• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(びーおーいちまるご){【Bo105】}; [#o1fda0f0]
西ドイツのMBB社(現[[ユーロコプター]])が開発・製造した軽量双発[[ヘリコプター]]。~
ベルコウ社が1962年に開発を始めたが、間もなく[[メッサーシュミット]]やブローム+フォスの航空機部門と合併し、MBBの製品となった。~
初飛行は1967年で、1970年に型式証明を取得した。~

本機の特徴は信頼性を重視して、5人乗りの小型機でありながらアリソン250[[ターボシャフト]]を双発で搭載したことである。これにより、後に[[ライトツイン]]と呼ばれるものの始祖的存在となった。~
またローターブレードをガラス繊維強化樹脂製にし、ローターハブを無関節のリジッドローターにするなど、[[ローター]]も当時としては非常に先進的なものであり、操縦応答性がよく機動性に優れている。~
さらに小型の[[シングルローター]]機でありながら、胴体後部のテイルブーム下にクラムシェルドアを備え、担架などの積み下ろしが容易である。現代では多くの小型ヘリがこれに倣っている。~

~
本機の特徴は信頼性を重視して、5人乗りの小型機でありながらアリソン250[[ターボシャフト]]を双発で搭載したことである。~
これにより、後に[[ライトツイン]]と呼ばれるものの始祖的存在となった。~
また、ローターブレードをガラス繊維強化樹脂製にし、ローターハブを無関節のリジッドローターにするなど、[[ローター]]も当時としては非常に先進的なものであり、操縦応答性がよく機動性に優れている。~
さらに小型の[[シングルローター]]機でありながら、胴体後部のテイルブーム下にクラムシェルドアを備え、担架などの積み下ろしが容易である(現代では多くの小型ヘリがこれに倣っている)。~
~
発展型としてBo108が開発されていたが、アエロスパシアルとの合併により[[フェネストロン>ダクテッドファン]]が追加されることとなり、[[EC135]]へ改称された。~
~
**スペックデータ [#k33d0e21]
|乗員|2名+兵員3名|
|[[主ローター>メインローター]]直径|9.84m|
|全長|11.86m|
|胴体長|8.56m|
|全高|3.02m|
|回転円盤面積|76.1|
|空虚重量|1,688kg|
|離陸重量|2,380kg([[HOT]]×6搭載時)|
|最大離陸重量|2,500kg|
|エンジン|アリソン 250-C20B[[ターボシャフト]]([[推力]]313kW)×2基|
|速度&br;(最大/経済巡航)|131kt/110kt|
|海面[[上昇率]]|445m/min|
|実用上昇限度|5,200m|
|[[ホバリング]]高度限界|3,200m(IGE)/2,100m(OG)|
|[[航続距離]]|550nm(フェリー時)/350nm(HOT×6搭載時)|
|兵装|[[FIM-92]]、[[HOT]]、[[BGM-71>TOW]]等|
**派生型 [#a08d09f1]
-Bo105A:初期生産型。エンジンはアリソン 250-C18を搭載。
-Bo105C:[[エンジン]]強化型。アリソン 250-C20を搭載。
-Bo105CB:[[エンジン]]をさらに強化した小型観測/多用途輸送型。アリソン 250-C20Bを搭載。
-Bo105CBS:多用途輸送型。救命救急医療活動向けに[[キャビン]]を25cm延長している。
-Bo105CBS-5:CBSの捜索救難型。
-Bo105CBS:多用途輸送型。[[救命救急医療活動>ドクターヘリ]]向けに[[キャビン]]を25cm延長している。
-Bo105CBS-5:CBSの[[捜索救難]]型。
-Bo105D:英国向けの洋上運用モデル。
-Bo105LS A1:BSの[[エンジン]]やトランスミッションをさらに強化し、高温・高地に対応した型。アリソン 250-C28Cを搭載。
-Bo105LS A2:A1の最大離陸重量を2,00kgに増大したモデル。 
-Bo105LS A3「スーパーリフター」:CBS-5に[[BK117C-1>BK117]]の[[テイルローター]]を組み合わせて[[揚力]]を強化し、最大運用重量を2,850kgまで増大、機外吊り下げ能力を強化したモデル。
-EC-スーパーファイブ:CBSベースの民間型。

-Bo105P:[[アウトリガー]]に[[HOT]]を装備するドイツ陸軍向けの[[対戦車>攻撃ヘリコプター]]型。軍呼称はPAH-1。
-PAH-1A1:Bo105Pの改良・改修型。
-PAH-1 フェーズ2:西ドイツ陸軍向け夜間攻撃型の提案モデル。
-BSH:西ドイツ陸軍向け護衛型の提案モデル。[[スティンガー>FIM-92]]AAMを搭載。
-Bo105M:PAH-1の連絡・[[観測>観測ヘリコプター]]改修型。軍呼称はVBH。
-Bo105/オフェリア:試験・評価用モデル。メインローター上に照準器機を搭載。
-Bo105ATH:スペイン陸軍向け対戦車ヘリコプター型。
-Bo105GSH:スペイン陸軍向け武装偵察ヘリコプター型。
-Bo105LOH:スペイン陸軍向け観測ヘリコプター型。
-Bo105GSH:スペイン陸軍向け[[武装偵察ヘリコプター]]型。
-Bo105LOH:スペイン陸軍向け[[観測ヘリコプター]]型。
-Bo105MSS:海事モデル。捜索レーダーを搭載。
-NBO-105:ITPN社での[[ライセンス生産]]型。
-NBO-105S:胴体延長モデル。
-BO105 エグゼキュテエア:ボーイング・バートルとカールソン・ヘリコプターによるライセンス生産型。胴体を24.5cm延長している。
-BO105 エグゼキュテエア:ボーイング・バートルとカールソン・ヘリコプターによる[[ライセンス生産]]型。胴体を24.5cm延長している。
-BO105E4:Bo105Pの性能向上型。

&ref(http://mmsdf.sakura.ne.jp/masdf/riat2008m/IMG_9836.jpg,600x400);~
PAH-1(Bo105P)~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS