*&ruby(しーいち){【C-1】}; [#i4a1e89e]
+グラマンC-1"&ruby(トレーダー){Trader};"~
[[アメリカ海軍]]が運用していた艦上輸送機。旧呼称TF-1。~
主に、COD((Carrier Onboard Delivery:基地〜空母間連絡輸送。))を行う艦上輸送機として運用された。~
~
当時、海軍は[[A-1「スカイレーダー」>A-1]]ベースの艦上輸送機型であるAD-5RをCOD任務に使用していたが、搭載容量が900kgと少なく、運用に苦労していたため、[[艦載機]]としては大型で、転用も容易であった[[S-2「トラッカー」>S-2]][[対潜哨戒機]]をベースに開発された。~
~
機体は輸送用に胴体を再設計した以外はほぼS2F-2と同様である。~
専用のカーゴドアを装備していないため大型貨物の搭載には難があるものの、約1.6tの貨物搭載能力を持つほか、座席を設置し9名の人員を輸送することもできる。~
~
最終的にC-1 87機、EC-1A 4機が製造され、[[ベトナム戦争]]で洋上に展開する[[空母]]への補給に活躍した。~
後継機である[[C-2「グレイハウンド」>C-2]]艦上輸送機の生産開始後も、空母での運用は1980年代後半まで続けられ、1988年9月に全機が退役した。~
~
【スペックデータ】~
|乗員|2名+兵員9名|
|全長|13.8m|
|全高|5.1m|
|全幅|22.1m|
|主翼面積|46.3|
|空虚重量|9,359kg|
|最大離陸重量|12,063kg|
|[[エンジン]]|ライト[[R-1820-82WA>R-1820]][[空冷>空冷エンジン]]星形9気筒([[推力]]1,137kW)×2基|
|速度&br;(最大/巡航)|197kt/141kt|
|海面[[上昇率]]|341m/min|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|4,815m|
|[[航続距離]]|870nm|
~
【バリエーション】~
--C-1(TF-1):~
量産型。87機製造。~
~
--EC-1A(TF-1Q):~
電子偵察・妨害型。~
~
--TF-1W:~
[[E-1]][[早期警戒機]]開発に使用された空力試験機。~
ダミーのレーダードームの設置や尾翼の改造を行っている。~
~
--C-1T:~
ブラジル海軍で2012年に再就役した際の名称。~
エンジンをTP331[[ターボプロップ]]への換装、電子機器の近代化などの改修が施されている。~
~
+川崎C-1~
[[川崎重工>川崎重工業]]など国内航空産業メーカーが合同製作した国産の中型[[輸送機]]。~
高翼式の[[主翼]]と[[T字形尾翼>T尾翼]]が特徴であり、[[アメリカ軍]]の兵士からは「ミニ[[ギャラクシー>C-5]]」とも呼ばれていた。~
~
沖縄返還前に計画・設計された機体なので、政治的な判断から[[航続距離]]が異様に短く設定された(道北〜奄美群島までとされていた)のが欠点ではある((このため、空自は後年、同機の導入検討時に一度却下した[[C-130]]を輸入せざるを得なくなってしまった。&br;  ただし、C-130の導入には技術的な問題以外にも「日米貿易摩擦の緩和」や「極東有事における『宗谷海峡の[[機雷]]封鎖』への協力」も求められていたからだという。))が、4重[[フラップ]]を活用した[[短距離離着陸>STOL]]性能や高機動飛行((90度バンクでの急旋回、ロールなど。))が可能な飛行性能は、他の[[輸送機]]には真似のできない本機だけの特徴である。~
そのため、1970〜1980年代に旧科学技術庁の航空宇宙技術研究所(NAL)が開発したSTOL実験機「[[飛鳥]]」の製作母体に選ばれた他、アメリカ軍からも「[[特殊作戦]]用輸送機」として導入が打診された、という話も残っている。(実現はしなかった)~
~
初飛行から40年近く経って老朽化・陳腐化したため、現在「中期防衛力整備計画」を基にした後継機「[[C-2>C-2(日本)]]」の開発が進められており、これと交代する形で順次退役の予定となっている。~
(ちなみに同機の設計は、[[海上自衛隊]]向けの新型哨戒機「[[P-1]]」との共通化が図られている)~
~
関連:[[空挺降下]]~
~
【スペックデータ】~
|乗員|5名・兵員60名/空挺隊員45名の輸送が可能。|
|全長|29.0m|
|全高|9.9m|
|全幅|30.6m|
|主翼面積|120.5|
|空虚重量|24,000kg|
|最大離陸重量|45,000kg|
|最大[[ペイロード]]|8,000kg|
|[[エンジン]]|[[P&W>プラット&ホイットニー]] JT8D-9[[ターボファン]]([[推力]]64.2kN)×2基|
|速度&br;(最大/巡航)|[[マッハ]]0.76/マッハ0.65|
|海面[[上昇率]]|1,067m/min|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|11,600m|
|[[航続距離]]|700nm([[ペイロード]]最大時)/1,188nm(ペイロード6,500kg時)|
|製造|[[川崎重工>川崎重工業]]|
~
【バリエーション(カッコ内は生産機数)】~
--XC-1(2機):~
試作・飛行実験機。~
後に試作1号機(#001)はC-1FTBに、試作2号機(#002)は量産型に改造された。~
~
--C-1(29機):~
量産型。~
~
--C-1FTB(1機):~
試作1号機(#001)を改造したテストベット機。機首に装着された長い計測プローブが特徴。~
飛行開発実験団([[岐阜基地>岐阜飛行場]])に配備され、[[T-4]]や[[飛鳥]]、[[XP-1>P-1]]のエンジンのほか、ミサイルや機体装備品の試験に使用されている。~
~
--EC-1(1機):~
量産型(78-1021号機)に[[ECM]]装置を搭載した[[電子戦]]訓練機型。~
機首のアンテナフェアリングが特徴。~
[[航空総隊]]司令部飛行隊([[入間基地]])に配備されている。~
~
--[[飛鳥]]:~
C-1をベースにした[[STOL]]実験機。詳しくは項を参照。~
~
#ref(sharp_c1.JPG)
~

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS