• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(いーしーいちさんご){【EC135】}; [#uf9064af]
[[ユーロコプター]]が、[[Bo105]]の後継として開発した[[ライトツイン]]型[[ヘリコプター]]。~

[[Bo105]]の後継機としては既に日本の[[川崎重工>川崎重工業]]と共同開発した[[BK117]]が存在したが、[[Bo105]]に比べると大柄な機体であったため、それとは別にMBB側単独の機体としてBo108の名称で開発が開始された。~
[[BK117]]譲りの空力に優れた形状に加え、複合素材の多用による軽量化、[[グラスコックピット]]化や[[計器飛行]]能力の獲得などが成された。~
Eurocopter EC135(Airbus Helicopters H135).~
~
ドイツのMBB社が、[[Bo105]]の後継として開発した[[ライトツイン]]型[[ヘリコプター]]。~
現在は[[企業再編>航空業界再編]]により、[[エアバス・ヘリコプターズ]]社の製品として生産・販売されている。~
~
MBBにおける[[Bo105]]の後継機種としては、既に[[BK117]](日本の[[川崎重工>川崎重工業]]と共同開発)が存在したが、同機は[[Bo105]]に比べると大柄な機体であったため、それとは別に、MBB側単独の機体として「Bo108」の名称で開発が開始された。~
[[BK117]]譲りの空力に優れた形状((本機で改良された機首形状が、後に[[BK117C-2>BK117]]へフィードバックされている。))に加え、複合素材の多用による軽量化、[[グラスコックピット]]化や[[計器飛行]]能力の獲得などが成された。~
[[エンジン]]は実績があるものの陳腐化したアリソン250を廃し、チュルボメカ・アリウスやPW206を採用することとなる。~
[[キャビン]]の大きさは当初[[Bo105]]と同程度のものが試作されていたが、市場調査の結果に基づきやや大型化し、通常の座席レイアウトでは[[操縦士>パイロット]]2名のほか乗客5名((簡易座席の場合は6名。[[副操縦士>副機長]]の[[サイクリック]]を取り外せば乗員1名+乗客6〜7名の構成も可。))が乗れる。~

Bo108開発の途中でMBBはダイムラーグループに吸収されDASAとなり、さらにアエロスパシアルと合併して[[ユーロコプター]]となった。このため機体の名称もBo108からEC135へと変更された。~
また合併により、アエロスパシアルが持つ[[フェネストロン>ダクテッドファン]]の技術を得ることができた。これはBo105から引き続き装備される胴体後部のクラムシェルドアと相性が良く、荷物や担架を積み下ろす際の安全性が高まった。~

Bo105に引き続きセールスは順調で、日本でも企業や自治体などで運用されるほか、[[海上自衛隊]]では[[OH-6DA>OH-6]]の後継となる初等[[練習機]]としての導入が決まった。~
[[キャビン]]は、当初[[Bo105]]と同程度の大きさのものが試作されていたが、製品版では市場調査の結果に基づきやや大型化し、通常の座席レイアウトでは[[操縦士>エビエーター]]2名のほか乗客5名((簡易座席の場合は6名。[[副操縦士>副機長]]の[[サイクリック]]を取り外せば乗員1名+乗客6〜7名の構成も可。))が乗れる。~
~
Bo108開発の途中でMBBはダイムラーグループに吸収されDASAとなり、さらにアエロスパシアルと合併して[[ユーロコプター]]となった。~
このため、機体の名称もBo108からEC135へと変更された((更にその後、エアバス・ヘリコプターズへの改編に伴い商品名が「H135」となった。))。~
また、この合併により、アエロスパシアル社が持っている[[フェネストロン>ダクテッドファン]]の技術を得ることができた。~
これは、[[Bo105]]から引き続き装備される胴体後部のクラムシェルドアと相性が良く、荷物や担架を積み下ろす際の安全性が高まった。~
~
Bo105に引き続きセールスは順調で、日本でも企業や自治体などで運用されるほか、[[海上自衛隊]]では[[OH-6DA>OH-6]]の後継となる[[初等練習ヘリコプター>練習機]]として導入され、TH-135の名称が付与された。~
初等操縦訓練用としてはやや高級すぎる機体ではあるが、[[SH-60K>SH-60]]や[[CH/MCH-101>AW101]]に備わっている[[FADEC]]や[[グラスコックピット]]に早くから慣れるためには適しているとも言える。~

軍用型はEC635と呼ばれ、ヨルダン空軍やスイス空軍で採用されている。~

参考リンク:http://www.eurocopter.co.jp/products/ec135.html ~

また、現在[[TC-90>キングエア]]が受け持っている[[計器飛行]]訓練の一部を代替するともされている。~
~
軍用型は「EC635」として開発され、ポルトガル陸軍が採用を検討していたがキャンセル。~
かわりにヨルダン空軍やスイス空軍、新イラク軍で採用されている。~
~
参考リンク:http://www.helicopters.airbus.com/website/en/ref/H135_30.html ~
~
&ref(ec135_.jpg);~
EC135T2
**スペックデータ [#z6b3ce46]
|名称|CENTER:EC135P2+|CENTER:EC135T2+|
|乗員|>|CENTER:1名+兵員7名|
|[[主ローター>メインローター]]直径|>|CENTER:10.20m|
|全長|>|CENTER:12.16m|
|胴体幅|>|CENTER:2.62m|
|全高|>|CENTER:3.51m|
|回転円盤面積|>|CENTER:81.7|
|空虚重量|>|CENTER:1,455kg|
|最大離陸重量|>|CENTER:2,910kg|
|[[エンジン]]|>|CENTER:[[ターボシャフト]]×2基|
|~|P&W・C PW206C&br;([[推力]]498kW)|チュルボメカ アリウス2B2&br;([[推力]]473kW)|
|速度&br;(超過禁止/巡航)|>|CENTER:155kt/137kt|
|海面[[上昇率]]|>|CENTER:468m/min|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|>|CENTER:6,096m|
|[[航続距離]]|>|CENTER:342nm|
~
**バリエーション(民間型) [#gfe29511]
-EC135P:~
初期型。[[エンジン]]はPW206B1を搭載。~
後期型はセンターパネル・ディスプレイシステム(CPDS)を搭載する。~
~
-EC135T1:~
初期型。~
[[エンジン]]はアリウス2B1/B1A/B1A1を搭載。その他仕様はP1に準ずる。~
~
-EC135P2:~
エンジンを[[片発停止時(OEI)>片肺]]の緊急出力を向上させたPW206B(621軸馬力)に変更したモデル。~
~
-EC135T2:~
[[エンジン]]を緊急出力を向上させたアリウス2B2(652軸馬力)に変更したモデル。~
~
-EC135P2i:~
[[FADEC]]を更新したPW206B2(667軸馬力)を搭載するモデル。旧称EC135P2+。~
最大離陸重量が2,910kgになり、[[オーバーホール]]間隔が延長されている。~
~
-EC135T2i:~
[[FADEC]]を更新したアリウス2B2(634軸馬力)を搭載するモデル。旧称EC135T2+。~
その他の仕様はP2+に準ずる。~
~
-EC135P3:~
FADECを更新したPW206B3(708軸馬力)を搭載するモデル。~
最大離陸重量は2,980kgに増加した。~
~
-EC135T3:~
FADECを更新したアリウス2B2プラス(660軸馬力)を搭載するモデル。~
それ以外の仕様はP3に準ずる。~
~
-EC135 Hermes:~
ファッションブランドのエルメスと共同開発したVIP機。~
P2iまたはT2iをベースに、革張りの内装((定員は1+5名。))や特製の[[ランディングスキッド]]を備える。

**バリエーション(軍用型) [#d67ed33e]
-H135M((エンジンの違いによる型名は民間型に準拠する。)):~
軍汎用型。旧称EC635。~
オプションで空気取入口にエアフィルターを追加可能。~
[[アウトリガー]]を装着すれば[[AGM-114]]、[[HOT]]、70mm[[ロケット弾]]、[[機関銃]]などで武装可能。~
~
-TH-135:~
[[海上自衛隊]]向けの練習型。~
EC135T2iをベースに、気象レーダーやエアフィルターを備える。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS