• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(しーあーるじぇい){【CRJ】}; [#v45ceb9f]
Bombardier CRJ.~
~
カナダの[[ボンバルディア・エアロスペース社>ボンバルディア]]が製造・販売している[[双発>双発機]]・小型のジェット[[旅客機]]。~
従来、[[ターボプロップ]]機が用いられてきた小需要・短距離路線向けの「[[リージョナルジェット]]」としては初の機体でもあった。~
カナダの[[ボンバルディア・エアロスペース社>ボンバルディア]]が製造・販売している((2019年、本機の生産・販売権は日本の[[三菱重工業]]に売却された。&br;  これにより、ボンバルディアはリージョナルジェット市場から完全撤退した。))[[双発>双発機]]・小型のジェット[[旅客機]]。~
従来、[[ターボプロップ]]機が用いられてきた小需要・短距離路線向けの「[[リージョナルジェット]]」として開発された機体である。~
~
本機はもともと、1980年代後半にボンバルディアの前身でもあるカナディア社の[[ビジネス機]]・[[チャレンジャー600]]をベースに開発された((このため、[[FAA>アメリカ連邦航空局]]やEASAに届けられた[[型式]]も「CL-600-XXXX」とチャレンジャー600の派生型扱いとなっている。))。~
その後の[[航空業界再編]]でカナディアはボンバルディアの傘下に入ったが、型式には「Canadair Regional Jet(CRJ)」としてカナディアの名が残された。~
~
1991年に原型機「CRJ100」が[[初飛行]]。~
翌1992年にカナダの[[型式証明]]を取得し、量産がはじめられた。~
~
本機のモデルは座席数50〜100席クラスまでがあり、胴体長の違いにより「100/200」「700」「900」「1000」というモデルがある。~
日本では[[日本航空]]子会社のジェイエア(200型)及び[[アイベックスエアラインズ]](100/200/700型)が運用していたが、2019年現在、100/200型は全機退役し、700型10機が[[アイベックスエアラインズ]]で運用されている。~

**スペックデータ [#v9298935]
|タイプ|CRJ100|CRJ200|CRJ700|CRJ900|CRJ1000|
|乗員数|>|>|>|>|CENTER:2名([[機長]]、[[副機長]])|
|座席数&br;(1クラス)|>|CENTER:50席|78席(最大)&br;70席(標準)|90席(最大)&br;86席(標準)|104席(最大)&br;100席(標準)|
|座席数&br;(2クラス)|>|CENTER:N/A|66席|78席|93席|
|全長|>|CENTER:26.77m|32.3m|36.2m|39.1m|
|全高|>|CENTER:6.22m|7.6m|>|CENTER:7.5m|
|全幅|>|CENTER:21.21m|23.2m|24.9m|26.2m|
|翼面積|>|CENTER:48.35|>|CENTER:70.6|77.4|
|胴体最大直径|>|CENTER:2.69m|>|>|CENTER:2.7m|
|客室内最大幅|>|CENTER:2.53m|>|>|CENTER:2.55m|
|客室内最大高|>|CENTER:1.85m|>|>|CENTER:1.89m|
|運用自重|>|CENTER:14,016kg|20,069kg|21,845kg|23,188kg|
|無燃料重量|>|CENTER:19,958kg|28,259kg|31,751kg&br;ER:31,751kg&br;LR:32,092kg|35,154kg|
|最大離陸重量|>|CENTER:ER:23,247kg&br;LR:24,154kg|32,999kg&br;ER:34,019kg&br;LR:34,926kg|36,514kg&br;ER:37,421kg&br;LR:38,330kg|40,824kg&br;EL:38,995kg&br;ER:41,640kg|
|最大[[ペイロード]]|>|CENTER:5,942kg|8,190kg|9,907kg&br;ER:9,907kg&br;LR:10,247kg|11,966kg|
|貨物容積|>|CENTER:13.8 立方m|15.5 立方m|16.8 立方m|19.4 立方m|
|[[エンジン]]|>|>|>|>|CENTER:[[GE>ジェネラルエレクトリック]] [[CF34]][[ターボファン]]×2基|
|~|GE CF34-3A1|GE CF34-3B1|GE CF34-8C5B1|GE CF34-8C5|GE CF34-8C5A1|
|[[推力]]|>|CENTER:38.84kN×2|56.4kN×2|59.4kN×2|60.6kN×2|
|巡航速度|>|CENTER:[[M>マッハ]]0.74&br;(785km/h)|>|>|CENTER:M0.78&br;(829km/h)|
|最大巡航速度|>|CENTER:M0.81&br;(860km/h)|M0.825&br;(876km/h)|M0.83&br;(882km/h)|M0.82&br;(871km/h)|
|最大[[航続距離]]|>|CENTER:ER:2,491km&br;LR:3,148km|2,256km&br;ER:2,785km|1,940km&br;ER:2,376 km&br;LR:2,806 km|2,639km&br;EL:1,798 km&br;ER:3,004km|
|離陸滑走距離(([[国際標準大気]]、最大離陸重量時。))|>|CENTER:ER:1,768m&br;LR:1,918m|1,724m&br;ER:1,676m&br;LR:1,851m|1,778m&br;ER:1,862m&br;LR:1,954m|1,979m&br;EL:1,826m&br;ER:2,053m|

**バリエーション [#m319c49a]
本機のモデルは、胴体長の違いにより以下のように分けられている。~
-CRJ100/200:~
初期生産型。座席数は50席クラス。~
エンジンはCRJ100は[[GE>ジェネラルエレクトリック]] CF34-3A1を、CRJ200はGE CF34-3B1を装備する。~
~
--CRJ100ER/200ER:~
[[主翼]]中央に[[燃料]]タンクを増設した[[航続距離]]延長型。~
~
--CRJ200LR:~
航続距離をさらに延長した型。~
~
--CRJ200B/200B ER/200B LR:~
高温・高地対応型のエンジンに置き換えたモデル。~
~
--CRJ440:~
CRJ200の標準座席数を44席に減じたモデル。~
~
--CRJ200PF((パッケージフレイターの略。)):~
[[貨物機]]型。~
CRJ200LRの機体フレームに貨物用のドアを追加するなどの改修を加えた。~
~
-CRJ700:~
70席クラスの改良型。~
~
--CRJ700ER/700LR:~
航続距離延長型。~
~
--CRJ700NextGen:~
改良型。~
主に客室の改善と機体軽量化が行われた。~
~
-CRJ900:~
90席クラスのモデル。~
[[降着装置]]、ブレーキ、[[主翼]]構造がCRJ700から強化されている。~
~
--CRJ900ER/900LR:~
航続距離延長型。~
~
--CRJ900NextGen:~
改良型。改修内容はCRJ700と同様。~
~
-CRJ1000:~
100席クラスのモデル。~
~
--CRJ100EL:~
軽量型。~
~
--CRJ1000ER:~
重量増加型。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS