*&ruby(えふよんゆー){【F4U】}; [#ic31f6e4]
Vought F4U "&ruby(コルセア){Corsair};"(海賊の意)~
[[チャンス・ヴォート]]社が[[F2A「バッファロー」>F2A]]などの後継として開発し、[[第二次世界大戦]]中期以降に活躍した[[アメリカ軍]]の[[艦上戦闘機]]。~
~
高速を実現するために大型のプロペラがつけられ、地面とのクリアランスを取りつつも[[降着装置]]の大型化に伴う重量増加を押さえるため、[[逆ガル翼]]という珍しい翼の形を採用している。~
固定武装の[[ブローニングM2 12.7mm重機関銃>ブローニングM2]]6挺(一部の機体はAN/M2([[イスパノ・スイザ]] [[HS.404]]) 20mm[[機関砲]]4門)に加え、後期型では2,000ポンド[[爆弾]]、127mm[[ロケット弾]]などが装備でき、対地・対空両面で高性能を発揮でき、非常に汎用性の高い機体だった。~
~
1940年に試作型XF4U-1が、1942年には量産型F4U-1が初飛行し、本機は[[アメリカ海軍]]で初めて時速400マイルを突破した高性能[[艦上戦闘機]]として大きく期待されていた。~
しかし、1,200馬力級エンジン及び2,000馬力級エンジンを搭載するという、当時としてはあまりに野心的な設計の機体だったため、海軍当局は本機が失敗したときのための保険として、同時に[[F6F「ヘルキャット」>F6F]]の設計を[[グラマン]]に命じていた。~
~
そして、本機は実際に[[艦上戦闘機]]としては使いづらい機体になっていた。~
まず、機首が長いため着艦時の視界が悪いうえにプロペラブレードが長く、下手をすると着艦(着陸)時に甲板(地上)にプロペラを打ちつけて破損する可能性があった。~
さらに、[[艦上機]]に求められる着艦時の低速飛行時に、大出力のエンジンが生む[[トルク]]によって[[失速]]挙動を起こし容易に機体が傾くという欠点があった。~
また、一部のタイプが20mm[[機関砲]]を使用していたことも問題とされ、空中戦には携行弾薬が少ない一方、対地支援には有効とされた。~
~
そのため、当初の本機は艦上戦闘機として開発されたにもかかわらず、陸上基地に展開する[[海兵隊>アメリカ海兵隊]]の航空部隊に優先配備され、爆弾や[[ロケット弾]]を使用して地上部隊の支援をすることになり、本来の艦上戦闘機としての任務は[[F6F]]に与えられた。~
同機が艦上運用されたのは終戦間際になってからであったが、日本軍機と交戦した際には[[撃墜比率>キルレシオ]]11:1という非常に優秀な戦果を収めた。~
また、大戦中はイギリスとニュージーランドにも輸出された。~
~
[[朝鮮戦争]]が勃発すると、それまで閉鎖されていた生産ラインが[[海兵隊>アメリカ海兵隊]]向けに再開され、一部はフランスにも納入された。~
また、米海軍の中古機がアルゼンチン・エルサルバドル・ホンジュラスに引き渡されている。~
後期型には[[レーダー]]を装備した[[夜間戦闘機]]型もあり、さらにフランスに納入された機体の一部は[[空対地ミサイル]]を搭載することができた。~
[[朝鮮戦争]]では[[MiG-15]]戦闘機を撃墜している。~
~
その後も驚くほど長く使われ、1969年、サッカーの国際試合の判定から戦争まで発展した「[[サッカー戦争]]」で、エルサルバドルとホンジュラスの双方が本機種を用いて空中戦を行った。~
~
#ref(http://www.masdf.com/altimeter/duxford/IMG_5153.jpg,600x400);
~
関連:[[フェルナンド・ソト]]
**スペックデータ[#ic31f6e4]
|乗員|1名|
|全長|F4U-1A:10.16m&br;F4U-4:10.30m|
|全高|4.90m|
|全幅|12.50m|
|[[主翼]]面積|F4U-1A:29.17&br;F4U-4:32.5|
|[[翼面荷重]]|F4U-1A:215.97kg/&br;F4U-4:195.38 kg/|
|[[自重>空虚重量]]|F4U-1A:4,073kg&br;F4U-4:4,175kg|
|最大[[運用重量]]|F4U-1A:6,300kg&br;F4U-4:6,350kg|
|[[発動機>エンジン]]|F4U-1A:[[P&W>プラット&ホイットニー]] [[R-2800-8「ダブルワスプ」>ワスプ]] [[空冷>空冷エンジン]]星型18気筒(離昇2000馬力)×1基&br;F4U-4:P&W R-2800-18W「ダブルワスプ」空冷星形複列18気筒(離昇2,100馬力)×1基|
|最高[[速度]]|F4U-1A:671km/h([[高度]]6,000m)&br;F4U-4:717km/h(高度7,986m)|
|巡航速度|595km/h|
|[[航続距離]]|F4U-1A:1,634km&br;F4U-4:1,618km/2,510km(外部燃料タンク装備時)|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|F4U-1A:11,200m&br;F4U-4:12,650m|
|固定武装|F4U-1A:[[12.7mm機銃>ブローニングM2]]×6(携行弾数2,350発)&br;F4U-4:12.7mm機銃×6(携行弾数2,400発)または AN/M2 20mm機関砲×4 (F4U-4B or F4U-4C)|
|兵装|F4U-1A:127mmロケット弾×4または2,000ポンドまでの爆弾&br;F4U-4:127mmロケット弾×8または4,000ポンドまでの爆弾|
~
**バリエーション[#ic31f6e4]
-V-166:~
当機の社内呼称。~
~
-XF4U-1:~
XR-2800エンジン搭載する原型機の呼称。~
~
-F4U-1:~
R-2800-8エンジン搭載の初期生産型。海軍では使用されず。~
~
-F4U-1A:~
前方視界向上のための操縦席位置上昇と降着装置の改良を施した機体。~
~
-F3A-1:~
ブリュースター社で製造されたF4U-1の呼称。~
~
-FG-1:~
グッドイヤー社で製造されたF4U-1の呼称。~
主翼の折りたたみ装置が廃止されている。~
~
-F4U-1B:~
英国に供与された機体の米国内呼称(総称)。~
~
-F4U-1C:~
搭載機銃を20mm[[機関砲]]×4門に変更したモデル。~
~
-F4U-1D:~
水噴射装置付きR-2800-8Wエンジンを装備した[[戦闘爆撃機]]型。~
~
-F3A-1D:~
ブリュースター社で製造されたF4U-1Dの呼称。~
~
-FG-1D:~
グッドイヤー社で製造されたF4U-1Dの呼称。~
~
-F4U-1P:~
F4U-1を改修した写真偵察機型。~
~
-F4U-2:~
機上迎撃レーダーポッドを装備した夜間戦闘機型。~
搭載武装は減少している。~
~
-F4U-3:~
超高々度戦闘機型。~
原型機は戦後初飛行した。~
~
-FG-3:~
グッドイヤー社製機体を改造した超高々度飛行研究機の呼称。~
~
-F4U-4:~
R-2800-18Wまたは-47Wエンジンを装備した第二期生産型。~
~
-F4U-4C:~
F4U-4の搭載機銃をAN/M2(イスパノ・スイザ HS.404) 20mm機関砲×4門に変更した型。~
~
-F4U-4E:~
機上迎撃レーダーポッドを装備したF4U-4の夜間戦闘機型。~
[[AN/APS-4]]を装備。~
~
-F4U-4N:~
機上迎撃レーダーポッドを装備したF4U-4の夜間戦闘機型。~
[[AN/APS-5]]、[[AN/APS-6]]を装備。~
~
-F4U-4P:~
F4U-4を改修した写真偵察機型。~
~
-F4U-5:~
第二次大戦中の最終生産型で、R-2800-32Wエンジンを装備した戦闘爆撃機型。~
~
-F4U-5N:~
機上迎撃レーダーポッドを装備したF4U-5の夜間戦闘機型。~
~
-XF4U-6:~
R-2800-83Wエンジンを装備した低空攻撃機型原型。~
~
-AU-1:~
R-2800-18Wエンジンを装備し、武装搭載量が増加した攻撃機型。XF4U-6準拠。~
~
-F4U-7:~
軍事援助計画によりフランス海軍へ供与された最終生産型。~
~
-F2G:~
R-4360エンジン(3,000hp)を搭載した、グッドイヤー社製迎撃機型原型。試作のみ~
~
-Corsair Mk.I:~
英国海軍におけるF4U-1の呼称。~
~
-Corsair Mk.II:~
英国海軍におけるF4U-1Aの呼称。~
~
-Corsair Mk.III:~
英国海軍におけるF3A-1Dの呼称。~
~
-Corsair Mk.IV:~
英国海軍におけるFG-1Dの呼称。~
~

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS