【FM-80】(えふえむはちじゅう)

中国が開発した、国産の短距離艦対空ミサイル
フランスのクロタール8MS艦対空ミサイルをベースに開発された。
FM-80は輸出名で中国ではHQ-7及びHHQ-7と呼ばれる。

このFM-80(CSA-N-4)は中国艦艇江衛II?級・旅海?級・旅大/級等に搭載されている。発射機は8連装のHQ-7でミサイル本体の重量は85キロ、射程は12〜15Kmで誘導方式は光学誘導?無線指令誘導?である。
なお、ジャミング対策としてあえて無線指令誘導?を採用したという不確定情報があるが、詳しい事は分かっていない。

なお、艦対空ミサイル型の他に地対空ミサイル型も有る。

スペックデータ

全長:3.00m
直径:0.156m
翼幅:0.55m
推進方式:一段式固体推進ロケットモーター
有効射程:500-12,000m
最大射高:15-5,000m
速度:M2.3
誘導方式:指令誘導?+光学誘導?
弾頭:破片効果榴弾(HE-FRAG)
信管:近接または直撃

派生型

  • HQ-7(地上配備型):固定式ランチャー。航空基地などに配置される。
  • HQ-7(自走型):クロタルに似た4x4自走車にHQ-7×4発や追跡レーダーなどが搭載される。
  • HHQ-7(艦船配備型):艦船搭載用で8連装ランチャーに搭載。主に駆逐艦に装備されている。
  • HQ-7A:1998年に発表された、HQ-7の速度と距離を強化し、赤外線追跡カメラを追加したもの。
  • FM-90N:2002年に発表された、HQ-7(地上配備型)を基に開発した輸出向け艦対空ミサイル。管制装置をデジタルモジュール化し、探知距離の増大・リアクションタイムの短縮などの改良が施されている。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS