【F-1】(えふわん)

日本が戦後初めて開発した、航空自衛隊支援戦闘機
1972年に第四次防衛力整備計画において、T-2練習機を改造する形で三菱が開発することに決定した。 当初の名称は「FS-T2改」となっていたが、後に「F-1」に変更された。
FS-T2改の開発のためにT-2の6、7号機が原型として使われ、搭載電子機器の試験を主にした7号機が1975年6月3日、性能・飛行特性・フラッター?の試験を主にした6号機が同月7日に初飛行した。基本的な飛行試験は既にT-2で済んでいた事もあり、試験期間は短期間に終わり、同年内には最初の量産契約(18機)が与えられた。
1977年6月16日に量産初号機が初飛行し、同年引き渡された。

高翼で細身の胴体に双発でエンジンを装備しているため、日本がライセンス生産を検討していたSEPECATジャギュア?によく似ている。
ロールスロイス/チェルボメカからライセンス生産した石川島播磨製TF40-IHI-801エンジンを搭載し、最大水平速度はマッハ1.6。
80式空対艦誘導弾を用いた対艦攻撃を主任務とし、海上防衛の一翼を担う。 M61A1バルカン砲を機首左側に装備するほか、80式空対艦誘導弾Mk82通常爆弾?2.75inロケット弾5inロケット弾90式空対空誘導弾もしくはAIM-9空対空ミサイルの運用が可能である。

1987年3月をもって調達は終了し、最終的には77機が生産された。
現在は後継機F-2の配備に伴い、徐々に退役している。

F-1.jpg

Photo :JASDF


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS