【B787】(びーななはちなな)

Boeing 787 "Dreamliner(ドリームライナー)".
B757B767B777の後継としてボーイング社が開発した、中型双発ジェット旅客機
開発当初はB7E7と呼ばれていたが、2005年1月28日に正式名称をB787へ変更した。
これは、アジア地域での販売促進*1を狙ったのが理由の一つであるが、ボーイング社のジェット旅客機に付与されるモデル・ナンバー「7-7」において、いまだ「787」と「797」が使われていなかったことも理由となっている。
http://www.boeing.com/news/releases/2005/q1/nr_050128g.htmlhttp://www.boeing.jp/2005/050128.htmlを参照)

高効率エンジンや空力学的に洗練された機体デザイン、複合材を積極的に取り入れて機体を軽量化したことになどより、ペイロード航続距離の増大、そして省燃費化(20%)を図っている。
また、機構の単純化や優れた自己診断機能の導入、複合材料による耐久性の向上により、整備コストを低減することも目標とされている。

複合材の多用により与圧性能の向上や加湿器の装備が可能となり*2、LEDによる照明コントロールや窓の大型化など、快適性の向上も図られている。

当初の計画では、
「2005年末までに機体の仕様を確定し、2006年から製造に着手。
 2007年に初号機の初飛行を行い、2008年にローンチカスタマーへ納入し、就航を開始する」
という予定になっていたが、改善を要する問題点(特に、下請メーカーで製作された部品の品質低下に起因するもの)が多数見つかったことにより、この予定は大幅に遅延し、初飛行は2009年12月15日となった。

日本の全日本空輸がローンチカスタマーとなった本機は、2011年10月末、成田〜香港間のチャーター便で初の商業運航を実施した。
定期フライトとしては2011年11月に羽田〜岡山・広島線に、翌2012年1月には羽田〜北京、羽田〜フランクフルト線(独ルフトハンザ航空との共同運航路線)に就航している。
また、日本航空も2012年4月に新規路線となる成田〜ボストン便を就航させる予定となっている。

20110707b787_land.jpg

スペックデータ

乗員2名(機長副操縦士
座席数2クラス290〜330名(787-3)
3クラス210〜250名(787-8)
3クラス250〜290名(787-9)
全長57.0m(787-3)
63.0m(787-8)
62.8m(787-9)
全高16.9m(787-3/9)
17.0m(787-8)
全幅52.0m(787-3)
63.5m(787-8)
60.1m(787-9)
胴体幅5.74m
客室幅5.46m(787-3)
5.49m(787-8/9)
最大離陸重量170,000kg(787-3)
219,540kg(787-8)
244,940kg(787-9)
貨物量16t
エンジンGE GEnxまたはロールス・ロイス トレント1000ターボファン×2基
最大燃料容量48,600L(787-3)
127,000L(787-8/9)
巡航速度M0.85
航続距離5,650km(787-3)
14,200〜15,200km(787-8)
14,800〜15,750km(787-9)
最大巡航高度13,000m


派生型のラインナップ

  • B787-3(290人級の短距離(6500km)型)
    事実上日本専用モデルとして売り込まれたが、開発スケジュールの遅延に伴ってB787-8へ発注が振り替えられ、実機の生産は現時点で行われていない。
  • B787-8(B787の基本型で、220人級の長距離(15700km)型)
  • B787-9(260人級の長距離(15400km)型)

上記の型番は、ボーイング社の旅客機に付与する機体命名法に則すれば

  • B787-8##(基本型)
  • B787-3##(短距離型)
  • B787-9##(胴体延長型)

になる(##はカスタマーコードを示す)。

参考リンク:


*1 中国や日本では「八(=8)」が縁起のいい数字とされている。
*2 従来機では構造材の腐食が懸念されるため加湿器が設置できず、乗客・乗員は乾燥に注意する必要があった。
  エコノミークラス症候群の項も参照。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS