• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(しーえいちよんじゅうなな){【CH-47】}; [#yc099dd0]
Boeing CH-47 &ruby(チヌーク){Chinook};~
[[ボーイング]]がアメリカ陸軍向けに製造する、大型[[輸送ヘリコプター]]。社内呼称V114。~
Boeing CH-47 "&ruby(チヌーク){Chinook};"~
~
アメリカ合衆国・[[ボーイング]]社の[[タンデムローター]]式大型輸送[[ヘリコプター]]。~
元々の設計は[[バートル]]社だが、開発中の吸収合併により「ボーイング・バートル」名義で供給されている。~
1956年に開発がスタートし、1961年に初飛行、1962年から[[アメリカ陸軍]]への配備が開始された。~
~
[[バートル]]社が得意としていた[[タンデムローター]]を[[ターボシャフト]]として用いているのが特徴。~
現在生産されている唯一の[[タンデムローター]]機である。~
軽量な[[エンジン]]ながら[[ペイロード]]は大きく、初期型でも同時期の[[CH-46]]に比して2倍近い出力を持ち、近代化改修によってさらに高い出力を得ている。~
何度も改良や改修を繰り返されている傑作兵器の一つであり、2030年代までは現役であるものと推定される。~

[[バートル]]社が得意としていた[[タンデムローター]]を[[ターボシャフト]]化したもので、軽量な[[エンジン]]を得たことで[[タンデムローター]]のメリットを発揮することができるようになった。~
1956年に開発がスタートし、1961年に初飛行、1962年には早くも陸軍への配備が開始されていた。~
(開発中に[[バートル]]社が[[ボーイング]]に吸収されたため、「ボーイング・バートル」のブランド名で供給されることとなった)~
>ただし、非常に目立つ構造的欠陥も一つある。~
前部ローターシャフトが前方に傾いており、下げ舵を取ると地上130cmという極端に低い位置を[[ローター]]が通過する点である。~
これは[[ローター]]の回転で人の首を刎ねる、障害物との激突で[[ローター]]が折れて吹き飛ぶ、などの重大事故を招く恐れがある。

ほぼ同時期に同社内で[[海兵隊]]向けの[[CH-46]]が開発されていたが、それに比べて2倍近いパワーを持っていた。現行主力型のCH-47Dは、さらにその2倍近い輸送能力を誇る。~
車輌を輸送する際も、機外に吊り下げるのみならず、後部のランプドアから貨物室へ積み下ろすこともできる。~
[[艦上機]]の[[CH-46]]に対して、本機は[[陸上機]]という位置付けであるが、本機にも[[水密胴体]]が採用されている。[[揚陸艦]]の大型化にともない、[[海兵隊]]でも本機が用いられるようになりつつある。~
現在生産されている[[タンデムローター]]機としては唯一の機種である。姉妹機の[[CH-46]]が搭載量不足に泣き、その民間型にあたるV-107が初飛行後わずか4年で[[川崎重工]]へ権利売却されたのに対し、本機は何度も改良や改修を繰り返されており、2030年代まで使われ続けるともいわれている。~
車輌・火砲の輸送時には機体の外に吊り下げるだけでなく、後部のランプドアから貨物室へ積み込む事ができる(([[搭載量>ペイロード]]はかつての[[DC-3]]/[[C-47]]に匹敵する。))。~
[[艦上機]]としての運用は想定されていない[[陸上機]]だが、[[揚陸艦]]の大型化に伴い、[[海兵隊>アメリカ海兵隊]]でも採用されている。~
[[水密胴体]]であるため海上運用も可能だが、[[ローター]]に折り畳み機構がないため[[航空母艦]]には格納できない。~
~
**スペックデータ [#i2cd112d]
|乗員|3名|
|積載能力|兵員32名/55名(センターシート取り付け時)または担架24+[[衛生兵]]2名|
|[[主回転翼>メインローター]]直径|18.3m|
|全長|30.1m|
|胴体長|15.54m|
|全高|5.7m|
|胴体幅|3.87m|
|空虚重量|10.185t|
|最大全備重量|12.1t|
|最大離陸重量|22.68t|
|最大吊り下げ重量|10,000kg+|
|[[エンジン]]|ライカミング T55[[ターボシャフト]]×2基|
|~|CH-47A:T55-L-5(2,200軸馬力)/T55-L-7(2,650軸馬力)&br;CH-47B:T55-L-7C(2,850軸馬力)&br;CH-47C:T55-L-11(3,750軸馬力)&br;CH-47D:T55-L-712(3,750軸馬力)/T55-L-714(4,085軸馬力)((MH-47Eも使用。))&br;CH-47F:T55-GA-714A(4,868軸馬力)((MH-47Gも使用。))|
|速度&br;(超過禁止/巡航)|295km/h / 260〜270km/h|
|[[航続距離]]|2,060km|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|2,590m|
|[[ホバリング]]高度限界|1,524m(OGE)|
|[[上昇率]]|605m/min|
|>|CENTER:[[アビオニクス]]|
|無線機|ARC-186またはARC-201 [[VHF]]/[[AM]]/[[FM>VHF]]無線機&br;ARC-199またはARC-220 [[HF]]無線機&br;ARC-164 [[UHF]]無線機|
|航法装置|ASN-149(V) [[GPS>全地球測位装置]]受信機&br;ASN-128ドップラー/PGSセット&br;ARN-89B ADF(自動方位探知)セット&br;APN-209電波高度計&br;ARN-123 [[VOR]]/[[ILS>計器着陸装置]]受信機&br;ASN-43ジャイロ磁気コンパス|
|[[IFF>敵味方識別装置]]|APX-100 [[IFF>敵味方識別装置]]トランスポンダー|
|レーダー探知|APR-39A(V) [[レーダー]]信号探知システム|
|ミサイル警報|ALQ-59 パルス・ドップラー[[ミサイル警報装置>ミサイル接近警報装置]]&br;M130 [[フレア]]ディスペンサー×4基&br;ALE-47スマートディスペンサー(MH-47E/G)|
~
**主なバリエーション [#l98f744a]
-基本型
--YCH-47A(YHC-1B):~
試作型。[[エンジン]]はライカミング T55-L-5(2,220馬力)×2基を搭載。~
~
--CH-47A:~
初期量産型。~
[[エンジン]]はT55-L-7(2,650馬力)×2基を搭載。~
~
--CH-47B:~
ローター径を伸ばし[[エンジン]]をT55-L-7C(2,850馬力)×2基へ強化、胴体を改良したモデル。~
~
--CH-47C:~
[[エンジン]]をT55-L-11(3,750馬力)×2基へ強化したモデル。~
後期型からカーゴフックが3点式になった。~
~
--CH-47D:~
A型/D型の改修型。~
複合材[[ローター]]の採用や[[アビオニクス]]の改善、トランスミッション強化などにより能力が大幅に向上した。~
エンジンはT55-L-712(3,750軸馬力)またはT55-L-714(4,085軸馬力)(MH-47Eも使用)×2基搭載。~
~
--CH-47F:~
D型の近代化改修型。~
液晶[[グラスコックピット]]を採用し、ローターを改装した。~
アメリカ陸軍のほか、オランダ空軍、カナダ空軍、[[イギリス空軍>RAF]]、インド空軍、オーストラリア陸軍等々が選定し、採用を決めている。~
また、[[陸上自衛隊]]でも2016年度概算要求分からF型相当のものに切り替わっている。~
~
-派生型
--CH-47SD("Super D"):~
D型の発展型。~
エンジンはT55-GA-714Aを搭載し、燃料タンクが7,828リットルに拡大され、機首に[[気象レーダー]]が搭載されている。~
台湾、シンガポール、ギリシャに輸出された。~
~
--CH-47J:~
[[川崎重工業]]によるD型の[[ライセンス生産]]モデル。~
1987年から[[陸上自衛隊]]・[[航空自衛隊]]向けに生産配備され、主に災害救助・物資輸送・火災消火に用いられる。~
エンジンはT55-K-712(4,336軸馬力)×2基([[川崎重工業]]のライセンス生産)。~
~
---CH-47JA:~
J型の[[スポンソン]]を大型化して燃料タンクを倍増し、[[気象レーダー]]を追加、航法装置を改良して作戦遂行力を強化したもの。CH-47SD相当。~
[[陸上自衛隊]]に納入されている。~
~
---CH-47J(LR)("Long Range"):~
JA型の航空自衛隊仕様。細部を除きJA型と同様。~
後部脚に油圧による姿勢制御機能を持つ。~
~
--CH-147:~
C型のカナダ空軍向け仕様。~
~
--ACH-47A:~
[[ベトナム戦争]]で試用された[[ガンシップ]]型。~
非公認愛称は「ガンズ・ア・ゴーゴー」。~
機首下部にM5[[グレネードランチャー]]、前脚横左右に増設されたスタブウイングにM24A1 20mm機関砲かXM159ロケットランチャーを装備する。~
また、左右の窓に[[M60D>M60(機関銃)]]や[[ブローニングM2]]が取り付けられ((後端開口部のローディングランプにも搭載可能となっている。))、機体各所に[[装甲]]板が張られた。~
4機が改造され、高い評価を得たが、輸送型の生産が優先されたことと専門の[[攻撃ヘリ>攻撃ヘリコプター]]・[[AH-1G「コブラ」>AH-1]]の就役により量産されず。~
~
--MH-47D:~
A型を改修した特殊作戦型。~
AAQ-16 [[FLIR]]、空中給油プローブ、救難ホイスト、デジタル・コックピットを装備。~
自衛用武器として前部に[[M134]][[ミニガン]]とローディング・ランプに[[M60D>M60(機関銃)]]を装備する。~
~
---MH-47E:~
CH-47Cを改造しD型相当の特殊作戦用となった機体。~
燃料タンクを拡張し、機首の気象レーダーに加えてAPQ-147マッピング/地形追従レーダーを追加、航法装置改良、[[装甲]]追加、[[空中給油]]用プローブ追加など。~
ASE((Aircraft Survivability Equipment.))には、AAR-47ミサイル警報装置、AVR-2[[レーザー]]警報装置、ALQ-162CW連続波[[ジャマー]]を装備。~
~
---MH-47G:~
MH-47Eに特殊作戦用の改造を施し、CH-47F相当の特殊作戦用となった機体。~
エンジンはT55-GA-714Aに換装され、EGIと呼ばれる組込式[[GPS>全地球測位装置]]/[[INS>慣性航法装置]]装置、AHRF(航空機方位参照システム)が搭載された。~
EAPS(エンジン・エア・セパレーター)が円錐形から円筒形に変更された。~
~
--HH-47 CSAR-X:~
古くなった[[HH-60G「ぺイブ・ホーク」>UH-60]]の後継として選定された[[戦闘捜索救難]]型。MH-47G相当。~
HH-60Wに敗れ採用されず。~
~
--HH-47D:~
韓国空軍が[[捜索救難]]用に改修した型。~
~
--チヌークHC.1:~
英国でC型を[[ライセンス生産]]したもの。別名「CH47-352」。~
[[英空軍>RAF]]に納入されている。~
改良型のHC.1Bはグラスファイバー製のローター・ブレードと三点式のカーゴフックを装備する。~
~
---チヌークHC.2/HC.2A:~
D型を英国で[[ライセンス生産]]したもの。~
T55-L-712エンジンを装備し、補助電源の改良や新しい自動操縦装置、油圧装置、長距離用の燃料タンク、[[赤外線]]ジャマー、[[チャフ]]、ミサイル接近警報装置、機関銃装着金具、[[IRST]]などが取り付けられている。~
~
---チヌークHC.3:~
MH-47Eに一部G型で開発中の技術を導入した[[英空軍>RAF]]向け[[特殊部隊>特殊部隊(軍事)]]輸送型だが、問題発生により再評価中。~
~
---チヌークHC.4:~
HC.2/HC.2Aの近代化改修型。~
~
---チヌークHC.5:~
HC.3の近代化改修型。~
~
---チヌークHC.6:~
最新型。CH-47F相当。~
~
--モデル234「コマーシャル・チヌーク」(V234):~
D型をベースにした民間向けモデル。~
気象レーダーや大型化した燃料タンクを初めて採用している。~
クレーン・ヘリコプターとして少数生産され、北海油田などへの物資輸送に使用された。~
~
---モデル234LR:~
旅客型。~
~
---モデル234UT:~
汎用型。生産されず。~
~
---モデル234ER:~
長距離型。~
~
---モデル234MLR:~
長距離汎用型。~
~
--モデル347:~
CH-47Aをベースにした技術実証機。~
胴体を延長し、ローターは4枚に増やされ、胴体中央に主翼を追加するなど大幅な改修が加えられている。~
主翼は、[[ホバリング]]時に仰角を垂直に近い位置まで上げる仕組みになっていた。~
~

日本でも[[陸上自衛隊]]や[[航空自衛隊]]が採用したが、[[KV-107>CH-46]]が長きに渡って使用され続けていたためか、部隊配備は1987年と大きく遅れをとった。~
(搭載量の大きいD型の登場を待っていたという説もある)~
災害時には救助や援助物資の輸送に役立つほか、阪神大震災以降は大型の消火用バケツを装備するようになり、防災面でも大きな役割を担う。~

-YCH-47A: 試作型、[[エンジン]]は2,220馬力×2、旧称YHC-1B
-CH-47A: 初期量産型、[[エンジン]]は2,650馬力×2
-ACH-47A:非公認愛称は「ガンズ・ア・ゴーゴー」。
[[ベトナム戦争]]で用いられた[[ガンシップ]]型
-CH-47B: [[エンジン]]を2,850馬力×2へ強化
-CH-47C: [[エンジン]]を3,750馬力×2へ強化
-CH-147: C型のカナダ軍向け
-チヌークHC.1: C型の[[英空軍>RAF]]向け、CH47-352と呼ばれる
改良型のHC.1Bはグラスファイバー製のローター・ブレードと3点式のカーゴフックを装備する
-V234: C型の民間向けモデル

-CH-47D: 複合材[[ローター]]採用や[[アビオニクス]]改善、トランスミッション強化などにより大幅に能力向上
-CH-47J: D型を[[川崎重工]]が[[ライセンス生産]]したもの、[[陸上自衛隊]]および[[航空自衛隊]]向け
-CH-47JA: J型の[[スポンソン]]を大型化して燃料タンクを倍増し、[[FLIR]]を追加、航法装置を改良して作戦遂行力を強化した、[[陸上自衛隊]]向け
-チヌークHC.2: D型の[[英空軍>RAF]]向け。
T55-L-712エンジンを装備し、補助電源の改良や新しい自動操縦装置、油圧装置、長距離用の燃料タンク、赤外線ジャマー、チャフ、ミサイル接近警報装置、機関銃装着金具、[[IRST]]などが取り付けられている。
-V414: D型の民間向けモデル

-MH-47E: 燃料タンク倍増、[[FLIR]]追加、航法装置改良、[[装甲]]追加、[[空中給油]]用プローブ追加などをした[[特殊部隊]]輸送型
-チヌークHC.3: MH-47Eに一部G型で開発中の技術を導入した[[英空軍>RAF]]向け[[特殊部隊]]輸送型だが、問題発生により再評価中

-CH-47F: 液晶コックピットを採用しローターを改装したD型の近代化改修型、現在試作機評価中

-MH-47G: F型に特殊作戦用の改造を施したMH-47Eの後継型、現在開発中

http://www4.plala.or.jp/klesa108/diary/shizuhama2006/ch-47j.jpg~
航空自衛隊のCH-47J~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS