【B787】(びーななはちなな)

B757B767B777の後継としてボーイング社が開発中の中型双発ジェット旅客機
開発当初はB7E7と呼ばれていたが、2005年1月28日に正式名称をB787へ変更した。
これは、中国や日本などで「八(=8)」が縁起の良い数字とされているために、アジア地域での販売促進を狙ったものであり、またボーイング社のジェット旅客機に付与されるモデル・ナンバー「7-7」においていまだ「787」と「797」が使われていないため「787」が選ばれた。
http://www.boeing.com/news/releases/2005/q1/nr_050128g.htmlhttp://www.boeing.jp/2005/050128.htmlを参照)

高効率エンジンや空力学的に洗練された機体デザイン、複合材を積極的に取り入れて機体を軽量化したことになどより、ペイロード航続距離の増大、そして省燃費化(20%)を図っている。
また機構の単純化や優れた自己診断機能の導入、複合材料による耐久性の向上により、整備コストを低減することも目標とされている。

当初の計画では、2005年末までに機体の仕様を確定し、2006年から製造に着手、2007年に初飛行し、2008年に就航する予定であったが、特に下請けのメーカーによる、品質の低下に起因する問題点が多数見つかったことによりこの予定は大幅に遅延しており、初飛行は2009末〜2010年以降になると見込まれているが、先行きは不透明である。

派生型のラインナップ(予定)

  • B787-3(290人級の短距離(6500km)型)
  • B787-9(B787の基本型で、260人級の長距離(15400km)型)
  • B787-8(220人級の長距離(15700km)型)

上記の型番は、ボーイング社の旅客機に付与する機体命名法に則すれば

  • B787-8##(長距離型)
  • B787-3##(短距離型)
  • B787-9##(基本型)

になる(##はカスタマーコード?を示す)。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS