• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(えふえっくす){【FX】}; [#i01c8087]
Fighter eXperimental.~
旧式化した[[戦闘機]]を代替する次期新型戦闘機、あるいはその導入計画のこと。~
~
[[冷戦]]が終結し、東西問わずに機体の選択ができるようになった現在、一度の案件で数百億から数兆円もの大金が投じられるFX選定は、生産メーカーのみならず、国家の威信をも賭けた一大プロジェクトとなっている。~
また、購入する側の国家・軍隊からしても、機体そのものの[[カタログスペック]]や単価のみならず、それまで培ってきた[[整備・補給・教育訓練体系>兵站]]との整合性をも考慮せねばならず((特に独自の[[戦闘機]]を開発・生産できない国においては顕著となる。))、機体選定には慎重の上にも慎重を期した判断が求められる。~

**日本におけるFX [#g9bba879]
日本においては、[[航空自衛隊]]の次期主力戦闘機導入計画を指す略語として「FX」が用いられている。~
これまでに、以下の4つのF-X計画があった。

***第1次F-X [#o6848d44]
空自創設当初の主力戦闘機であった[[F-86]]の代替となる機体を導入する計画。~
以下の機種が選定にかけられた。
-[[ロッキード F-104C/D>F-104]]
-[[グラマン G-98-J-11>F-11]]
-[[ノースアメリカン F-100J>F-100]]

一旦はG-98に内定したものの、関連する政治家の汚職が発覚して白紙に戻され、再度選定された結果、[[F-104]]が採用された。

***第2次F-X [#mcd79e22]
[[F-104J/DJ>F-104]]と、いまだに残っていた[[F-86]]の代替となる機体を導入する計画。~
以下の機種が選定にかけられた。
-[[マグダネル・ダグラス F-4E>F-4]]
-[[ロッキード CL1010-2>F-104]](F-104の発展型)
-[[サーブ 37 ビゲン>ビゲン]]
-[[ダッソー ミラージュF1>ミラージュF1]]

選定の結果、[[F-4E>F-4]]を「F-4EJ」として採用し、140機導入した((ただし、導入にあたっては対地攻撃能力や[[空中給油]]の受油機能などが削除され、[[迎撃戦闘機]]として導入された(後に「EJ改」への改修で復活)。))。

***第3次F-X [#r7e4e211]
[[F-104J/DJ>F-104]]と、一部の[[F-4EJ>F-4]]の代替となる機体を導入する計画。~
以下の機種が選定にかけられた。
-[[マグダネル・ダグラス F-15C/D>F-15]]
-[[グラマン F-14A>F-14]]
-[[ゼネラル・ダイナミクス YF-16>F-16]]
-[[ノースロップ YF-17>F/A-18]]
-[[ダッソー ミラージュF1>ミラージュF1]]
-[[サーブ 37 ビゲン>ビゲン]] 
-[[パナビア トーネードADV>トーネード]]
-[[パナビア トーネードADV>トーネード(マルチロールファイター)]]

選定の結果、[[F-15C/D>F-15]]を「F-15J/DJ」として採用し、213機導入された。

***第4次F-X [#lf170fc9]
2008年度中に退役が始まった[[F-4EJ改>F-4]]、及び2011年に生産終了となった[[F-2]]の代替となる機体を導入する計画。~
当初は以下の機種が選定にかけられていた。
-[[ロッキード・マーティン F-22A>F-22]]
-[[ボーイング F/A-18E・F>F/A-18]]
-[[マクドネル・ダグラス F-15FX>F-15E]]([[F-15E]]の日本向け改修型)
-[[ボーイング F-15FX>F-15E]]([[F-15E]]の日本向け改修型)
-[[ロッキード・マーティン F-35A>F-35]]
-[[ダッソー ラファール>ラファール]]
-[[ユーロファイター・タイフーン]]

その後、2008年12月末に価格高騰などの理由で[[F-22]]を候補から除外し、[[F-35]]、[[タイフーン>ユーロファイター・タイフーン]]、F-15FXの3機種から選定する旨の発表が行われた。~
~
2011年4月、[[防衛省]]は関係各国政府に対する説明会を実施し、アメリカ、イギリス政府から[[F-35]]、[[タイフーン>ユーロファイター・タイフーン]]、[[F/A-18E・F>F/A-18]]の申し込みを受け付けた。~
同年9月には、[[防衛省]]に対する性能や価格に関する提案書の提出が締め切られ、最終的には以上の3機種から選定することが公式に決まった。~
~
そして2011年12月12日、[[防衛省]]は次期F-Xを''[[F-35]]''に決定する方針を固め、同年12月20日、日本政府は閣議と[[安全保障会議]]で正式に[[F-35A>F-35]]を採用することを決定した。~
計画が順調に進展すれば、2016〜2017年度には導入される見通しである。~
F-35Aは2017年に納入が開始され、2018年1月、最初の訓練部隊が編制された。~
この訓練部隊は2019年3月に正式の部隊に改編され、実戦配備が開始された。~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS