• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(ふろっぐしりーず){【FROGシリーズ】}; [#v3225fcc]
ソ連/ロシア軍に配備されていた無誘導の地対地[[ロケット弾]]。~
愛称のFROGとは、「Free Rocket Over Ground(無誘導地対地ロケット)」の略称である。~
~
1957年から部隊配備が開始された。~
FROG1〜7のバリエーションがあり、弾頭には通常弾頭のほか核・熱核弾頭、クラスター弾頭などを搭載できる。~
FROG1〜7のバリエーションがあり、弾頭には通常弾頭のほか[[核>核兵器]]・[[熱核弾頭>水素爆弾]]、[[クラスター弾頭>クラスター爆弾]]などを搭載できる。~
~
実戦では、[[第四次中東戦争>中東戦争]]でエジプト軍およびシリア軍が[[イスラエル軍]]の基地や空港への攻撃に使用されたが、精度が悪く大した損害を与えることが出来なかった。~
また、1993年のユーゴスラビアでの紛争ではセルビア軍がFROGを発射している。~
~
ソ連/ロシアでは退役したが、現在も北朝鮮など、一部の国で配備されていると思われる。~
~
**スペックデータ[#z0701f76]
|>|CENTER:''発射機(ZIL-157 6×6トラック)''|
|乗員|3名|
|全長|9.27m|
|全高|2.20m|
|全幅|2.80m|
|戦闘重量|17.2t|
|[[エンジン]]|V型8気筒[[液冷>液冷エンジン]][[ガソリンエンジン]](出力180hp)|
|登坂力|57%|
|超堤高|0.58m|
|最大速度|65km/h(路上)|
|[[航続距離]]|400km|
|[[装甲]]|10〜14mm|
|携行弾数|1発|
|兵装|地対地ロケット弾発射機×1基|
~
|>|>|>|>|>|>|CENTER:''各ミサイル諸元''|
|CENTER:形式|CENTER:FROG-1|CENTER:FROG-2|CENTER:FROG-3|CENTER:FROG-4|CENTER:FROG-5|CENTER:FROG-7|
|CENTER:全長|CENTER:10m|CENTER:9m|>|CENTER:10.5m|>|CENTER:9.1m|
|CENTER:直径|CENTER:0.85m|CENTER:0.6m|>|CENTER:0.4m|>|CENTER:0.55m|
|CENTER:発射重量|CENTER:4,930kg|CENTER:2,450kg|CENTER:2,250kg|CENTER:2,000kg|CENTER:3,000kg|CENTER:2,300kg|
|CENTER:推進方式|>|>|>|>|>|CENTER:[[固体燃料ロケットモーター>固体燃料ロケット]]|
|CENTER:最大射程|CENTER:32km|CENTER:19km|CENTER:40km|CENTER:50km|CENTER:55km|CENTER:70km|
|CENTER:弾頭|>|>|CENTER:通常弾頭&br;(単弾頭、1,200kg)|CENTER:3N15通常弾頭|CENTER:3N14核弾頭|[[HE>榴弾]] 高性能炸薬弾頭(450kg)&br;クラスター弾頭&br;化学弾頭(436kg)&br;AA-22・AA-38核弾頭(20KT)&br;AA-52[[熱核弾頭>水素爆弾]]&br;(最大核出力200KT)|
|命中精度|CENTER:1,000m [[CEP>半数必中界]]|CENTER:900m [[CEP>半数必中界]]|CENTER:-|CENTER:-|CENTER:-|CENTER:500〜700m CEP|
~
**主な種類 [#a2ca9939]
-FROG-1(2K4「フィリン(Filin)」):~
初期生産型。~
ISU-122/152K((ISU-152の基礎車体を[[IS-3M>IS-3]]重戦車相当としたもの。))自走砲の車体をベースに開発された装軌式の「2P4」自走発射台に「3R2」/「3R3」/「3R4」無誘導ロケット弾を搭載した型。~
-FROG-1(2K4「フィリン(Filin)((Филин:ワシミミズクの意。))」):~
ISU-152K((ISU-152の基礎車体を[[IS-3M>IS-3]][[重戦車]]相当としたもの。))自走砲の車体をベースに開発された装軌式の「2P4」自走発射台に「3R2」/「3R3」/「3R4」無誘導ロケット弾を搭載した型。~
最大射程距離は25.7km。~
1958年に運用試験が行われたが量産配備はされなかった。~
~
-FROG-2(2K1「マルス(Mars)」):~
車台を2P16発射機(([[PT-76]]水陸両用戦車がベース(ただし水陸両用能力は失われている)。FROG-3/FROG-4も使用。))にして「3R1」無誘導ロケット弾を搭載した型。~
-FROG-2(2K1「マルス(Mars)((Марс:火星の意。))」):~
車台を2P2発射機(([[PT-76]][[水陸両用戦車>軽戦車]]がベース(ただし水陸両用能力は失われている)。FROG-3/FROG-4も使用。))にして「3R1」無誘導ロケット弾を搭載した型。~
FROG-1より先に開発されたシステムである。~
ミサイル本体は小型化されているが、最大射程距離が17.5kmと短くなっている。~
~
-FROG-3(2K6「ルーナ(Luna)」):~
1960年に登場した2P13発射機に3R9無誘導ロケット弾を搭載した型。~
タンデム2段式となり、最大射程距離が44.6kmと延伸されている。~
-FROG-3(2K6「ルーナ(Luna)((Луна:(天体としての)月の意。))):~
1960年に登場した2P16発射機に「3R9」無誘導ロケット弾を搭載した型。~
[[タンデム]]2段式となり、最大射程距離が44.6kmと延伸されている。~
いくつかのソ連友好国に輸出されており、北朝鮮では現役である。~
~
-FROG-4(2K6「ルーナ(Luna)」):~
FROG-3に搭載された「3R9」無誘導ロケット弾をベースに開発された研究用あるいは訓練用ロケット。~
~
-FROG-5(3R-10 Luna):~
FROG-3の派生型で2P16に「3R10」核弾頭搭載無誘導ロケット弾を搭載した型。~
FROG-3の派生型で2P16発射機に「3R10」核弾頭搭載無誘導ロケット弾を搭載した型。~
ロケットはFROG-3/4と同様タンデム2段式だが、ロケット本体の直径が増して、弾頭部と均一になっているのが特徴である。~
また、モーター部分が若干短くなっている。~
最大射程距離は32.2km。
最大射程距離は32.2km。~
3R10と同じ形状の「3R11」模擬弾頭搭載ロケット弾を搭載した車両も存在する。~
~
-FROG-6:~
訓練用ロケットあるいは2K6「ルーナ」の装輪式発射システムBr226の試作型。~
ZIL-157 6×6トラックに搭載。~
~
-FROG-7(9K52「ルーナM(Luna-M)」):~
通常弾頭および熱核弾頭が搭載可能な型。最大射程距離は70km。~
ZIL-135 8輪重トラックをベースに水力クレーン付きの自走発射台である9P113発射機2両、9M21ロケット弾3発を搭載可能な9T29輸送車2両、「エンドトレー」レーダー搭載車両1両、「ブレッドビン」レーダー搭載車両1両からなる中隊2個で編成され、戦車師団と自動車化狙撃([[機械化]][[歩兵]])師団に配備されていた。~
通常弾頭および熱核弾頭が搭載可能な「9M21」無誘導ロケット弾を搭載した型。最大射程距離は70km。~
ZIL-135 8輪重トラックをベースに水力クレーン付きの自走発射台である9P113発射機2両、9M21ロケット弾3発を搭載可能な9T29輸送車2両、「エンドトレー」レーダー搭載車両1両、「ブレッドビン」レーダー搭載車両1両からなる中隊2個で編成され、[[戦車師団>機甲部隊]]と自動車化狙撃([[機械化]][[歩兵]])師団に配備されていた。~
~
-FROG-7B:~
FROG-7の改良型。~
弾頭部が大型化して、クラスター弾頭が搭載可能になった。~
~
-リス(Laith)90:~
イラクでの独自改良型。~
最大射程が90kmに延長されている。~
~



トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS