフリカでも使用され、3,600機以上が生産された。

機体は円形セミモノコック構造で座席は縦列複座で後席は前席よりもやや高く配置されている。
主翼は2段テーパーで内側にフラップを装備している。
主翼下2ヶ所のハードポイントには爆弾や増槽、ガンポッドが搭載でき、軽攻撃機としての運用もできる。

実戦にも参加しており、1967年のビアフラ紛争ではナイジェリア空軍のMiG-17と共に運用されたほか、1973年の第4次中東戦争では、エジプト所属機が主力攻撃機の補佐のために近接航空支援を実施している。
この時は、機影が小さいことで撃墜されることが少なく、投下精度も高いと評価されている。

L-29のバリエーション

  • XL-29: ブリストル・シドレー・バイバーエンジンを装備する試作機
  • L-29: 単座の曲技飛行用機体。少数機生産。
  • L-29: 攻撃機型。試作のみ。

スペックデータ

全長:10.81m
全幅:10.29m
全高:3.13m
翼面積:19.85
空虚重量:2,364kg
通常離陸重量:3,280kg
最大離陸重量:3,540kg
エンジン:モータレット M701-C150またはS50ジェットエンジン(推力873kg)×1基
最高速度:655km/h/5000m
巡航速度:545km/h/5000m
初期上昇率:840m/min
航続距離:640km(通常) / 894km(増槽2本追加)
実用上昇限度:11,000m
乗員:2名
兵装:主翼下計2箇所のハードポイントに最大200kgの爆弾・ミサイルポッドなどを装備可能


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS