• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(びーなななななな さんえすびーいーあーる){【B777-3SBER】}; [#m0141366]
日本国政府が導入した[[政府専用の旅客機>政府専用機]]。~
従来の[[B747-47C]]の後継として2018年に導入され、2019年度から2機(([[機体記号]]:80-1111/80-1112。))が[[防衛省]]・[[航空自衛隊]]により運用開始される予定。~
主たる用途は皇族・要人・賓客等の移動、および緊急事態における[[自衛官]]・避難民の緊急輸送。~
>「B777-3SBER」はボーイング社の顧客コードを付した型式表記であり、日本政府・[[自衛隊]]では「B777-300ER」と表記している。

>なお、[[B777]]にとっては本機が初の[[軍用機]]型となった((これより以前、[[アメリカ空軍]]に[[空中給油機]]兼[[輸送機]]型が提案されていたが、同じボーイング社製の[[B767]]をベースとした「KC-46」に敗れて不採用となったため。))。

先代の[[B747-47C]]同様、[[乗員>エビエーター]]・[[整備士>航空整備士]]及び運航スタッフはすべて[[航空自衛官>自衛官]]から選抜されるが、[[航空自衛隊]]は[[B777]]の運用教則を保有していない。~
このため、機体の重整備・乗員の教導・改装工事・[[グランドハンドリング]]は一部[[全日本空輸]]に委託される予定。~
~
関連:[[B777]] [[B747-47C]] [[エアフォースワン]]

**機内構成 [#uc3d14c0]
-[[コックピット]]~
操縦系統は[[2マンクルー]]であるが、VIP輸送時の航路設定を行う[[偵察航法幹部>航空士(自衛隊)]]や(搭乗する要人の行う通信を担当する)[[航空通信士]]の席も用意されていると推定される。~
また、[[軍用機]]であることから[[敵味方識別装置]]や[[ミサイル接近警報装置]]、軍用の[[UHF]]無線機((民間機は通信に[[VHF]]を用いている。))なども搭載されていると推測される。
-運航要員区画~
座席は[[エコノミークラス]]相当((以下、座席のグレードは[[全日本空輸]]の基準による。))。
-貴賓室~
機体前方部にあるとされるが非公開。
-会議室~
6席。パーティションで区切ることで2室に分けることができる。
-事務室
-随行員室~
座席は[[ビジネスクラス]]相当・21席。
-一般客室~
座席は[[プレミアムエコノミー>エコノミークラス]]相当・85席(通常)。[[マスコミ]]関係者などの民間人が搭乗する際には運賃が請求される。

客室には座席ごとに娯楽設備が備えられており、機内Wi-Fiによるインターネット接続が可能。~
また、[[B747-47C]]に備えられていた記者会見席は廃止されている。

**導入の経緯 [#v1194dfa]
日本政府は1993年以来、[[B747-400]]をベースとした[[B747-47C]]を政府専用機として用いていた。~
しかし就航から20年以上の時間が経過した事により[[運用寿命]]が近づいてきた((同じ目的で用いられるアメリカの[[VC-25]]に比べれば年間の飛行時間・回数は少なかったが。))。~
~
加えて、機体の運航支援を行っていた[[日本航空]]が2010年に経営破綻し、経営再建のために[[B747]]の退役が決定。~
これによって[[B747-47C]]の運航支援を続けることが困難になった((航空自衛隊は[[B747-400]]の運用教則を保有しておらず、機体の重整備やパイロット・[[フライトアテンダント]]の教導・改装工事・[[グランドハンドリング]]を日本航空に委託していた。))。~
これによって[[B747-47C]]の運航支援を続けることが困難になった((航空自衛隊は[[B747-400]]の運用教則を保有しておらず、機体の重整備やパイロット・[[フライトアテンダント]]の教導・改装工事・[[グランドハンドリング]]を日本航空に委託していた。))((日本航空からのB747退役後は、機体関連資格の取得支援業務が[[B747F]]を運航する[[日本貨物航空]]に引き継がれた。))。~
>B747自体の運用は日本航空の他、[[全日本空輸]]と[[日本貨物航空]]が行っていたが、全日本空輸は日本航空がB747の退役を進めていたころ、B747を[[B777]]・[[B787]]で置き換えて退役を進めていた((最終的に2014年に全機退役している。))。~
また、日本貨物航空は[[B747]]の重整備を行える施設を持っていなかった。

そこで日本政府は2014年、後継となる政府専用機の選定に着手。~
[[ボーイング]][[B787]]・[[B777-300ER>B777]]・[[エアバス>エアバス(企業)]][[A350XWB>A350]]が候補に挙がった((なお、アメリカの[[VC-25]]の後継機候補に挙がっていた[[B747-8IC>B747-8]]や[[A380]]は当初から選定対象外だった。))。~
このうちB777-300ERが採択され、B747-47Cと同数の2機が発注された((機体が完成した当初はアメリカ国籍の民間機として「N509BJ」「N511BJ」の[[機体記号]]をつけていた。))。~

>選択の経緯は非公開。~
推測を述べれば、[[B787]]は火災事故を頻発させて[[耐空証明]]を取り消された経歴と(有事の兵員・避難民の輸送を考慮した)[[ペイロード]]の問題から選に漏れたと思われる。~
また、A350XWBは開発企業エアバスがヨーロッパ企業である(そして[[ボーイング]]がアメリカ企業である)事を考えると政治的問題が生じる上、日本での運用実績がなかったことから選に漏れたと思われる。~
~
その点、B777-300ERは15,000km近い[[航続距離]]とモノクラス(オールエコノミー)なら550席まで設定可能な[[ペイロード]]があり、要人輸送と有事の緊急輸送を両立できると判断されたとみられる。

また、これと併せて、運航支援にあたる業者も公募。~
B777-300ERで応募してきた[[日本航空]]・[[全日本空輸]]の二社から、納期やサポート体制などを考慮して全日本空輸が選定された。

>[[日本航空]]は老朽化したB777の代替としてA350XWBを導入する計画を持っていた((一方、[[全日本空輸]]は同様の理由でB777-9Xを導入する計画であった。))ため、B777を整備する能力を長期にわたって維持できるものか疑わしかった。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS