【F-8】(えふはち)

Chance Vought F-8 Crusader(クルセイダー)
アメリカのチャンスボート?社が開発した艦上戦闘機。旧称F8U。
それまでの艦上機陸上機に比べて大幅に劣っていたこともあり、アメリカ海軍初の「実用」超音速戦闘機と呼ばれる。

最大の特徴は主翼の取り付け角が胴体に対して可変式であることで、低速時に機首を上げなくても大きな迎え角をとることができる。
これは前任のF7Uにおいて、低速時の迎え角が極端に大きく事故を多発したことの反省によると思われる。

後継のF-4ミサイリアーであったこともあり、「最後のガンファイター」とあだ名された。ただし弾倉の配置及び給弾器の設計不良により3G以上の環境下における機関砲発射は故障に直結した。
ベトナム戦争では機関砲による撃墜記録はなく、牽制などの補助的な使い方をされたといわれる。
一時期は「陸上機を超える艦上機零戦とクルセイダーだけ」といわれたほど、高い機動性を誇った。

アメリカ海軍でベトナム戦争中に活躍したほか、フランス海軍ではラファールが就役するまでの長い間艦上戦闘機として活躍した。
また、フィリピン空軍においてもアメリカ海軍払い下げの機体が使用された。
偵察機型のRF-8も存在し、F-14用の偵察ポッドやRF-18が充足するまで運用された。
また、NASAではデジタル式フライバイワイヤー実験機として用いられた。
AIM-7運用能力を持つXF8U-3「クルセイダー3」も試作されたが、搭載能力に余裕がなかったためF4H-1との競争試作に敗れた。

関連:A-7 トンキン湾事件 キューバ危機


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS