• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(しーえふひゃくご){【CF-105】}; [#v7c7c531]
不採用に終わったカナダ空軍の超音速戦闘機。 愛称は &ruby(アロー){Arrow};。~
Avro Canada CF-105 &ruby(アロー){Arrow};~
~
ソビエトの[[爆撃機]]を迎撃する[[戦闘機]]として、1953年に開発が始まり、1958年に試作機が初飛行をした。~
1950年代にカナダで開発された超音速戦闘機。~
ソビエトの[[戦略爆撃機]]を迎撃する[[戦闘機]]として、1953年に開発が始まり、1958年に試作機が初飛行した。~
~
世界で始めて[[フライバイワイヤー]]を実用化した機体であり、[[ペイロード]]が[[爆撃機]]並に大きく、最大で[[AIM-7]]を6発、または[[AIM-4]]を12発搭載できるほか、[[爆弾]]や[[対艦ミサイル]]を装備すれば対地攻撃や対艦攻撃も行え、[[マルチロールファイター]]としての可能性も秘めていた。 また、[[ターボジェット]]エンジンを双発で搭載し、無尾翼デルタで23mを越す大型の胴体には大量の燃料を搭載できるため、[[マッハ]]1を最大2.5時間も維持することが可能だった。~
世界で始めて[[フライバイワイヤー]]を実用化した機体であり、[[ペイロード]]が[[爆撃機]]並に大きく、最大で[[AIM-7]]を6発、または[[AIM-4]]を12発搭載できるほか、[[爆弾]]や[[対艦ミサイル]]を装備すれば対地攻撃や対艦攻撃も行うことも可能と、後年の「[[マルチロールファイター]]」と呼ばれる機体にもなりうるポテンシャルを秘めていた。~
また、[[ターボジェット]]エンジンを双発で搭載し、無尾翼デルタで23mを越す大型の胴体には大量の燃料を搭載できるため、[[マッハ]]1を最大2.5時間も維持することが可能だった。~
~
しかし、価格が高騰し((当時の日本円に換算して1機あたりの価格は34億円以上だった))、そしてアメリカ政府の圧力を受けたため、開発は中止され、数機の試作機と設計書類はすべて処分された。~
しかし、価格が高騰し((当時の日本円に換算して1機あたりの価格は34億円以上だった。))、さらにアメリカ政府の圧力も受けたため、開発は中止され、数機の試作機と設計書類はすべて処分された。~
~
なお、ソ連の[[MiG-25]]の開発には[[スパイ]]によって盗まれた当機のデータが役立てられた。~

**スペックデータ~ [#h39fae18]
乗員:2名~
全長:24.64m~
全幅:15.242m~
全高:6.47m~
エンジン:P&W J75 ターボジェット(推力5,670kg)×2基~
総重量:31,077kg~
最大離陸重量:31,077kg~
最大速度:[[マッハ]]2.3以上(試験飛行時の最高記録)~
戦闘行動半径:740km~
武装~
固定武装:なし~
胴体内にAIM-4 ファルコンまたは[[AIM-7]]スパロー8発を搭載可能~
**スペックデータ [#h39fae18]
|乗員|2名|
|全長|24.64m|
|全高|6.47m|
|全幅|15.242m|
|総重量|31,077kg|
|最大離陸重量|31,077kg|
|[[エンジン]]|[[P&W>プラット&ホイットニー]] [[J75]][[ターボジェット]]([[推力]]5,670kg)×2基|
|最大速度|[[マッハ]]2.3以上(試験飛行時の最高記録)|
|[[戦闘行動半径]]|740km|
|武装|固定武装なし、胴体内に[[AIM-4「ファルコン」>AIM-4]]×8発または[[AIM-7「スパロー」>AIM-7]]×4発を搭載可能。|
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS