【C-5】(しーご)

Lockheed C-5 Galaxy
ロッキード?社がC-133「カーゴマスター」の後継として開発した大型ジェット軍用輸送機。
高翼式の主翼とT字形尾翼が特徴で、メインギアの低圧タイヤの数を28個にし、特に補強した滑走路を必要としない機体となった。
また、着陸装置にはニーリングと呼ばれる伸縮機構を装備し、床位置を下げる事により搭載作業の効率化が図られている。
1969年12月から納入が開始されたが、納入後に主翼の構造強度が不足していることが判明し、全生産機が翼面荷重を抑えるため、最大搭載量80%の搭載制限措置が取られた。
後に、アルミニウム合金を使用した主翼の改設計などを行ったC-5Bが生産され、A型もB型と同等の改修が行われた。

1976年のベレンコ中尉亡命事件で、百里基地へMiG-25を輸送したのも当機である。
昔はアメリカ軍の装備の98%を輸送可能な唯一の機体だったが、近年はC-17がその任をともに担いつつある。

スペックデータ

全幅:67.88m
全長:75.54m
全高:19.85m
主翼面積:576.0
空虚重量:169,643kg
最大離陸重量:379,657kg
ペイロード:118,387kg(最大)
機体内燃料容量:193,642リットル
エンジン:GE製TF39-GE-1Cターボファンエンジン(推力191.2kN)4基
速度:496kt(最大)/440kt(巡航)
海面上昇率:564m/min
実用上昇限度:10,895m
航続距離:2,982nm(ペイロード最大時)
乗員:5名/兵員:360名

派生型

  • C-5A
    初期生産型。81機生産。後にB型と同等の改修が実施された。

  • C-5B
    GE TF39-GE1Cエンジンへの換装やアビオニクスの改良、機体強度の強化を施した型。50機製造。

  • C-5C
    船舶運搬用に改修されたほか、NASAの大型貨物輸送任務のために製作された型。
    2機製作され、運用は空軍が行っている。

  • C-5M スーパーギャラクシー
    A型とB型の近代化改修型。
    グラスコックピットや最新の航法・通信システムを導入し、エンジンをGE CF6-80C2への換装が行われている。
    2006年5月16日に初号機がロールアウトし、順次更新が行われる予定である。

    関連:B747 An-124

    c5a005.jpg

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS