*&ruby(えふご){【F-5】}; [#e60d1f92]
+Lockheed F-5 Lightning~
[[P-38]][[戦闘機]]の[[偵察機]]型。~
サン=テグジュペリ最期の乗機として知られる。~
~
+Northrop F-5 "FreedomFighter" / F-5E・F "Tiger2" / RF-5E "Tigereye"~
~
[[T-38]]を原型に、途上国向けの機体として開発された[[戦闘機]]。~
機首に[[レーダー]]やM39 20mm[[リボルバーカノン]]を2門装備し、翼端や翼下・胴体下に[[ハードポイント]]も追加された。~
運動性が高いうえ[[爆弾]]などで武装することもでき、簡易的な[[戦闘攻撃機]]として位置づけられた。~
[[アメリカ国防総省]]の提唱した軍事援助プログラムによって、韓国や台湾など、共産国と対峙する多くの国へ輸出された。((日本の[[航空自衛隊]]にも、[[T-38]]とともに一時期導入が検討されたが、結局は国産の[[T-2]]/[[F-1]]が導入された。))~
また、カナダの[[カナデア]]社では[[ライセンス生産]]も行われた。~
~
[[ベトナム戦争]]が激化し正規の[[戦闘機]]を消耗させた[[アメリカ空軍>USAF]]は、その数を補うため安価なF-5に着目した。~
F-5Aの[[アビオニクス]]を強化し、[[空中給油]]受油プローブを追加するなどの小改良を施したF-5C、通称「スコシタイガー」が少数生産され、試験的に実戦投入された。~
~
また[[ベトナム戦争]]中に南ベトナム軍へ供与されたA/B型の空中戦を[[ノースロップ]]が分析した結果、機動性を向上させたF-5E「タイガー2」を開発した。~
具体的には、強力な[[エンジン]]への変更とそれにともなう胴体構造の強化、[[主翼]]面積の増大や[[ストレーキ]]の追加、そして小型機ながら[[火器管制装置]]を装備するなどの強化がなされている。~
F-5Eはその大きさや運動性が[[MiG-21]]に似ているといわれ、そのことから[[レッドフラッグ]]や[[トップガン]]などの[[アグレッサー]]として用いられたことでも知られる。~
一部の機体は「シャークノーズ」と呼ばれる空力特性に優れた平型の機首を採用しており、これは[[F-20]]に活かされた。~

***スペックデータ[#c093af24]
|乗員|1名(F-5A/E)&br;2名(F-5F)|
|全長|14.38m(F-5A)&br;14.69m (F-5E)|
|全高|4.01m(F-5A)&br;4.02m(F-5E)|
|全幅&br;|7.87m(翼端[[増槽]]含む)/7.70m(増槽除く)(F-5A)&br;8.13m(主翼端[[AAM>空対空ミサイル]]含まず)/8.53m(AAM含む)(F-5E)|
|[[主翼]]面積|15.8屐F-5A)&br;17.3屐F-5E)|
|空虚重量|3,667kg(F-5A)&br;4,392kg(F-5E)|
|最大離陸重量|9,379kg(F-5A)&br;11,193kg(F-5E)|
|最大兵装搭載量|2,810kg(F-5A)&br;3,175kg(F-5E)|
|[[エンジン]]|GE J85-GE-13[[ターボジェット]]([[推力]]12.10kN/18.15kN([[A/B>アフターバーナー]]使用時))×2基(F-5A)&br;GE J85-GE-21Aターボジェット(推力15.6kN/22.2kN([[A/B>アフターバーナー]]使用時))×2基(F-5E)|
|速度&br;(最大/巡航)|802kt/556kt(F-5A)&br;[[マッハ]]1.6/450kt(F-5E)|
|[[海面上昇率>上昇率]]|8,748m/min(F-5A)&br;10,500m/min(F-5E)|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|15,390m(F-5A)&br;15,590m(F-5E)|
|フェリー[[航続距離]]|1,400nm(F-5A)&br;1,270nm(F-5E)|
|[[戦闘行動半径]]|485nm(Hi-Lo-Hi)(F-5A)&br;570nm(Hi-Hi-Hi、制空ミッション)/120nm(Lo-Lo-Lo、攻撃ミッション)(F-5E)|
|固定武装|M39 20mm[[リボルバーカノン]]×2門(F-5A)&br;M39A2 20mmリボルバーカノン×2門(F-5E)|
|兵装|[[AIM-9]]、通常爆弾、[[ロケット弾]][[ポッド]]、[[増槽]]等|

***バリエーション[#c093af24]
-F-5A「フリーダムファイター」~
単座戦闘機型の初期型。~
~
-RF-5A~
A型の[[偵察機]]型。ノルウェー等に輸出された。~
~
-F-5B~
F-5Aから[[機関砲]]を外し、複座化した[[練習機]]型。~
~
-F-5C「スコシタイガー」~
[[空中給油]]能力や装甲の追加などが施された型。~
ベトナム戦争での実戦テストに供された。~
~
-F-5D~
C型の[[練習機]]型。~
~
-F-5E「タイガーII」~
A型のエンジンなどを強化したタイプ。エンジンはGE J85-21を搭載。~
~
-F-5EM~
E型のブラジル空軍での近代化改修型。~
[[アビオニクス]]類や航法装置、コクピットが近代化された。~
~
F-5FM~
F型のブラジル空軍での近代化改修型。~
~
-F-5F~
F-5Eの武装を残し、複座化した練習戦闘機型。~
~
-F-5N~
スイスで余剰となったF-5Eが米海軍で[[アグレッサー]]として再就役した際の呼称。~
~
-F-5G~
後の[[F-20]]。[[F-20]]項を参照。~
~
-RF-5E「タイガーアイ」~
F-5Eの[[レーダー]]と[[機関砲]]を取り外し式にし、偵察用カメラへ交換できるようにした[[偵察機]]型。
~
-CF-5A(CF-116A)~
[[カナデア]]社が[[ライセンス生産]]したカナダ軍仕様。A型を少し改良し、J95-15エンジンを搭載する。~
~
-CF-5B(CF-116B)~
カナダ軍仕様でB型を少し改良、[[カナデア]]社で[[ライセンス生産]]された型。~
~
-CF-5D(CF-116D)~
カナダ軍仕様でD型を少し改良、[[カナデア]]社が生産した。~

-NF-5A~
CF-5Aの輸出仕様。~
トルコやベネズエラ等に輸出され、ベネズエラに輸出された機体は「VF-5」と呼ばれた。~
~
-NF-5B~
CF-5Bの輸出仕様。~
~
-SF-5A~
A型のスペイン軍仕様。(ノックダウン生産)~
~
-SF-5B~
B型のスペイン軍仕様。(ノックダウン生産)~
~
-SRF-5A~
スペイン軍仕様でA型に偵察能力を追加、CAS社が生産した。~
~
#ref(http://www.masdf.com/aerobatics/patrouillesuisse/IMG_0140.jpg,600x400);~
(スイス空軍 [[パトルイユスイス]])


関連:[[MiG-28]]

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS